MAN WITH A MISSION、10周年記念のトーク&ライブイベントを“原点”の渋谷eggmanから生配信

■マンウィズの10周年を振り返る真面目な話をするはずが、失敗談や珍事件の話ばかりが続き、司会の安東弘樹アナが、おもわず「10周年に無駄な尺を使ってしまいました(笑)」

MAN WITH A MISSIONの10年を完全網羅した究極のベスト盤『MAN WITH A “BEST” MISSION』が、7月15日にリリース。メンバーによるトークとスペシャルライブが楽しめる、『「MAN WITH A “BEST” MISSION」-Album Release Special Showcase-』が実施された。

なお、実施会場となったライブハウス、渋谷eggmanは、MAN WITH A MISSIONがデビューライブを行ったゆかりの地。10周年の集大成の意味を込めて、狼たちの原点ともいえる場所から届けられた、まさにスペシャルなライブ&トークだった。

こちらの模様はMAN WITH A MISSIONのTwitter、Facebook、LINE、YouTube、スペースシャワーTV YouTubeで無料配信。全世界から50万人以上が視聴した。

待望のライブオープニングを飾ったのは、8月19日に発売となる、映画『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』のオープニング曲である「Between friction and fiction」(未発表曲)。カミカゼ・ボーイ(b)とスペア・リブ(ds)の息の合った掛け合いからライブの幕が開けた。

『MAN WITH A “BEST” MISSION』に収録されている楽曲を中心に全9曲を披露。さらにはライブではなかなか演奏されることのない名曲「RAIN OF JULY」も披露され、視聴をしているファンからのコメント欄は最高潮となった。

ライブ後には、MAN WITH A MISSIONとゆかりの深い安東弘樹アナの進行のもと、メンバー5匹が再度ステージに登壇。安東アナから「なぜ渋谷eggmanからの配信なのか?」という問いに対して、「10周年ニフサワシイ、デビューライブヲ行ッタ地ナノデ、本日ココカラ配信ヲサセテ頂キマシタ」とジャン・ケン・ジョニーがうれしそうに語った。

その後、10周年を振り返る真面目な話をするはずが、海外ツアーでの失敗談や珍事件の話が続いたため、安東アナが「10周年に無駄な尺を使ってしまいましたね」とコメント。その脱線ぶりにリスナーも盛り上がった。

また、ライブ配信ならではの企画として、事前に「#MWAMへの要望」というハッシュタグを使い、視聴しているファンからMAN WITH A MISSIONメンバーへ質問を募集し、その場で回答するなど、この10年をファンとともに歩んできたMAN WITH A MISSIONならではのトークショーとなった。

配信イベントのアーカイブは、MAN WITH A MISSION YouTubeにて7月20日12時まで限定公開される。

<セットリスト>
1. Between fiction and fiction(未発表曲)
2. database
3. Dive
4. Change the World
5. FLY AGAIN -Hero’s Anthem-
6. The Victors
7. RAIN OF JULY
8. Emotions
9. Remember Me

PHOTO BY 酒井ダイスケ


リリース情報

2020.04.01 ON SALE
ALBUM『MAN WITH A “B-SIDES & COVERS” MISSION』

2020.05.13 ON SALE
ALBUM『MAN WITH A “REMIX” MISSION』

2020.07.01 ON SALE
SINGLE「Change the World」

2020.07.15 ON SALE
ALBUM『MAN WITH A “BEST” MISSION』

2020.08.19 ON SALE
DVD&Blu-ray『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』


MWAN WITH A MISSION オフィシャルYouTube
https://youtu.be/zlKGPT9wqkM

『MAN WITH A “BEST” MISSION』商品詳細はこちら
https://www.mwamjapan.info/contents/322007

MAN WITH A MISSION OFFICIAL WEBSITE
https://www.mwamjapan.info/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人