話題の舞台『ぼくらの七日間戦争』に、劇団4ドル50セントの國森桜が出演決定!「稽古が始まるのが楽しみです!」

■「たくさんのことを吸収して、私がこの作品にいて良かったと少しでも思っていただけるように頑張りたいです」(劇団4ドル50セント・國森桜)

話題の舞台『ぼくらの七日間戦争』に劇団4ドル50セントの國森桜が出演することが決定した。

1985年に宗田理により書き下ろされた『ぼくらの七日間戦争』(角川文庫・角川つばさ文庫 刊)。当時の中高生を中心に熱狂を生み、累計発行部数は2,000万部を突破し、瞬く間にベストセラーとなった。

1988年に実写映画化、2019年冬にはアニメ化、そしてついに2020年秋、今も色褪せない名作の初の舞台化が決定した。

本作は、大人による管理教育に反抗した主人公たちが廃工場に立てこもり、爽快な逆襲劇を繰り広げるストーリー。思いがけず起こる事件や難題に立ち向かう子どもたちの勇気と知恵と行動力も本作の魅力のひとつ。彼らの成長を目の当たりにし、観るものすべてに、青春時代に胸を熱くした思いを甦らせる。

今回、主役となる菊地英治役を演じるのは、映画・ドラマ・舞台での活躍が目覚ましい馬場良馬。さらに、柿沼直樹役には SUPER★DRAGON のメンバーとして注目の志村玲於をはじめ、物語の軸となる“ぼくら”は若手ながらも舞台経験豊富なキャストが出演する。

“ぼくら”のなかでヒロインとなる中山ひとみ役を演じるのは、AKB48で活躍中の濱咲友菜。その他、劇団4ドル50セントの國森桜が出演するなど、作品に華を添える女性陣にも注目だ。
※「濱咲友菜」の「濱」は“濱の異体字”が正式表記。

そして、“大人役”では、志村玲於演じる柿沼直樹の母親役に遠山景織子、“ぼくら”の最大の味方となる老人役に石橋保、“ぼくら”の通う学校の教頭役に酒井敏也と実力派が迎えうつ。

本作は2020年9月11日から9月20日まで、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、国や都のガイドラインに基づき、客席を半数にして、かめありリリオホールにて上演予定。チケットの一般発売は8月1日から。各種先行発売も予定されている。詳細は公式サイトまで。

國森桜(劇団4ドル50セント)コメント
舞台『ぼくらの七日間戦争』へ出演させていただくことが決まって、今までにない不安と緊張でいっぱいですが、純粋にとてもうれしいのと、稽古が始まるのが楽しみです!
私自身、まだまだ実力も自信もないので、たくさんのことを吸収して、私がこの作品にいて良かったと、少しでも思っていただけるように頑張りたいです。
いろいろできないことのほうが多い今ですが、そのような状況の中でも舞台に立てることを幸せに感じ、皆さんに観ていただける限り、表現を届けたいです。
そして少しでも笑顔になっていただけたらなと思います!


公演情報

舞台『ぼくらの七日間戦争』
09/11(金)~09/20(日)東京・かめありリリオホール
原作:宗田理「ぼくらの七日間戦争」(角川文庫・角川つばさ文庫 刊)
脚本・演出:久保田唱(企画演劇集団ボクラ団義)

出演:
馬場良馬

松本岳
志村玲於(SUPER★DRAGON)
友常勇気
秋葉友佑
一瀬晴来
飯山裕太
中島礼貴
山中翔太
山中健太

濱咲友菜(AKB48)
國森桜(劇団4ドル50セント)

杉江優篤
白柏寿大
添田翔太
平山空
青地洋
吉田宗洋

河内浩(劇団俳優座)
緒月遠麻

佐々木崇

遠山景織子

石橋保

酒井敏也


舞台『ぼくらの七日間戦争』公式サイト
https://2020bokura7.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人