カズレーザー、“フェス嫌い”と誤解されていた某バンドのメンバーに「芸人の永野さんとまったく同じパターンですね」

■メイプル超合金と人気アーティストによる音楽トークバラエティ『メイプル超音楽♪』に、“なかなかバズらないことで有名”な、あのバンドが登場!

メイプル超合金と人気アーティストによる音楽トークバラエティ『メイプル超音楽♪』。8月15日の放送には、“バズらせない天才”と呼ばれる人気バンド、バックドロップシンデレラから、メンバーの豊島“ペリー来航”渉(g&vo)とアサヒキャナコ(b&cho)が登場する。

完全セルフプロデュースで、キャリアは十数年。年間100本以上のライブを行い、今や大型ロックフェスにも出演する、バックドロップシンデレラ。人気バンドながら「ドカンといったことがない!」と話し、自らのバンド生活を綴ったユニークな歌詞も注目を集める彼らの魅力に迫る。

番組では、まずバンドの最大の特徴である“ウンザウンザ”と呼ばれる音楽性について紹介。

“ウンザウンザ”は、世界の民族音楽を大胆に取り入れた独自の音楽と語るメンバー。バルカン半島の音楽を下敷きに、多様な音楽を融合させたバンド、エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラの名盤『ウンザ・ウンザ・タイム』に感銘を受けた豊島が、自身の楽曲に「ウンザウンザを踊ろう」というタイトルを付けたのがはじまり。以降、“ウンザウンザ”と名のつく楽曲を数多く作り続けている。

独自の音楽を追求し続け、今では年間100本以上のライブを行う人気バンドなのに、なかなかバズらないことをアップテンポで綴った「バズらせない天才」という曲まで作ってしまったバックドロップシンデレラ。

しかし、なんだかんだで、実は十分バズっていることが明らかに! なかでも、2016年当時、フェスに出演したことがなかったバンドの状況を謳った「フェスだして」は、YouTube再生100万回を越え、この楽曲をきっかけにフェスの出演オファーが殺到! まさに“出演交渉ソング”とも言われているそう。

この曲によって、「(フェスに)出演したがるようなバンドではない」というフェス主催者側の思い込みを払拭できたと話す豊島。それに対してカズレーザーは、「芸人の永野さんとまったく同じパターンですね。テレビとか興味ないって思われていて、関係者も呼ばないでおいたら、本人は食レポしたかった、っていう…」とコメント。

バックドロップシンデレラ、さらに今年、またバズりそうな予感!

この他番組では、シンガー・大矢梨華子が旅の思い出曲を作って1週間で10万回再生を目指す東海3県弾き語り旅のロケ企画や、夢屋まさると知夏の2人が最新のミュージックビデオを紹介する「メイプル超レコメンド」、BEYOOOOONDS・山崎夢羽がゲストのお悩みを“ひみつ道具”で解決する「ユハえもんのひみつ道具」等、コーナー企画も充実。

盛りだくさんの内容の45分。詳しくは8月15日放送の『メイプル超音楽♪』で!

なお、バックドロップシンデレラの出演回は、8月20日よりU-NEXTで見逃し配信予定。こちらも要チェックだ。
※配信では権利処理上、放送とは一部内容が異なる場合があります。


番組情報

CBCテレビ『メイプル超音楽♪』
毎週土曜 25:28〜26:13
放送エリア:愛知、岐阜、三重
MC:メイプル超合金
アシスタント:越智ゆらの、高見奈央(2週交代)
ロケ出演:大矢梨華子
ミニコーナー:BEYOOOOONDS、山崎夢羽


リリース情報

2020.08.05ONSALE
バックドロップシンデレラ
SINGLE「忍び足でウンザウンザを踊る」


バックドロップシンデレラOFFICIALWEBSITE
http://backdropc.com

『メイプル超音楽♪』番組サイト
https://hicbc.com/tv/maple-music/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人