「パプリカ」英語版が、英会話レッスン教材として全国に波及

■Foorin team E(フーリン・チームイー)が歌う「Paprika」が、『USEN リクエストJ-POP HOT 30』にて20週連続で20位以内にランクイン!

2020年とその先の未来に向かって頑張っているすべての人を応援するプロジェクト楽曲、米津玄師プロデュース「パプリカ」。

英語ネイティブの5人組こどもユニット、Foorin team E(フーリン・チームイー)が歌う「Paprika」が、6月27日に発表された『USEN リクエストJ-POP HOT 30』にて12位にランクインし、2月8日以降、20週連続20位以内にランクインとなり、今年、最長のUSENリクエストランキング入りを果たした。

Foorinが歌う「パプリカ」は、キッズソングとして社会現象を巻き起こし、昨年『第61回 日本レコード大賞』を受賞。年末には第70回NHK紅白歌合戦にも出場し、新ユニットとして結成された、メインボーカルのJasmine(ジャスミン、11歳)、Corban(コールバン、8歳)、コーラス&ダンスのLen(レン、12歳)、Evangeline(エヴァンジェリン、13歳)、Clara(クララ、7歳)からなる英語ネイティブユニット、Foorin team Eの登場も大きな話題を呼んだことは記憶に新しい。

英語版の「Paprika」は、「日本のこどもたちから、世界のこどもたちへ、大きな輪を広げていきたい」という趣旨で制作され、1月にCDシングルをリリース。YouTubeでのミュージックビデオ関連動画は累計で1,600万回再生を突破し、世界五大陸フランス・ギリシャ・シンガポール・オーストラリア・南アフリカ・アメリカ・ブラジルをはじめとする全27ヵ国、29都市の子供たちが参加した「Paprika World Video」が公開されると、昨今のコロナ禍の中、日本各地のこどもたちはもちろん、“世界中のこどもたちが繋がり笑顔になれる”コンテンツとして、世界中で注目度が急上昇! そんな背景が、「Paprika」がUSENにてロングヒットを記録する要因にもなっている。

「Paprika」の英語詞は、玉川大学大学院教育学研究科の佐藤久美子教授の英語監修のもと制作。こどもたちにとって、楽しく歌が英語で歌えるようになるだけではなく、 「聞く・話す・読む・書く」力を総合的に学べる楽曲として教育効果も期待されている。

新型コロナウィルスの影響で、対面式レッスンが困難となった「英会話教室」では、こどもたちに向けたオンラインレッスンのカリキュラムとして、“「Paprika」を歌って踊りながら勉強しよう”という趣旨で、英語教材として取り入れる教室が増加。4月以降には、生徒のこどもたちが参加した数々の「テレワークPaprika動画」が制作されるなど、全国の英会話教室で大きな広がりを見せている。

USENでのロングヒットを期に、歌って踊れるキッズソングから、英語を楽しく学べ、世界中の子どもたちと繋がることができるワールドワイドな楽曲へと波及。Foorin team Eが歌う英語版「Paprika」に引き続き注目だ。


リリース情報

2020.01.22 ON SALE
Foorin team E
SINGLE「Paprika」


NHK「パプリカ」ページ
https://sports.nhk.or.jp/dream/song/

Foorin OFFICIAL WEBSITE
http://www.foorin.jp/

Foorin team E ソニー・ミュージック オフィシャルサイト
https://www.sonymusic.co.jp/artist/foorinteamE/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人