King & Prince・永瀬廉、自転車界のレジェンドにひと言。「ジャニーズ事務所で言うと東山さん的な人ですね」

■キンプリ・永瀬廉、映画『弱虫ペダル』公開記念イベントで俳優の坂東龍汰ともに白熱の“バーチャルライド”体験!

累計2,500万部突破の大人気スポーツ青春漫画『弱虫ペダル』が満を持して初の実写映画化。8月14日より全国公開される。

主人公のアニメ好きの高校生・小野田坂道役をKing & Princeの永瀬廉が務め、同じ自転車競技部の仲間で期待の新人エース・今泉俊輔役を伊藤健太郎、マネージャー・寒咲幹役を橋本環奈が熱演。

さらに坂東龍汰、竜星涼、柳俊太郎、菅原健、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、皆川猿時ら人気実力ともに急上昇中の個性豊かな俳優陣が集結した。
※「柳俊太郎」の「柳」は、俗字が正式表記。

そして、7月26日、東京・渋谷のスポーツサイクル専門店「Y’sRoad」(ワイズロード)渋谷本館にて、映画『弱虫ペダル』公開記念『Zwift(ズイフト)ライド Supported by Y’sRoad』が開催! 永瀬廉、坂東龍汰が、劇中で着用していたチーム総北の衣装に身を包み、“バーチャルライド”を体験した。

また、キャストの自転車の先生である城田大和選手と、原作者・渡辺航先生がバーチャルライドに参加。キャストたちの応援のもと、激走をみせた。

その後のトークセッションでは、撮影秘話”加えて、自転車にまつわるエピソードや、おうち時間の楽しみ方で盛り上がり、仲間と繋がる楽しさや喜びで満ち溢れたイベントとなった。

【イベントレポート】
映画『弱虫ペダル』の主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道。あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなった坂道が、そこで出会ったかけがえのない仲間たちのためにレースでの勝利を目指す、今年いちばん熱い青春ストーリーだ。

今回は、主人公の坂道が自転車や仲間と出会い、誰かと一緒に走ることに喜びを見出していくストーリーにちなみ、小野田坂道役の永瀬廉と鳴子章吉役の坂東龍汰がバーチャルサイクリングサービス「Zwift」(ズイフト)を体験。ふたりは劇中で使用していた衣装に身を包んで登場し、バーチャルライドに挑戦した。

■「ジャニーズ事務所で言うと東山さん的な人ですね」(永瀬)
初めてのバーチャルライドを目にした永瀬と坂東は「坂道の傾斜がきついほどペダルが重くなったりするんですか?」とさっそく興味津々。さらに、世界24ヵ国から約2,000人近くの参加者が集まり、リアルタイムで繋がっていることに驚いていた。

イベントには、Zwiftのバーチャルライドに参加するために、本作で自転車監修を担当した元自転車プロロードレース選手の城田大和選手も登場。さらに『弱虫ペダル』の生みの親で、ロードレースチームの監督も務める渡辺航先生や、ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアを日本人で初めて完走したプロロードレーサー・新城幸也選手もオンラインで参加した。

新城選手について城田氏が「自転車界のレジェンド級の人」と話すと、永瀬は思わず「ジャニーズ事務所で言うと東山さん的な人ですね」と納得しつつ、周囲を笑わせるひと幕も。

そして、永瀬がバーチャルライドを体験すると、城田氏も説明しながらサポート。まるで撮影時の練習を思い出すように久々のロードレーサーの感触を楽しんでいた。だが、久々のロードレーサー、さらにバーチャルということもあってか、思っていたよりスピードが出ず、必死にペダルを漕ぐ永瀬に対して坂東が「King & Princeの永瀬に戻ったな」とツッコミ。しかし、坂東も体験すると、やはり思ったよりスピードが出ず、さらに劇中でチーム総北を引っ張るスプリンター・鳴子のように前傾姿勢でダンシングするも、「(走り方)忘れちゃってんじゃん!」と、逆に城田氏からもツッコミを受ける場面も。坂東は苦笑いを浮かべながらも、「乗っている感覚がリアルで楽しい!」と大興奮だった。

体験を終えた永瀬も「本当に走ってるみたい」と感激。「全然苦にならないし、リアルタイムで世界中の人たちと一緒に走るのは楽しい」と笑顔。その技術の進化に感嘆しきりだった。坂東も、体験する際に間違っていちばん重いギアに変換してしまったことを後悔し、「自爆しましたね。さっきの一瞬でもう足に乳酸が……」と苦笑しつつも「スピードだったり、ケイデンス(回転数)だったり、外で走ってると自分では見えない部分まで映像でわかるので、まるで外で走っているかのように楽しいです!」とコメント。

3年前まで現役選手だった城田氏も「これまでの室内練習に比べ、傾斜や負荷が掛かることで、実際の道を走っているような体感ができ、景色も変わって楽しめるので、長時間漕げていいですね。僕が現役時代のときはなかったのに、今の選手がうらやましい……」と惜しむ様子も。さらに「実際のロードレースは多くても200人。2,000人も参加できるのはバーチャルだからこそですね」と説明した。

■「こけた第1号は僕です」(坂東)
撮影中の自転車エピソードを聞かれた永瀬は、城田氏からの指導を思い出しながら、「クライマーとスプリンターでチームを分けて、相当な練習をしました」と明かすと、城田氏が「ケイデンス上げたときに、お尻が飛ばないような練習もしてた」と説明。坂東は「ひたすら走るのもやったよね」と懐かしみつつも、撮影が冬だったこともあり「あのときに『Zwift』を知っていたらもっと速かったかもしれない……」と当時バーチャルライドで練習できなかったことを永瀬と一緒に残念がっていた。

撮影を終えた今でもロードバイクに乗っているという坂東は、初めてロードバイクの練習をしたとき「思っていたより早く乗りこなせた気がする」と誇らしげながらも、靴がペダルに固定されていることになれず「足が取れなくて……。こけた第1号は僕です」と暴露し、周囲の笑いを誘っていた。

また、自転車監修の城田氏の第一印象について聞かれた永瀬は「サングラス姿!」と即答。「あんなにサングラスが似合うの城田さんくらいですよ」というと、城田氏からは「外側だけ!?」とツッコミが。すると坂東は「教えるのがめちゃめちゃ上手でした。危険なところは危険と最初に教えてくれたり、普通に漕いでても気づかないところを、モニターでチェックして教えてくれたり」と絶賛。

永瀬も「基本的に優しかったです! ちょっときつい坂とか登ったあとに、上手に褒めてくれるからテンションが上がりました。そんな城田さんの支えもあり、乗り越えられたと思います」と振り返ると、坂東も「俺も褒められました!」と対抗。しかし永瀬から「でも怒られてたよね?」と言われると、坂東も「スピード出しすぎてガチで怒られました…ついていけないよ! って、特に柳(俊太郎)さんに」と撮影の裏話を明かした。永瀬も「あれはお前が悪い」と言いつつも、「1列になってるから、声が聞こえにくいんですよね」とフォローした。

また、撮影で大変だったシーンを聞かれると、永瀬は真っ先に伊藤との最初の対決となった裏門坂のレースシーンを挙げた。「ロードバイクなら多分平気なんですけど、ママチャリだったから全然進まなくて。しかも追いつかないといけないシーンだったのに、サドルも低いし……。頑張りました」と当時の苦労がうかがえる話に。また、坂東も「1年生のウェルカムレースの最初のシーンが、横風がすごくて。立ってる人でもきついくらいの強風だったのに、タイヤも太いから余計にあおられて。でも、結局あのシーンを乗り越えられたから、そのあとの撮影は少しは楽に感じたと思います」と語った。

■「(渡辺)先生がいちばん気合いが入ってる」(永瀬)
逆に楽しかったシーンを聞かれると、永瀬は「全部楽しかった」と言いつつも、「あえていちばんといわれると、レースの最初にあるパレードランのところですね。本物の大会に出るかのような緊張感で、エキストラの観客も入っていて、さらにチーム総北の6人で走れるというのもあって個人的にテンションが上がりました」と笑顔。さらに、ドローンでの撮影についても「あの日寒かったんですが、橋の上からドローンで撮影されているのがわかってたので、どういう絵になるか想像してたんです。実際に出来上がった映像を見たら、かなりきれいな絵になっていたので、うれしかったです」と熱弁した。

一方で坂東がお風呂のシーンが楽しかったというと、永瀬も「今それ言おうと思ってた!」と遮り、坂東が「じゃあ今のカットで」というなど仲の良さが垣間見える一面も。合宿中のお風呂シーンについては「ほとんどのシーンで自転車に乗ってて、地に足がついていないので、逆にお風呂のシーンはみんなでサウナの中で話したり、裸で男子が集まるとおのずと楽しい話もできました」と永瀬。また、坂東も「ぼくと(菅原)健君だけ、ほぼ裸だったんですよ! それを永瀬君がすごい顔で見てた」と明かした。

記念ライド終了後には、オンラインで渡辺先生と新城選手もトークに参加。自転車練習の際に新城選手の映像をよく見ていてファンになったという坂東は、自宅から参加している新城選手の背景に、全日本のユニフォームがあることに「家にヒノマルがある!」と大興奮。また、総北のチームジャージで参加した渡辺先生には、永瀬が「先生がいちばん気合いが入ってる」と絶賛。さらにその背景には、主人公の坂道が描かれたタイヤホイールなども飾られており、仕事場に自転車が10台ぐらいあることを明かされると永瀬は驚いていた。

また、今回『弱虫ペダル』公開記念ライドのリーダーとして参加した渡辺先生は「初めてグループライドでリーダーもやらせてもらって、2,000人と一緒に走ったのは初めてだったのですごく面白かったです」と達成感に溢れており、永瀬も「汗もかけるし、体も動かせるしロードレースも盛り上げられるし、一石二鳥以上のもが得られるイベントですね」とあらためてバーチャルライドの楽しさを語った。

■「ノンフィクションの表情です」(城田氏)
最後に、公開までついにあとわずかとなったことについて、渡辺先生は「今日『Zwift』に参加していただいた方にも、大好きといってもらえるような作品になっていると思うんでぜひ楽しみにしてください!」とエール。新城選手も「『弱虫ペダル』は渡辺先生がロードレーサーのことをすごく知っているな! と思うことばかりなので、ヨーロッパでも見れるようになってほしいです! 僕もすごく楽しみにしています」と切望していた。

坂東も「チーム総北みんなで、練習から撮影まで頑張りました! 何かを成し遂げる、ひとつのことに向かっていくという熱い青春がここにギュッと詰まっていて、撮影のときから、そういう作品に仕上げたい、その一部になりたいと思っていました。完成した作品を観たときに、こんなに感動するんだ、と思ったし、みんなでやった達成感というのが感じられたので、それは絶対見てもらえれば伝わると思います! こういう時期だからこそ、普段体験できないことが映画館で体験できればと思います」と熱く語った。

永瀬に「長いよ! なにを伝えたいんだよ!」と突っ込まれると、坂東は周囲からのフォローもあり「ノーCGで、リアルです!」ときっぱり。城田氏が「CGではなく実際に走っているからこそ伝わるものがあると思うし、ノンフィクションの表情です。(三木)監督が、本気でやらせるのがいちばんいいって言ってたんですよ」と明かした。

永瀬も最後に「自転車の作品なので、レースの部分が注目だとは思いますし、原作を見ている人は結末を知ってると思いますが、CGなしのリアルなレースが描かれているので、実写としての見どころのひとつになっています! 原作のような手に汗握る展開は、映画でもちゃん描かれているので、レースならではのハラハラドキドキ感をぜひ、体感してください」と思いを伝えた。

いよいよ公開まで3週間となる『弱虫ペダル』。今回のイベントは、そのパワーを感じさせるような明るい雰囲気の中、幕を閉じた。


映画情報

『弱虫ペダル』
8月14日(金)全国公開
原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)
主演:永瀬廉(King & Prince)
出演:伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、柳俊太郎、菅原健、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)・竜星涼 / 皆川猿時
監督:三木康一郎
主題歌:King & Prince「Key of Heart」
製作:「弱虫ペダル」製作委員会
配給:松竹株式会社
(C)2020「弱虫ペダル」製作委員会  (C)渡辺航(秋田書店)2008


映画『弱虫ペダル』作品サイト
https://movies.shochiku.co.jp/yowapeda-eiga/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人