チャリティー応援ソングも制作!DOBERMAN INFINITY、「日本の花火『エール』プロジェクト」アンバサダーに就任

■「聴くだけで夏の素晴らしさを感じられるような楽曲をお届けできるように、全力で取り組ませていただきます!」(DOBERMAN INFINITY・SWAY)

DOBERMAN INFINITYが、日本の伝統文化・花火を応援する「日本の花火『エール』プロジェクト」のアンバサダーに就任し、応援ソングを制作することがわかった。

完成した楽曲はチャリティーソングとして配信予定(発売時期など未定)で、収益の一部を今回のプロジェクトを通じて花火業社および花火師向けの支援に役立てる。

日本の夏の風物詩「花火」。例年であれば全国の花火師たちは今、最も忙しい夏への準備で多忙を極める時期だ。

しかし、新型コロナウイルスの影響により、日本三大花火大会として知られる秋田・大仙市の全国花火競技大会「大曲の花火」や、新潟・長岡の「長岡まつり大花火大会」が中止を発表するなど、全国各地の花火大会が中止や延期を強いられている。

イベントの中止による経済的打撃はもちろんのこと、披露する機会を失って倉庫に眠る大量の花火玉により、あらたな花火の製造もままならない状態が続くなど、全国の花火業者は未曾有の危機に直面している。

全国の花火師たちはそんな苦境に立たされながらも、悪疫退散祈願や人々に希望や元気を届けることを目的に、無告知のサプライズ花火を自己負担で打ち上げるなど、多くの人々に感動を与えている。

これまで多くの人々を楽しませ、感動を与えてくれた花火師の職人技を守るため、今度は花火を見る側が花火師たちを支援しエールを送るために、NPO法人大曲花火倶楽部や日本花火鑑賞士会など、花火愛好家で結成された「日本の花火を愛する会」がこのほど発足し、同プロジェクトを始動。クラウドファンディングで寄付金を募り、行き場を失った花火玉の打ち上げを依頼することで、花火業界を支援する。

今回の企画に参加を表明した花火業者は、全国29都県81社に及ぶ。感染症対策のため、打ち上げ日時や開催場所は非公開だが、メンバーのSWAYは「ワクワクドキドキ感を一緒に感じてもらえれば」と呼びかけた。

“同日同時刻”に全国各地で一斉に「エール花火」を打ち上げることで、新型コロナ感染症で亡くなった方々への鎮魂と慰霊、医療従事者への激励、不自由な生活を余儀なくされている人々へ想いを届ける。

プロジェクト関係者は「若い世代に人気があり、元気で前向きになる曲を歌っているDOBERMAN INFINITYを通じて、少しでも多くの若者に、今のこの苦境を知っていただきたい」と起用理由を説明。

大役に任命され、SWAYは「大好きな花火が打ち上がるだけでなく、自分たちがアンバサダーとして盛り上げさせていただけるということが何より光栄です」と喜びを語り、P-CHOも「名誉あるお話をいただけてすごくうれしかった。花火が打ち上がるワクワクを楽しみながら、全力で盛り上げていきたい」と意気込んでいる。

さらに応援ソングを制作し、収益の一部をチャリティーとして寄付するなど、楽曲でも花火師らを支援する。運営サイドによると「エール花火」の打ち上げと連動した楽曲の使用も検討しているとのこと。

P-CHOは「花火が打ち上がっている瞬間のように、楽曲を聴いていただいている間は何もかも忘れることができて、純粋に楽しい気持ちになってもらえるような楽曲になれば」と語ると、SWAYも「聴くだけで夏の素晴らしさを感じられるような楽曲をお届けできるように、全力で取り組ませていただきます!」と力を込めた。

新型コロナにより大きな打撃を受けたのは、エンタテインメント業界も同じだ。DOBERMAN INFINITYが所属するLDHでも、年間300万人以上の動員を予定していた『LDH PERFECT YEAR 2020』の168公演にも及ぶライブが中止に。DOBERMAN INFINITYも、3月7日から開催を予定していた47都道府県ツアーが中止となっている。

しかし、P-CHOが「ライブが中止になってしまい残念な気持ちでいっぱいですが、DOBERMAN INFINITYらしく音楽でエールを届けられるように、気持ちはつねに明るい未来に向かっていたい」と語るように、LDHは先月15日にエンタテインメントの“再開”を発表。7月からあらたに開催する有料配信ライブ『LIVE×ONLINE』や、政府による段階的緩和のガイドラインのもと、8月以降には各地域の自治体と連携しながら「ソーシャルディスタンス・ライブ」の開催を計画していることを明かにしている。

DOBERMAN INFINITYも7月4日に有料配信ライブを控えており、昨年11月以来7ヵ月ぶりとなるライブで“花火”を打ち上げる。

SWAY コメント
今年は花火という夏の最大の風物詩が見られないと思っており、個人的にも残念な気持ちでしたが、素敵な企画のお話をいただき、大好きな花火が上がるだけでなく、まさか自分たちがアンバサダーとなって盛り上げさせていただけるということが、何より光栄です!
みんなでワイワイ騒いだりパーティーしたり、そんなことが当たり前なはずだった夏という季節。今までどおりとはいかなくとも、皆さんが頭の中で想像して、聴くだけで夏の素晴らしさを感じられるような応援ソングをお届けできればと思っております!
僕たちも制作しながら、正直今年は諦めかけてた夏の楽しみをもう一度感じることができとてもうれしく思っています。音楽というコンテンツを通して、皆様にも同じように感じていただけたらなによりです! そして、そう感じていただけるよう全力取り組ませていただきます!

・思い出に残ってる花火について
僕らの夏フェス『D.Island2019』のラストを花火で飾れたことです!! やり切った気持ちと来てくれた方々と一緒に見る花火は過去一きれいな花火でした!!

P-CHO コメント
僕たちは1年の内でも夏という季節が大好きです。夏の風物詩である花火大会はすごく楽しみな行事のひとつですが、今年はその花火を見ることができないかもと思っていたときに、このような名誉あるお話をいただきすごくうれしかったです。自分自身も、花火が打ち上がるワクワクを楽しみながらアンバサダーとして全力で盛り上げていきたいと思います。
応援ソングは、聴いてもらった皆さんの心の中でエネルギーや元気という力強いものが打ち上がるような楽曲にしたいと思っております。花火が打ち上がっている瞬間のように、この楽曲を聴いていただいている間は何もかも忘れることができて、ただただ純粋に楽しい気持ちになってもらえるような楽曲になればと思っております。
今回のこの企画は、これまでの人生や今後の人生の中でも最高の思い出となる花火になると思いますので、僕たちは音楽を通して花火に最強のお力添えができるように全力で楽曲を届けたいと思います。
今年は新型コロナウイルスの影響で、僕たちの予定していたライブも中止になってしまいました。残念な気持ちでいっぱいですが、DOBERMAN INFINITYらしく音楽でエールを届けられるように、気持ちはつねに明るい未来に向かっていたいと思います。

・思い出に残ってる花火について
2019年に開催した『D.Island』のラストに花火が上がった空をみんなで見上げていた瞬間は、自分が少年の頃に戻ったような気分になってました!

DOBERMAN INFINITY 応援メッセージ(代表コメント:SWAY)
「日本の花火を愛する会」の皆様からお誘いをいただきまして“大の花火好き”DOBERMAN INFINITYがアンバサダーとして、皆さんと一緒に日本の花火を応援していくことになりました。今年の夏は「このままだと花火が消えてしまう」と言われてます。こんな今だからこそ、花火から計り知れないエネルギーとパワーをひとでも多くの方々に届くように、日本各地で一斉に花火を打ち上げるという企画です。密を避けるために、開催場所や日時は非公開になりますが、「ワクワクドキドキ感」を一緒に感じて楽しんでもらえればと思っております。僕たちも、明日への希望と楽しみを取り戻すための「エール」花火を応援していきたいと思いますので、ぜひ皆さんも日本の花火「エール」プロジェクトを一緒に盛り上げていただけたらうれしいです。

プロジェクト関係者 コメント
・アンバサダー任命について
今の新型コロナウイルスの影響によるイベント中止を受け、花火業界だけでなく音楽業界含め様々な業界がかつてない苦境に立たされております。そのような状況について大人たちはわかっていても、今の若い世代の人たちにはなかなかうまく伝わっていないのではないかと考えています。少しでも多くの若者に、今のこの苦境を知っていただきたい。そのような思いから若い世代に人気があり、そして元気で前向きになる曲を歌っているDOBERMAN INFINITYに声をかけさせていただきました。


ライブ情報

有料配信ライブ「LIVE×ONLINE」
07/04(土)20:00~
配信メディア:ABEMA


【応援メッセージ】日本の花火「エール」プロジェクト<DOBERMAN INFINITY>
https://youtu.be/n4s1LIT4IqU

【FAN AKITA】「日本の花火『エール』プロジェクト」クラウドファンディングサイト
https://fan-akita.sakigake.jp/project/detail/639

DOBERMAN INFINITY OFFICIAL WEBSITE
http://dobermaninfinity-ldh.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人