北原里英、ヒロインを演じた映画『HERO~2020~』の魅力を語る!「楽しく騙されてほしい」

■「広樹と浅美の2年間の物語が存在していたんだというのがより色濃く描かれているので、よけいに別れが辛く感じられると思います」(北原里英)

映画『HERO~2020~』でヒロインを演じる北原里英のオフィシャルインタビューが公開された。

本作は、昨年7月に上演された劇団「TAIYO MAGIC FILM」の舞台『HERO ~2019夏~』を映画化。誰かが誰かに支えられ、誰かが誰かに支えられ、誰かが誰かの“ヒーロー”になるという気持ちを届けてくれるハートウォーミングコメディで、TAIYO MAGIC FILMを主宰する西条みつとしが、自らメガホンを取った。

舞台版に引き続き、“秘密”を抱え明日に踏み出せないでいる主人公・広樹役を廣瀬智紀、広樹の恋人・浅美役を北原が演じた。

映画『HERO~2020~』は、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開中。

<北原里英 インタビュー>
Q:脚本を読んで、西条さんの作品の、どのようなところが魅力だと思いますか?
私はストーリーの中で点と点が繋がって線になっていくような作品がもともと好きで。西条さんの作品は伏線が散りばめられていて、それを最後に全部回収する気持ち良さが魅力だと思います。西条さんの作品は、途中困難があったり、悲しいことも起きるんですけれど、最後はちゃんとハッピーエンドなんです。近年は暗い雰囲気で終わっていく作品が多い印象だったので、そんななか、ハッピーエンドな作品があるのはいいなと思います。

Q:映画化もされると聞き、どう思われましたか?
まずは単純に、映画に出演させていただけることがうれしかったです! もしかしたら映画のほうがより細かいところまで伝わるかもしれないとも思いました。

Q:舞台になかったシーンを演じるのはいかがでしたか?
舞台にはなかったシーンを撮っているとき、より作品への期待が膨らみました。そのシーンがあることによって、広樹と浅美の2年間の物語が存在していたんだというのがより色濃く描かれているので、よけいに別れが辛く感じられると思います。

Q:完成した映画を観た感想はいかがでしたか?
自分が出ているから冷静に見られない部分があって、自分に関しては反省点を探してしまうんですけれど(笑)、何より、一緒に観ていた子役の子供たちが、すごくケラケラ笑いながら見てくれて、「こんな小さい子たちにもちゃんと伝わるコメディなんだな」とうれしくなりました。

Q:ご自身が出ているシーンで、お気に入りのシーンはどこですか?
回想のデートシーンや(勤務先の)工場でのシーンなど、舞台では描ききれなかったところは全部すごく好きです。告白のシーンでは、西条さんはシャッターの高さまですごくこだわって演出されていて、斬新な画になっているので、注目してほしいです。

Q:ご自身が出ていないシーンで、お気に入りのシーンはどこですか?
そっちのほうがたくさんあるかもしれません! レンタル人材派遣会社の社長と秘書のコンビはすごく好きですし、広樹の回想でお父さんが川に子供を助けに行くシーンもカッコ良くて見入ってしまいました。あと、ヒーローたち(妄想戦隊レッド、ブルー、ピンク)をどう描くのかなと思っていたんですけれど、ヒーローたちが撮影しているというふうに描いていますよね。3人が撮影していないときの素の感じも含めて、舞台ではまったくなかった演出なので、新鮮で面白かったです!

Q:映画版に広樹のお父さん役で出演している松尾諭さんの出演シーンをご覧になっていかがでしたか?
撮影日が被って、現場でお会いしておしゃべりしていたんですけれど、そのときは子役の子供たちに面白い嘘を言ったりして、いいおじさんみたいに振舞われていたのに、映像を観たら本当に素晴らしくて、役者魂というものを感じました。

Q:映画版では斎藤工さんが死神大佐を演じますが、出演シーンを見た感想はいかがでしたか?
斎藤工さんがスクリーンに現れると、一気にシーンの説得力が増すんですよね。もちろん、誰もが出そうと思って出せるものではないので、あの説得力の正体はいったいなんだろう、と考えさせられました。

Q:舞台を観ていない方には本作をどのように観てほしいですか?
何も知らない状態で見るのがいちばん面白いと思うので、楽しく騙されてほしいと思います。どういうことだ? と引き込まれると思うので、まずは何も考えずに見てください!

Q:舞台をすでに観た方には本作のどこに注目して観てもらいたいですか?
舞台を観てくださっていて、ストーリーを知っている方には、やはり舞台では描かれなかった回想シーンを楽しく観てもらえたらなと思います。

Q:映画をご覧になる方ににメッセージをお願いします。
映画出演が初めてというキャストもいたり、西条さんの劇団メンバーが舞台を飛び出してスクリーンにいたりと、個性豊かで素敵な皆さんと作り上げた作品です。ぜひこの作品を映画館で観てもらえたら、すごくうれしいです。そして映画館から帰ったら、しっかり手洗いとうがいをしていただければ、なおうれしいです!


映画情報

『HERO~2020~』
シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開中
出演:廣瀬智紀 北原里英
小松準弥 前島亜美 小早川俊輔
小築舞衣 中村涼子 米千晴(TAIYO MAGIC FILM) 小槙まこ 加藤玲大 後藤拓斗 双松桃子
飛鳥凛 伊藤裕一 根本正勝 今立進(エレキコミック)
松尾諭 斎藤工(友情出演)
原作:TAIYO MAGIC FILM 第1回公演『HERO』
監督・脚本:西条みつとし
(C)「HERO」~2020~製作委員会

【あらすじ】
2年間限定の約束で始まった広樹(廣瀬智紀)と浅美(北原里英)の恋。
広樹には、こんな約束を言い出さなければならない“秘密”の理由があった。
一方、浅美は、2年という日々を一緒に過ごすなかで、きっと彼の決意が変わるはず、と信じていた。
そして2年後、運命の時が明日に迫った日。広樹は、仕事中に怪我をして入院してしまう。
見舞いに訪れた浅美は、広樹の怪我が軽いと知ってほっとする。
だが同時に、広樹の別れの意思が固いことを感じ、落ち込んでしまうのだった。
そんな浅美の様子を不審に思った広樹の妹・真菜(前島亜美)は、浅美からこの奇妙な約束のことを聞き出して驚く。ふたりの幸せを願っていた彼女は、兄・広樹の決意の裏には、何か“秘密”の理由があるはずだと信じ、浅美にも内緒で、ある行動に出る。
どんな悩みでも受け付けるという触れ込みのレンタル人材派遣会社を見つけ、「明日中に兄の“秘密”を突き止めて、ふたりが別れないで済むようにしてほしい」と相談したのだ。話を聞き終わった社長・松島(小松準弥)は、自信たっぷりに宣言する。「パターン31だな」。その作戦に戸惑い、いぶかしく思いながらも、あまりにも自信満々な彼に圧倒され、依頼してしまう真菜だった。
そしてついに運命の日。だがこの作戦は、入院患者から“死神”まで巻き込んで、とんでもない大騒動になっていく。勘違い、思い込み、おまけに悪ノリも加わって、それぞれの思惑が絡み合い、どこに向かうか予測不能!
はたして、広樹の“秘密”とは? 彼の決意は変わるのか?
そして、広樹と浅美の《2年間限定の恋》の行方は?


映画「HERO〜2020〜」公式ツイッター(@HERO2019summers)
https://twitter.com/HERO2019summers

映画『HERO』作品サイト
www.mmj-pro.co.jp/hero2020/

北原里英 公式Twitter(@Rie_Kitahara3)
https://twitter.com/Rie_Kitahara3

北原里英 公式Instagram(@rie_kitahara_3)
https://www.instagram.com/rie_kitahara_3/?hl=ja


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人