HYDE、オンラインイベント『SUMMER MONSTER HOTEL』で終始ハイテンション!「ねぇ、 チューしてチュー」

2020.06.23

■DAIGO、『HYDE CHANNEL』についてひと言。「ZHHです。全員、早く、入れ!」

3月7日・8日に開催が予定されていたものの、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、やむなく中止となってしまった、HYDEオフィシャルファンクラブ「HYDEIST」の会員限定イベント『HYDEIST presents SNOW MONSTER HOTEL 2020』。

そんな『HYDEIST presents SNOW MONSTER HOTEL 2020』が、6月17日、 『SUMMER MONSTER HOTEL』として人気ニコ生チャンネル『HYDE CHANNEL』内で開催された。

本イベントではお馴染みとなっている、YUKI(Rayflower/DUSTAR-3)、ASH DA HERO、 司会の黒岩唯一がオンラインで集結。さらに、スペシャルゲストとしてDAIGOの参戦もあるなど、 約3ヵ月ぶりの公式の場での生出演となったHYDEとともに大盛りあがり。

『SUMMER MONSTER HOTEL』には多くの視聴者が詰めかけ、楽しいゲーム企画なども多数実施。気がつけば、4万5,000を超えるコメントが殺到する大盛況の放送となった。

■オープニングから大盛りあがり! HYDE CANNELにZHHとは!?
「動くHYDEさん、久しぶりすぎて緊張します。笑」
「久しぶりで泣きそう……」

とファンの期待値MAXでスタートとなった『SUMMER MONSTER HOTEL』。

司会兼支配人の黒岩唯一より「当ホテルのキャストです!」と紹介されたのは、料理長のASHDAHERO、ベルボーイのYUKIさ(Rayflower/DUSTAR-3)、コンシェルジュのDAIGO、そしてホテルオーナーのHYDEという豪華過ぎる面々。

「オーナーだから寝るときの格好してんの」とナイトキャップで登場というHYDEの姿には、

「かわいすぎ」
「直視できない」

といったファンの言葉が飛び交った。

そのまま開始されたオープニングトークでは、ゴールデンボンバーの喜矢武豊が今回参加できなかったこと、さらにはHYDEとDAIGOが互いにハッピーバースデーメッセージを最速で贈り合う仲であることなどが語られ、そんなDAIGOからは、この『HYDE CHANNEL』について、「ZHHです。全員、早く、入れ!」との言葉が飛び出し、視聴者を大いに沸かせた。

■「絵心判定」の罰ゲームが大問題!? HYDE「ねぇ、チューしてチュー」
番組最初のコーナーは「絵心判定」。お題に沿った絵を全員が描き、いちばん絵心がなかった人が罰ゲーム対象というルール。さっそく、お題として用意されたのは…「シナモロール」(サンリオキャラクター)。

このお題にDAIGOはウサギ風のカワイイキャラを展開し、HYDEはサンリオ繋がりでマイメロ風のキャラを作成。YUKIはなぜかヒツジ風のキャラを描き、ASHはHNK教育番組に出てきそうな謎のキャラという“絵心”が披露され、視聴者の「誰がいちばん絵心があったか」アンケートでは以下のような成績となった。

DAIGO 51.5%
HYDE 36.1%
YUKI 8.3%
ASH 4.1%

罰ゲームは、セクシーなひと言。本気の「愛してる」を画面に向かって披露という罰ゲームをASHが見事にキメたため、視聴者からは「ご褒美過ぎる」などのコメントが寄せられた。

続くお題も、「フワちゃん」「鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)」と難易度の高いものが続き、罰ゲームのオンパレードとなるが、HYDEによる「ねぇ、チューしてチュー」が披露された際には、視聴者から「心臓口から出た」といったコメントが飛び出すほどの大盛りあがりとなった。

■お絵かきしりとりでも罰ゲームが続発! DAIGOは見事過ぎる伏線回収!?
チャンネル会員限定パートに移ると、「お絵かきしりとり」コーナーがスタート。目隠しをした4人のうち1人だけが目隠しをはずしお題を見る。そのお題に沿った絵を描き終わったら、次の人が目隠しをはずし、前の人が描いた絵を見てその絵の表す言葉からしりとりのように繋がる絵を描き、そしてまた次の人へ……と繋いでいくゲーム。

見事に全員の思惑を繋ぐことができれば成功。どこかに意思疎通のできていない部分があれば、その繋がらない絵を描いてしまった人と、絵から言葉を汲み取れなかった人の双方が罰ゲームの対象となる。

こちらのゲームコーナーでは、一発目から「スイーツ」のお題に、「ケーキ」を単体で描いてしまうDAIGO、お笑いマンガ道場のようなタッチでキワドイ絵を描いてしまうHYDE、画力の高すぎるASH、そして“画伯”すぎるYUKIと個性が爆発。

またしても罰ゲームのオンパレードとなり、DAIGOがモノマネを交えながら罰ゲームを披露する姿や、お酒が進むに連れ罰ゲームのクオリティを上げるYUKI、リアルな「ねぇ、チューしてチュー」を披露するASH、そして終始ハイテンションのHYDEの姿に、視聴者のコメントもどんどん加速していった。

そして迎えた番組の最後に、「僕からお知らせがあります!」と切り出すDAIGO。そのままスマホ画面を見せ、「『HYDE CANNEL』入会しました!」と、番組中にまさかのチャンネル入会を済ませていたことを報告。番組冒頭でDAIGO自らが語った「ZHH(全員早く入れ!)」の伏線を見事に回収という手腕で番組を締めくくった。

『HYDE CANNEL』未入会の人は、ぜひこの機会に入会して、HYDE、DAIGO、YUKI(Rayflower/DUSTAR-3)、ASH DA HERO、黒岩唯一の関係性の良さが伝わってくる楽しいトークと、爆笑のゲームコーナーが楽しめるチャンネル会員限定パートを存分に楽しもう。

【HYDE CHANNEL】
ソロアーティスト、L’Arc-en-Ciel、VAMPSとして活動するHYDEによる公式チャンネル『HYDE CHANNEL』。ここだけでしか観られない、HYDEのスペシャルコンテンツを会員限定で配信。要チェックだ。


リリース情報

2020.07.29 ON SALE
Blu-ray&DVD『HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL』


「HYDECHANNEL」URL
https://bit.ly/2NkSJKs

HYDE OFFICIAL WEBSITE
https://www.hyde.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人