Fischer’s、大ファンのヒャダインとコラボ!「シルクさんのラップが小器用でムカつきました(笑)」(ヒャダイン)

■「好きだって言ってもらえて、すごくうれしかった。でも、人間って不思議なものですね、ずっと一緒に時を過ごすとだんだん嫌な気持ちになってくる(笑)」(ヒャダイン)「うるさくしすぎましたね」(Fischer’s・シルクロード)

インターネットインフラサービスを展開する株式会社オールコネクト提供によるタイアップ動画、Fischer’s×ヒャダインの新ミュージックビデオ「好きなこと無制限」が、Fischer’s のYouTubeチャンネル『Fischer’s-フィッシャーズ-』にて公開された。

「好きなこと無制限」には、チャンネル登録者数600万人を超える7人組人気動画クリエイター、Fischer’sが出演。楽曲は、音楽クリエイターのヒャダインが書き下ろした。

新ミュージックビデオには、3Dアバターのヒャダインが登場。また、Fischer’sの7人とヒャダインが、レコーディング時のエピソードなどについて語った。

■Fischer’s×ヒャダイン新ミュージックビデオ「好きなこと無制限」について
Fischer’s×ヒャダインの新ミュージックビデオ「好きなこと無制限」には、Fischer’sの7人と、高精細な3Dフェイシャルスキャン撮影によって生み出された3Dアバターのヒャダインが出演。ヒャダイン書き下ろし楽曲「好きなこと無制限」を、ンダホ、ぺけたんを中心にFischer’sのメンバーが歌い上げる。アップテンポな曲調と個性豊かなメンバーが好きなことに取り組む仲の良い様子が印象的な動画となっている。

「社会をにぎやかに!」を企業理念とするオールコネクトは、日々のクリエイティブな活動で日本中に活力を与え、企業理念との親和性も高い動画クリエイター、Fischer’sのミュージックビデオをスポンサード。今回はFischer’sのメンバーが敬愛する音楽クリエイター、ヒャダインの楽曲提供により、いっそうにぎやかな楽曲が完成。底抜けに明るいミュージックビデオが楽しめる。

■キャンペーン
6月19日より『Fischer’s新MV「好きなこと無制限」フォロー&感想ツイートキャンペーン』がスタート。「好きなこと無制限」が収録された限定CDが抽選でプレゼントされる。Tweet数に応じて、プレゼント内容がアップグレードするという気になる企画も!

Fischer’s×ヒャダイン インタビュー
Q:コラボの実現を聞いた感想は?
シルクロード:僕らは、普段遊んでいるような動画を投稿してるんですが、ヒャダインさんによる相乗効果で、スゴい遊びが生まれるんじゃないかと思っていました。
ヒャダイン:普段、Fischer’s の動画を観ていました。スゴいポジティブオーラで溢れていて、“元気な感じ”が僕の音楽性と似ている部分があるので、この話をもらったときにはふたつ返事で“絶対やる”って答えましたね。
ンダホ:僕とぺけたんとヒャダインさんでミーティングさせてもらう機会があったんですが、ヒャダインさんにご挨拶するためだけに事務所に来るくらい、シルク(シルクロード)は、ヒャダインさんが好き。
ヒャダイン:好きだって言ってもらえて、すごくうれしかった。でも、人間って不思議なものですね、レコーディングでずっと一緒に時を過ごすと、だんだん嫌な気持ちになってくるっていう(笑)。
シルクロード:レコーディングで、うるさくしすぎましたね。

Q:そのレコーディングの感想は?
ヒャダイン:メインボーカル(ぺけたん・ンダホ)のおふたりからのレコーディングだったんですが、予想を超える出来で、ふたりとも歌にスゴい思いがこもるタイプの人だったので、感動しました。シルクさんもラップを単独で録ったんですが、小器用でムカつきました(笑)。意識したポイントなんですが、お客さんとコール&レスポンスとか、楽しくなれるとか、みんなが声を出せるとか、メインボーカルのふたりだけじゃなくて、ほかのみんなも必要という曲を作りたいなと思いました。サビは全員で歌う感じにしました。

Q:新ミュージックビデオの撮影はどうでしたか?
ンダホ:好きなことを、Fischer’sが今までやってきたことを、そのまま行動にしている様子を録ってもらっているっていう感じでした。ヒャダインさんが書いてくださった歌詞とメロディーに合わせて、今日遊んだ、みたいな。
ヒャダイン:僕の撮影は5分とかでしたね。よくわからないバスにヘアバンドをして、放り込まれて、写真撮られて、“以上です。お疲れ様でした”みたいな感じです。


YouTubeチャンネル 「Fischer’s-フィッシャーズ-」
https://www.youtube.com/channel/UCibEhpu5HP45-w7Bq1ZIulw


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人