“アーティスト”J.Y. Parkの新曲が、iTunesダンスチャートを制覇!

■10月7日に発売となるベスト盤『J.Y. Park BEST』には、J.Y. Parkが『Nizi Project』の番組内で練習生にかけた珠玉の名言が収められた「語録」が封入!

「虹プロ現象」と称されるほどの社会現象となった、ソニーミュージックとJYPの合同オーディション・プロジェクト『Nizi Project』の総合プロデューサーとしてその言動が注目を集めているJ.Y. Park。

そんなJ.Y. Parkが、プロデューサーとしてはもちろん、アーティストとしても数々のヒット曲を生み出していることは有名だ。

そして、そんな“アーティスト”J.Y. Park注目の新曲「When We Disco (Duet with SUNMI)」が、配信開始からわずか数時間で、数あるダンスミュージックの強豪を抑えiTunesダンスチャートで1位を獲得した。

元Wonder GirlsのSUNMIを迎えてのデュエットソング「When We Disco (Duet with SUNMI)」は、J.Y. Park自身が中学生の頃に大ブームだったユーロディスコスタイルに初めて挑んだナンバー。一度聴いたら忘れられない哀愁のメロディーとビートに、思わず踊りだしたくなるような楽曲となっている。

さらに注目すべきは、公開からわずか2日も経たないうちに、再生回数380万回を超えているミュージックビデオだ。J.Y. Park自身が愛する2本の映画『サタデー・ナイト・フィーバー』と『パルプ・フィクション』にインスパイアを受けて制作されたというこのビデオは、キラキラと眩しいディスコの雰囲気の中、10年の時を行き来しながらのドラマも繰り広げられる、哀愁のディスコダンスミュージックビデオとなっている。ディスコが輝いていたあの頃に想いを馳せて、多くのオトナたちが感慨に耽ること間違いなしだ。

そして、J.Y. ParkとSUNMIがセクシーに、そして華やかに踊るディスコダンスが今大きな注目を集めている。このダンスは、J.Y. Park自ら、中学生時代によく友達と踊りに行った頃を思い出しながら、ふりつけを考えたとのこと。J.Y. ParkのTikTokオフィシャルアカウントでは、J.Y. ParkとSUNMIのふたりによるダンスチュートリアル動画も公開されているので、この夏、STAY HOMEな夜に、J.Y. Parkのディスコダンスで熱く燃え上がってみてはいかがだろうか。

そんなJ.Y. Parkは、日本で初のベストアルバム『J.Y. Park BEST』を10月7日に発売することが決定。このベストアルバムには、J.Y. Parkがアーティストとしてこれまで韓国でリリースしてきた数々のヒット曲から厳選された名曲の数々を収録。オーディション番組でもおなじみの曲をはじめ、J.Y. Park入門編としても楽しめる1枚になりそうだ。

初回生産限定盤には、『Nizi Project』関連の番組で話題を集めた、数々の名言を収録したJ.Y. Park語録(別冊ブックレット)が封入。こちらもSNSを中心に大きな注目集めている。

番組の中でJ.Y. Parkが練習生にかけた珠玉の名言の数々を集めた「語録」は、それだけでも貴重な1冊だが、さらに、J.Y. Parkの直筆サインが入った「直筆サイン入りJ.Y. Park語録」がもらえるプレミアチャンスに挑戦できる応募ハガキも封入。『Nizi Project』に感動したファンはもちろん、すべてのK-POPファン、音楽ファンにとって待望のベストアルバムとなることは間違いなさそうだ。


リリース情報

2020.08.12 ON SALE
DIGITAL SINGLE「When We Disco (Duet with SUNMI)」

2020.10.07 ON SALE
ALBUM『J.Y. Park BEST』


J.Y. Park 日本 OFFICIAL WEBSITE
https://jyparkjapan.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人