乃木坂46・与田祐希が、思わず口から水を噴射! 映画『ぐらんぶる』より、爆笑必至の“ジェスチャー大喜利”シーン公開

■竜星涼演じる、史上最も服を着ていない主人公・北原伊織と、犬飼貴丈演じる無駄にイケメンなオタク・今村耕平の抱腹絶倒のキャンパスライフを描く、青春ダイビング(?)コメディ!

その突き抜けた笑いで熱狂的なファンを持つ、累計発行部数555万部突破の青春ダイビング(?)コメディ『ぐらんぶる』。2018年にアニメ化もされアツいファンを持ちながらも、登場キャラクターのあまりの脱ぎっぷりから、主に衣装の面で“絶対に映画化不可能”と言われてきた異色作がまさかの実写映画化!

映画化が発表されるや「絶対無理だろ!」と大反響を生み、映像解禁では「本当にやりやがった!!」と日本中に衝撃を与えた。

メガホンをとるのは、『ヒロイン失格』の青春×コメディ映画の名手・英勉監督。そして共同脚本を手がけるのはドラマ『99.9 -刑事専門弁護士- SEASON I・II』などテンポの良い笑いに定評のある宇田学。主演に竜星涼×犬飼貴丈の最旬キャストを迎えて、この夏、“スクリーンと笑いの限界”に挑む!

竜星演じる、史上最も服を着ていない主人公・北原伊織と、犬飼演じる無駄にイケメンなオタク・今村耕平。そして彼らとキャンパスライフを謳歌(?)するのは、いずれも魅力的だが、キラキラしたキャンパスライフとは程遠い個性キツめなキャラクターたち。

伊織のイトコで、バットを振り回しメンチを切るクーデレ美少女・古手川千紗役に乃木坂46の次世代エース与田祐希。さらに千紗の姉で、彼女に近づく男を縛り上げる重度のシスコン・古手川奈々華役に朝比奈彩、伊織と耕平が付き合っていると勘違いする美ボディの先輩・浜岡梓役に小倉優香、強烈なメイクで大学デビューしてしまったケバめ女子・吉原愛菜(通称:ケバ子)役に石川恋。そして伊織のおじでダイビングショップ『グラン・ブルー』のオーナー兼ピーカブーのOB・古手川登志夫役をべテラン俳優・高嶋政宏が演じる。
※「高嶋政宏」の「高」は、はしご高が正式表記

ほぼ裸の登場人物、振り切りすぎた演技、全編を通してハイテンションな映像など突き抜けた笑いが支持されている映画『ぐらんぶる』だが、本作の醍醐味はこれだけではない。

このたび、伊織(竜星)と耕平(犬飼)のシュールな台詞が笑いを誘う、本編映像が解禁となった。

ダイビングサークル「ピーカブー」に加入し、ダイビングのイロハを学ぶ伊織と耕平だったが、水中で使用する重要なサインを覚えなければならないと知らされ、さっそく挑戦することに。

サークルの先輩から出されるサインが何か考える伊織は「そこまでだ、この俺が、目を潰し、お前を殺す」とありなえない読み間違えをし、サインに対してどうするか聞かれ「相手より先に水中銃を撃ってやります!」と物騒すぎる回答を披露!

そして耕平は出されたサインに対し「ノってる? アイーン、YEAH! YEAH!」と陽気すぎる読み間違えをしたあげく、「暖かい目で見守ります」と回答。ふたりのあまりにもかけ離れた回答に、千紗(与田祐希)も思わず水を吹き出してしまうなど、ふたりの大喜利のようなやり取りが笑いを誘う爆笑必至のシーンとなっている。

キングオブコメディ、英監督が仕掛けるこの夏いちばんの抱腹絶倒ムービー『ぐらんぶる』は、8月7日から全国ロードショー。


映画情報

『ぐらんぶる』
8月7日(金)全国ロードショー
出演:竜星涼 犬飼貴丈
与田祐希 朝比奈彩 小倉優香 石川恋 / 高嶋政宏
原作:井上堅二・吉岡公威『ぐらんぶる』(講談社アフタヌーンKC刊)
監督:英勉
脚本:英勉 宇田学
主題歌:sumika「絶叫セレナーデ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作:映画「ぐらんぶる」製作委員会
制作プロダクション:THEFOOL
配給:ワーナー・ブラザース映画
※「高嶋政宏」の「高」は、はしごだかが正式表記。
(C)井上堅二・吉岡公威/講談社  (C)2020映画「ぐらんぶる」製作委員会


映画『ぐらんぶる』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/grandblue/

映画『ぐらんぶる』公式Twitter(@grandblue_movie)
https://twitter.com/grandblue_movie

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人