大倉忠義主演、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』より成田凌がかわいすぎる新場面写真公開

■「成田くんが演じる今ヶ瀬は、とにかくかわいらしかったですね」(行定勲監督)

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月11日公開)の新場面写真が解禁された。

原作は、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写から、多くの女性から支持を得た水城せとなの傑作コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』。

主人公・大伴恭一を演じるのは、映画では『100回泣くこと』(2013年)に続き、単独主演を務める大倉忠義。そして恭一への想いを募らせ葛藤する姿に誰もが共感せずにはいられない今ヶ瀬渉を、『愛がなんだ』(2019年)、『カツベン!』(2019年)など話題作への出演が絶えない実力派・成田凌が務める。

メガホンを取るのは、ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を2度も受賞するなど、日本を代表する映画監督・行定勲。その繊細な表現力と確かな演出力で、様々な愛のかたちを写し取った『ナラタージュ』(2017年)、『リバーズ・エッジ』(2018年)に続き、本作では揺れ動くふたりの狂おしくも切ない恋を、時に繊細に、時に大胆に描き出す。

今回、あらたに解禁された場面写真は、いずれも今ヶ瀬(演:成田凌)が部屋でくつろぐシーンが収められたもの。1枚目は、自室のベッドで煙草をくわえるカット。その手には、かつて学生時代に恭一(演:大倉忠義)からもらったピンクのジッポーライターが握られている。

2枚目は、恭一の部屋のソファに座っているカットで、誕生日のお祝いに恭一からプレゼントされたワインを大事そうに抱えている。同じく、恭一の部屋のハイチェアの上で小さく体を丸めて座る3枚目のカットは、今ヶ瀬のお気に入りのスポットで、いつしかそこは、ふたりの恋愛を象徴する大事な場所へと変化していくことに――。

どのカットも愁いを帯びた顔で1点を見つめており、恭一に対して狂おしいほどの切ない恋心を抱く、今ヶ瀬の心情がそのまま切り取られている。そのどこか儚げな姿に、思わず今ヶ瀬の恋を応援したくなる愛くるしい写真ばかりだ。

行定監督も「成田くんが演じる今ヶ瀬は、とにかくかわいらしかったですね。しなやかで、繊細で。彼は、恋をしている高揚感に満ちた表情、特にキラキラと潤んだ瞳を表現するのが難しいと言っていたけれど、お芝居をし始めると不思議とそうなっていました」と太鼓判を押している。


映画情報

『窮鼠はチーズの夢を見る』
9月11日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
原作:水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』(小学館『フラワーコミックスα』刊)
監督:行定勲
脚本:堀泉杏
音楽:半野喜弘
出演:大倉忠義 成田凌 吉田志織 さとうほなみ 咲妃みゆ 小原徳子
配給:ファントム・フィルム
(C)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会


映画『窮鼠はチーズの夢を見る』作品サイト
http://www.phantom-film.com/kyuso/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人