安斉かれんが、高校球児を応援!新曲「僕らは強くなれる。」が『2020年夏季高校野球 都道府県別大会』テーマ曲に

■安斉かれん、「僕らは強くなれる。」が全国27の都道府県別大会のテーマ曲に!

安斉かれんが、『2020年夏季高校野球 都道府県別大会』のテーマソングを担当することが発表された。

『全国高校野球選手権大会』は戦後初となる、『第102回全国高等学校野球選手権大会』と、その出場校を決める地方大会の中止が決まり、甲子園を目指す戦いではなくなったが、すべての都道府県で独自の大会(都道府県高校野球連盟主催、日本高校野球連盟、朝日新聞社後援)が全国各地で続々と開幕し、球児たちの夏が始まっている。

これまでにない日々を経験しながら貴重なこの一瞬を力強く駆け抜ける球児たちを安斉が新曲「僕らは強くなれる。」で応援する。

「僕らは強くなれる。」は、安斉が音楽の道を志すきっかけにもなった吹奏楽部での経験をもとにした、何かに挑戦し続ける人々の日常を讃える応援歌。

自身が手がけた歌詞に登場する「破いたページの分だけ、僕らは強くなれる」というサビには、「結果は失敗でも成功でも、挑み続けること自体が尊い」というメッセージが込められている。

ブラスパートの演奏は、YouTubeでの関連動画の総再生回数が1億回以上を誇る京都橘高校吹奏楽部(全日本マーチングコンテスト金賞受賞)によるもの。管編曲における日本の第一人者でもある村田陽一のアレンジと指導のもと、1年以上にわたってレッスン。上記のメッセージを体現した若さほとばしる音像に仕上がっている。

「僕らは強くなれる。」は、7月22日発売。

<「僕らは強くなれる。」がテーマソングに使用される大会および放送局>
◇北海道大会
北海道テレビ
『令和2年夏・北海道高校野球大会 南北海道大会』決勝戦中継テーマ曲

◇青森大会
青森朝日放送
ABA青森朝日放送『令和2年度夏季青森県高等学校野球大会』中継エンディング曲

◇岩手大会
岩手朝日テレビ
『2020 IAT夏の高校野球岩手大会』テーマソング

◇宮城大会
東日本放送
『夏声 ナツノコエ 宮城県高校野球大会』テーマソング

◇山形大会
山形テレビ
『山形県高等学校野球大会2020』中継テーマソング

◇福島大会
福島放送
『KFB福島放送 福島2020夏の高校野球』テーマソング

◇石川大会
北陸朝日放送
『HAB北陸朝日放送 2020夏の高校野球』応援ソング

◇新潟大会
新潟テレビ21
『UX新潟テレビ21 2020年熱闘ライブ』イメージソング

◇栃木大会
とちぎテレビ
『2020とちテレ夏の高校野球』テーマソング

◇群馬大会
群馬テレビ
『群馬テレビ 夏の高校野球』テーマソング

◇茨城大会
J:COM
『2020年夏季茨城県高等学校野球大会』テーマ曲

◇埼玉大会
テレビ埼玉
テレビ埼玉『高校野球ダイジェスト2020』エンディング曲

◇千葉大会
千葉テレビ
夏の高校野球千葉大会2020『高校野球ダイジェスト』エンディングテーマ曲

◇東京大会
J:COM
『2020年夏季東西東京都高校野球大会』テーマ曲

◇静岡大会
静岡朝日テレビ
『SATV静岡朝日テレビ 2020年夏の高校野球』テーマソング

◇愛知大会
メ~テレ名古屋テレビ
『2020メ~テレ 学生応援宣言』テーマソング

◇岐阜大会
岐阜放送
『2020 ぎふチャン高校野球中継』テーマソング

◇三重大会
三重テレビ
『2020年三重テレビ高校野球』テーマソング

◇京都大会
KBS京都テレビ
『KBS京都テレビ 2020夏の高校野球京都大会』テーマ曲

◇奈良大会
奈良テレビ放送
『奈良テレビ 夏の高校野球中継』応援ソング

◇滋賀大会
びわ湖放送
『令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会』テーマソング

◇和歌山大会
テレビ和歌山
『テレビ和歌山 2020年夏の高校野球和歌山大会』応援ソング

◇岡山大会
瀬戸内海放送
『KSB高校野球』応援ソング

◇山口大会
山口朝日放送
『きらり夏2020 高校生応援宣言!』テーマソング

◇愛媛大会
愛媛朝日テレビ
『令和2年度愛媛県高等学校夏季野球大会 eat愛媛朝日テレビ 白球青春2020』エンディングテーマソング

◇香川大会
瀬戸内海放送
『KSB高校野球』応援ソング

◇鹿児島大会
鹿児島放送
『ウチカテ!!俺たちの夏 2020鹿児島県夏季高等学校野球大会』中継エンディングソング

※天候不良などの都合により試合が中止・延期となる場合がございます。


リリース情報

2020.07.22 ON SALE
DIGITAL SINGLE「僕らは強くなれる。」


安斉かれん OFFICIAL WEBSITE
http://kalenanzai.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人