浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二出演、映画『思い、思われ、ふり、ふられ』メイキング写真一挙公開

■浜辺美波×北村匠海×福本莉子×赤楚衛二。本当の同級生のように青春を謳歌する4人の姿をとらえたメイキングカットを大量投下!

咲坂伊緒の伝説的人気少女コミック『ストロボ・エッジ』と『アオハライド』。世代を超えて読み継がれるバイブルであり、それぞれ映像化され大きなムーブメントを巻き起こした。

そして2020年、両作品の流れを受け継いだ<咲坂伊緒 青春三部作>の最終章『思い、思われ、ふり、ふられ』が、満を持して実写&アニメーションでW映画化決定。三部作のシリーズ累計発行部数は驚異の2,500万部を突破し、少女コミックの映像化としては類を見ないビッグプロジェクトとなっている。

アニメーション映画は近日公開予定。実写映画 『思い、思われ、ふり、ふられ』は8月14日に全国公開となる。

実写版を手掛けるのは、映画『アオハライド』で日本中を爽やかな感動で包み込んだ恋愛映画の名匠・三木孝浩。原作者の咲坂も絶対的信頼を置いており、淡く繊細な映像表現に定評のある三木が本作をどう彩るのか、期待が高まる。

明るく社交的だが、実は自分の本当の気持ちを出すのが苦手な不器用なヒロイン【山本朱里】を演じるのは、『君の膵臓をたべたい』(2017年)で圧倒的な透明感をスクリーンに焼き付けた今最も輝く若手女優・浜辺美波。そして、【朱里】の義理の弟であり葛藤を抱えるクールな【山本理央】には、DISH//でのアーティスト活動に加え数々の映画やドラマ、CMでも活躍中の若手筆頭の実力派俳優・北村匠海。社会現象となった『君の膵臓をたべたい』の浜辺と北村のゴールデンカップルが、ついに豪華再共演を果たす。

そして、内向的でうつむきがちな【市原由奈】を演じるのは第8回『東宝シンデレラ』オーディションでグランプリを獲得し、次世代のシンデレラとして最注目若手女優の福本莉子。【由奈】の爽やかで天然な幼馴染だが、自分の夢に関しては本当の気持ちを言い出せずにいる 【乾 和臣】には、『仮面ライダービルド』で注目を集めた新星・赤楚衛二。今最もフレッシュなキャスティングが集結し、この夏、“最も切ない”青春ラブストーリーが誕生する。

先日、Official髭男dismの名曲「115万キロのフィルム」が主題歌として起用されていることが最新の予告映像とともに解禁されたが、さらにこのたび、リアルな青春がたくさん詰まった本作のメイキング写真が一挙解禁となった。

一部のシーンを除いて、約1ヵ月にわたりオール神戸ロケが行われた本作。解禁となった写真では、本物さながらの夏祭りの雰囲気にキャストのテンションも上がったという、夏祭りのシーンでの浴衣姿の浜辺、福本の姿や文化祭のシーンでの王子姿の北村の姿が映し出されている。また、『アオハライド』『フォルトゥナの瞳』など数々の作品を手がけてきた三木監督が、キャストに寄り添い教室やカフェなどで演出する姿も確認できる。

これまでに多くの現場で経験してきた浜辺も「三木組はとても温厚で心地がいい」とコメントしているとおり、涙を流すシーンの撮影を終え、涙が止まらない福本を浜辺と三木監督が囲み談笑する姿など、現場での良い雰囲気が伝わってくる写真ばかりだ。

さらに、浜辺と北村が笑顔の監督を囲むクランクアップ時の写真や教室での浜辺、北村、福本、赤楚の集合写真など、まるで本当の同級生のように青春を謳歌し、撮影に臨んでいたことが見てとれるものとなっている。

恋だけにはとどまらない“今”を生きる若者たちが、未来に望む夢や希望を得るために、必死に葛藤する姿が描かれている本作。もがきながらも青春を駆け抜ける4人の姿を劇場で見届けよう。


映画情報

■実写映画
『思い、思われ、ふり、ふられ』
8月14日(金)全国公開
原作:咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社「別冊マーガレット」連載)
監督:三木孝浩(『アオハライド』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『フォルトゥナの瞳』)
脚本:米内山陽子 三木孝浩
出演:浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二
(C)2020映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社

■アニメーション映画
『思い、思われ、ふり、ふられ』

近日公開
原作:咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社「別冊マーガレット」連載)
制作:A-1 Pictures(『劇場版 ソードアート・オンライン‐オーディナル・スケール‐』)


映画『思い、思われ、ふり、ふられ』予告映像
https://youtu.be/ZEFpj9YMJME

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』作品サイト
https://furifura-movie.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人