Stray Kids、YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』史上初となる東京とソウルを繋いだリモート収録を実施

■「今回、あらたな経験として、一歩前に進んだ気分です」(Stray Kids・バンチャン)

韓国の人気ボーイズグループ、Stray Kidsが、話題のYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』第43回に登場する。

『THE FIRST TAKE』は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。昨年にローンチしチャンネル登録者が130万人(6月25日時点)を突破、さらに動画総再生数が2億回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティも注目を集めている。

第43回は、今年日本デビューを果たし、日本公式のTikTokのフォロワー数が100万人を超えるなど若者を中心に大人気、全世界が注目する韓国のボーイズグループ、Stray Kidsが登場。

この映像は、『THE FIRST TAKE』史上初の韓国撮影、リモートで収録を行ったもの。オンライン一発撮りながら圧巻のクオリティで「SLUMP -Japanese ver.-」を世界初披露する。

「SLUMP -Japanese ver.-」は、世界各国で展開されているTVアニメ『神之塔 -Tower of God-』のエンディング主題歌にも起用されている話題の楽曲。メンバー自ら作詞作曲を担当しており、特に歌詞は、ハンが実際に経験した“挫折”や“試練”をテーマに、Stray Kidsが伝えたいことを表現している。

緊張した様子で真っ白な空間に入ってきたメンバーは、「初めて見る空間みたい」「すごく緊張します」とそれぞれの感想を口にしていたが、バンチャンの「それでは挨拶しましょうか」の掛け声で、一気に気を引き締め、歌い始めた。

Stray Kids「SLUMP -Japanese ver.-」は、6月26日22時よりYouTubeにてプレミア公開される。

Stray Kids・バンチャン コメント
僕たちStray Kidsを一夜限りの復活のアーティストとして選んでいただき、とても光栄に思います。
最初から最後まで1テイクで生歌唱を撮影すると聞いて、最初は少し緊張しましたが、収録が進むにつれ、とても楽しくできました。遠隔での収録でしたが、オンラインでの指示や会話のおかげで、日本の製作チームと、しっかり意思疎通ができました。説明もていねいで、リアルタイムで会話ができたのでとても便利でした。
今回、あらたな経験として、一歩前に進んだ気分です。これを機にこれからもっと頑張らなければという気持ちも生まれましたし、より成長した姿をたくさんの人にお見せしたいと思いました。
『THE FIRST TAKE』を通して、僕たちのライブ映像がたくさんの人に力を与えられればと思います。


リリース情報

2020.03.18 ON SALE
ALBUM『SKZ2020』

2020.06.03 ON SALE
SINGLE「TOP -Japanese ver.-」


YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

『THE FIRST TAKE』公式 Instagram(@the_firsttake)
https://www.instagram.com/the_firsttake/

『THE FIRST TAKE』公式 Twitter(@The_FirstTake)
https://twitter.com/The_FirstTake

Stray Kids OFFICIAL WEBSITE
https://www.straykidsjapan.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人