宮本浩次、新曲「P.S. I love you」が貫地谷しほり主演のNHKドラマ『ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜』主題歌に決定

■「日々の暮らしを一生懸命に生きてゆく、人生の応援歌になればと思い、この歌をうたいました」(宮本浩次)

大きな注目を浴びた、椎名林檎や東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ作品を経て、2019年にソロ活動をスタートした宮本浩次。

ドラマ『後妻業』主題歌として書き下ろされた配信ソロデビュー曲「冬の花」をいきなりヒットさせ、SoftBankや月桂冠のCMへの楽曲提供&出演、高橋一生への楽曲提供&プロデュース、6月12日の自身の誕生日には初のソロライブ、7月24日には待望の1stシングル「昇る太陽」をリリース。9月には映画『宮本から君へ』の主題歌「Do you remember?」を書き下ろし、横山健とのコラボレーションでも話題になり、この楽曲がチャートイン。年末にはクリスマスをテーマにしたソフトバンク新テレビCM『恋人がサンタクロース』篇(30秒)のテーソングとして、松任谷由実の大ヒット曲「恋人がサンタクロース」をカバーし、SNSで大いに話題になった。

2020年に入り、新曲「ハレルヤ」がテレビ朝日『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』が主題歌となるなか、3月4日に1stソロアルバム『宮本、独歩。』をリリース。初登場オリコンチャート3位を獲得し、今もなおロングセールスを続けている。

そして、早くも宮本浩次の新曲「P.S. I love you」が完成。同曲が、NHKドラマ10『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』(NHK総合 毎週金曜日22時)の主題歌に決定したことが発表された。

『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』は、医師で小説家の南杏子の『ディア・ペイシェント』をドラマ化するもの。クレーマー患者たちに悩む、貫地谷しほり演じる医師の真野千晶が、先輩や同僚と共に患者たちと向き合い、寄り添う姿を描くヒューマンサスペンスドラマだ。

また立ち上がるための人生の応援歌、宮本浩次の新曲「P.S. I love you」と、7月17日22時のドラマスタートが待たれる。

宮本浩次 コメント
私たちは、生きてゆくだけでも、いつだって悩み、苦しみ、傷つき
そして、また立ち上がることの連続です。
貫地谷さんが演ずる主人公・真野千晶は、医療現場というつねに緊張を
要求されるであろう職場で、真正面から自分の仕事と向き合うことで
成長してゆきます。
そんな千晶のように、日々の暮らしを一生懸命に生きてゆく、人生の応援
歌になればと思い、この歌をうたいました。
ドラマの主人公たち共々、この歌がみんなに愛してもらえたら、こんなに
うれしいことはありません。


リリース情報

2020.03.04 ON SALE
ALBUM『宮本、独歩。』


番組情報

NHK総合・BS4K『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』
毎週金曜 22:00〜
※7月17日(金)スタート


『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』番組サイト
https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/dearpatient/

宮本浩次 OFFICIAL WEBSITE
http://miyamotohiroji.com

エレファントカシマシ OFFICIAL WEBSITE
https://www.elephantkashimashi.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人