瑛人が電話で番組出演!Rin音、Shuta Sueyoshiら新スター候補を登場させた6月のミュージックステーション

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム『月刊 レジーのMステ定点観測』。

6月のMステは通常の1時間の放送が4回(5日、12日、19日、26日)と5月と同じ形。5月のMステは、“スタジオにみんなが集まれないリモートスタイル”であることを逆手にとって新しい音楽番組像を作り上げたような手ごたえを感じさせてくれるものでした。では6月はどうだったのでしょうか?

 

“リモート歌番組の形を作ったMステ”のはずだったのが……

5月のMステはサカナクションの山口一郎と[Alexandros]の川上洋平によるインスタライブとのコラボあり、三浦大知のミュージックビデオと見まがうかのようなハイクオリティなパフォーマンス(というか映像作品)あり、といった“Mステでしか見られない”といった趣の企画が多数ありました。

いっぽうで、6月のMステは、どちらかというと“VTR企画が多い以前のMステ”に戻ってしまった感があります。一般視聴者の声を紹介したり、過去のチャートを長々と振り返ったり、同局で放送されているドラマ『M 愛すべき人がいて』の出演者が登場して普段聴いている音楽についてしゃべったり……アーティストのパフォーマンスはそっちのけという、これまで再三当連載で指摘している“手くせ”のようなものがまた復活してしまっている感じでした。5月の大健闘はなんだったのでしょうか……。

 

Mステが若手アーティストを紹介する意義

ただ、6月のMステは決して“最近の音楽と関係のない話ばかり”ではありませんでした。複数の企画を通して行われた“新しいスター候補”の紹介は、シーンの“今”を伝える取り組みとして意味があったように思います。

例えば、TikTokをきっかけに火がついた「香水」が話題の瑛人は電話で番組に出演。突如現れたヒットメーカーの生声と人となりを紹介しました。

また、YOASOBIやyamaといったインターネットを出自に持つアーティストの曲がヒットしている様子がちらっとでも放送されるのは、現状の音楽シーンに起こりづらい“越境”を促すために非常に重要です。最近SNS上で大きな話題を読んでいたアーティスト、藤井 風のMVが加藤ミリヤとLiSAのおすすめといった形で流れたのも画期的でした。

このあたりのチャレンジは出演者のキャスティングにも表れていました。19日には“SNSを騒がせた楽曲ナンバーワン”としてRin音が「snow jam」を、また26日には「HACK」がTikTokで再生回数が1億回を突破した記録したShuta Sueyoshiがスタジオでパフォーマンス。新しい媒体を通じて若い世代に広がっている曲を、地上波でタイムリーに届けました。

コロナ禍を経て在宅時間が長くなり、各種メディアと接触する時間が長くなっているなかで、“ヒット曲が生まれるサイクル”も急激に変化した印象があります。6月のMステは、(ちょっとVTR紹介とかは長かったものの)そういった流れにうまくキャッチアップしていました。

 

あいみょん、King Gnu:時代の顔の新境地

新世代を紹介しつつ、すでに“時代の顔”として定着した面々もおさえていたのが6月のMステです。

12日に登場したあいみょんは、新曲「裸の心」を披露。彼女としては珍しく、ギターを持たずにマイクスタンドで切々と歌い上げました。彼女は吉田拓郎や川島英五といった男性シンガーをフェイバリットにあげていますが、今回の楽曲が醸し出す情緒はまさにあいみょんもそういった“日本の歌い手の系譜”に連なる存在であることを示しています。

19日に出演したKing Gnuが披露したのは、アルバム『Sympa』に収録されている「The hole」。常田大希が放送前に「迷いや混乱に満ちた情勢のなか,日々SNSなどでも攻撃的な発言が目につく今一体何を歌うべきかと考えた結果,いちばん優しくて強い歌を届けることを選びました」とSNSで心境を明かしていましたが、その言葉通りの力強さのなかに温かさのあるパフォーマンスでした。

ちなみに、演奏前にはこの日出演していたピアニストの清塚信也が「(常田のピアノは)優しい音を出す。あんな怖い顔しているけど優しい男なんですよ」とコメントし、思わず常田も苦笑い。タモリは清塚の話がツボに入ったようで、「今度じっくりふたりで話したいね」と誘っていました。同じくテレビ朝日の『関ジャム 完全燃SHOW』ではすっかり常連の清塚ですが、これからMステでも席を確保していくのでしょうか。

 

今度のMステは7月3日(金)。DREAMS COME TRUEのトリビュート企画とのことですが、どんな感じになるんでしょうか。それでは次回もよろしくお願いします!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

 

【2020年6月5日放送分 出演アーティスト】
氷川きよし「ボヘミアン・ラプソディ」
北村匠海(DISH//)「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」
milet「us」「inside you」
湘南乃風「睡蓮花」
ジャニーズWEST《WAになっておどろうプロジェクト》

【2020年6月12日放送分 出演アーティスト】
King & Prince「Mazy Night」
ゆず「そのときには」
あいみょん「裸の心」
Hey! Say! JUMP《WAになっておどろうプロジェクト》

【2020年6月19日放送分 出演アーティスト】
LiSA「紅蓮華」
Rin音「snow jam」
King Gnu「The hole」
加藤ミリヤ「Aitai with 清塚信也」
Sexy Zone《WAになっておどろうプロジェクト》

【2020年6月26日放送分 出演アーティスト】
MAN WITH A MISSION「Change the World」
TOMORROW X TOGETHER「Fairy of Shampoo」
ジャニーズWEST「証拠」
Shuta Sueyoshi「HACK」
SEKAI NO OWARI「Dropout」
NEWS《WAになっておどろうプロジェクト》

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人