FUJIFILM SQUAREにて、マイケル・ジャクソンの企画展の開催が決定

■監修は、日本屈指の80年代音楽研究家として知られる、NONA REEVES・西寺郷太!

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)にて、7月10日から7月30日までの期間、 FUJIFILM SQUARE企画展『「MJ」~ステージ・オブ・マイケル・ジャクソン~』が開催される。監修は、西寺郷太(NONA REEVES)。

1958年8月29日、アメリカ合衆国西部の産業都市インディアナ州ゲイリーの大家族の元に誕生したマイケル・ジャクソン。1969年、5人組兄弟グループ、ジャクソン5の最年少リードシンガーとしてデビューするやいなや、4曲連続シングルヒットチャート首位獲得という記録を打ち立てスーパースターに。

その後、ソロアーティストとして1982年に発表したアルバム『スリラー』は全米チャート37週連続1位、第26回グラミー賞では8部門受賞という偉業を達成。1980年代から1990年代、音楽業界が最高潮を迎えるなか、「プロモーションビデオ」と呼ばれ、単なる宣伝材料として捉えられていた音楽ビデオを「ショートフィルム」(短い映画)とあらたに定義、芸術作品として昇華させたこともマイケル・ジャクソンが生み出した大きな革命のひとつだ。

音楽と見事な調和・融合をみせた映像、類まれなるダンスパフォーマンスと演出家としての才能は、ビジュアルイメージが重要な役割を果たす現在の音楽シーンの礎を築いた。その功績は「史上最も成功したエンターテイナー」として語り継がれ、2009年6月25日没後早くも10年の歳月が流れた今なお、彼のリアルタイムでの活動を知らない若い世代を含む多くのファンを魅了し続けている。

本展では、マイケル・ジャクソンの代表作からのスチール写真をアーカイブするとともに、世界中のファンを熱狂の渦へと巻き込んだ、3つのワールドツアーでの圧巻のライブパフォーマンスを通して、映像と写真が今日までの音楽の発展に果たした役割を考察する。

■第1章
わずか5歳で4人の兄たちと共に結成したジャクソン5のリードボーカルに。名門レーベル「モータウン」からの華々しいデビュー後、10代後半のジャクソンズ期には作詞・作曲家としての才能も開花。並行して続けたソロ活動でも記録的成功と革新を成し遂げる。本章では、「スリラー」「ビート・イット」「バッド」といった彼の代表曲の“ショート・フィルム”(ミュージックビデオ)のスチール写真を織り交ぜて紹介し、ライブや映像で世界のエンターテインメント界の頂点を駆け抜けたマイケル・ジャクソンの足跡をダイジェストでたどる。

■第2章
マイケル・ジャクソンが生み出すライブパフォーマンスは世界を熱狂させ、その後のコンサートの概念を変えた。日本を皮切りに全15ヵ国123公演が行われた初のソロツアー『バッド・ワールド・ツアー』、演出がよりダイナミックになった『デンジャラス・ワールド・ツアー』、過去最高の450万人を動員した『ヒストリー・ワールド・ツアー』。本章では3つのワールドツアーで残された貴重なパフォーマンス写真を一挙展覧する。

メイン写真:バッド・ワールド・ツアー ImageCredit:Mirrorpix/Aflo


イベント情報

「MJ」~ステージ・オブ・マイケル・ジャクソン~
07/10(金)〜07/30(木)
10:00〜19:00(最終日14:00まで・入場は閉館10分前まで) 会期中無休
会場 :FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
監修 :西寺郷太(NONA REEVES)
入場料 :無料
※ 企業メセナとして実施しており、 より多くの方に楽しんでいただくために入場無料にしております。
※ 混雑した場合、 入場制限させていただく場合がございます。
※写真展はやむを得ず中止・変更させていただく場合がございます。 あらかじめご了承ください。


FUJIFILM SQUARE OFFICIAL WEBSITE
http://fujifilmsquare.jp/


(C)ココモ・ブラザーズ 撮影:有高唯之

ジャクソン5 Image Credit:Paul Slaughter/Retna/Aflo

スムース・クリミナル Image Credit:Photofest/Aflo

スリラー Image Credit:Alamy/Aflo

スリラー Image Credit:Photofest/Aflo

バッド・ワールド・ツアー Image Credit:Hitoshi Katanoda/Aflo

ヒストリー・ワールド・ツアー Image Credit:Mark Shenley/Camera Press/Aflo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人