『乃木坂46時間TV』、メンバーが“乃木雀”で白熱のバトル!“公式お兄ちゃん”バナナマンとの番組を超えた共演も

■乃木坂46のメンバーの顔が描かれた世界にひとつだけの“オリジナル牌”にファンから「喉から手が出るほどほしい」の声続出!

乃木坂46の特別番組『乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』が、6月19日19時にスタートした。

『乃木坂46時間TV』は、乃木坂46が様々な企画にチャレンジする模様を46時間の生放送で届ける人気番組の第4弾。今回は、ABEMAの人気番組とのコラボレーション企画など様々なコーナーが予定されている。

1日目の22時ごろからは、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」との特別コラボ企画として、『熱闘!Nリーグ』と題し、麻雀風の新競技「乃木雀」を実施した。

乃木雀は、乃木坂46のメンバーの顔が描かれた世界にひとつだけの“オリジナル牌”を使用。各メンバー3枚ずつ、さらに1期生の白石麻衣の牌1枚を加えた136枚の牌を用いて、手元にある牌から“共通のテーマが成立する3枚組を4つ作ってアガる”というのがオリジナルルールだ。麻雀冠番組を持つなどアイドル界きっての“雀士”として知られる1期生の中田花奈がコミッショナーとして、役の成立と点数を決定していった。

初日の対戦では、1期生の秋元真夏、生田絵梨花、高山一実、和田まあやが登場し、メンバーのことを知り尽くした4人が白熱の闘いを繰り広げた。乃木雀の放送が始まるやいなや、ファンから

「喉から手が出るほどほしい」
「絶対ヒットするから、商品化して!」

などの声が続出。さらに、コミッショナーも務めた中田花奈とお笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太による解説には、そのあまりに的確なコメントと本物の試合さながらの語り口に、

「ふたりの解説が神がかっている」
「かなりんと徳井の阿吽の呼吸がすごすぎてもうなんかコンビ組んでほしい」
「中田徳井のコメントが試合をよりいっそう面白くしてる」

などと絶賛の声が相次いだ。

日本のTwitterトレンドで6位に入った「#今夜は乃木まつり」を皮切りに、計7個の『乃木坂46時間TV』に関連したハッシュタグがトレンド入りするなど大きな盛り上がりを見せた1日目は570万視聴を突破。そのままの勢いで2日目へと突入していった。

■“公式お兄ちゃん”バナナマンが音声登場!「神サプライズ」とファン歓喜
2日目の2時ごろには、乃木坂46の冠番組でもMCを務め、グループの“公式お兄ちゃん”として知られるお笑いコンビ・バナナマンが出演するレギュラーラジオとのサプライズ中継を実施。急遽音声のみで『乃木坂46時間TV』に出演することになったバナナマンの声を聞いたメンバーは、驚きと喜びの声をあげた。中継で繋がったメンバーたちは、バナナマンからの無茶振りにも次々と答え、さすがの“兄妹仲”を感じさせる息ぴったりの様子を見せた。番組の垣根を超えたまさかの共演に、視聴者からは

「神サプライズ!」
「掛け合いめっちゃ笑った」
「テンションあがりすぎて今夜は眠れない」

などと大興奮のコメントが寄せられ、放送中は「バナナマン」「日村」が日本のTwitterトレンドのそれぞれ12位と13位にランクインするなど大きな盛り上がりを見せた。

『乃木坂46時間TV』は、6月21日17時までABEMA SPECIALチャンネルにて放送中。

(C)AbemaTV,Inc.


番組情報

ABEMA『乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』
06/19(金)19:00~06/21(日)17:00
配信チャンネル:ABEMA SPECIALチャンネル
番組URL
◇DAY1
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/CVRwLESD4GsvQw
◇DAY2
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/CVRwGHtj4nsuF5
◇DAY3
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/C744xtbUhaZVFM


リリース情報

2020.06.17 ON SALE
DIGITAL SINGLE「世界中の隣人よ」


『乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』特設サイト
https://programnews.abema.tv/posts/8394146

『乃木坂46時間TV』番組公式Instagram(@nogizaka46_tv)
https://www.instagram.com/nogizaka46_tv/?hl=ja

乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nogizaka46.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人