永瀬廉(King & Prince)&伊藤健太郎、映画『弱虫ペダル』クランクアップを報告!

■クランクアップ当日は、ふたりが対決する重要なシーンを撮影!「今日の激坂はとにかくキツかった!」(キンプリ・永瀬廉)「俺も今日がいちばんキツかった!」(伊藤健太郎)

累計2,500万部突破の大人気スポーツ青春漫画『弱虫ペダル』。2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載開始、連載は今年で12年を迎え、現在までで67巻が既刊されている大人気コミック。アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなど様々なコンテンツでメディアミックスされているが、満を持して初の実写映画化となった。

主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道(おのだ さかみち)。あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなり、そこで出会ったかけがえのない仲間たちのために、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を覚えていく。

2月初旬にクランクイン後、緊急事態宣言を受け、止む無く撮影が中断となっていたが、宣言解除後の6月某日、細心の注意を払いながら、撮影が再開! そして、このたび、無事クランクアップした。

クランクアップの日は、永瀬廉(King & Prince)演じる主人公・小野田坂道と、伊藤健太郎演じる今泉俊輔のふたりが、ロードレース対決をする重要な撮影シーン。梅雨の時期、この日は快晴で天気を味方につけ、本番開始! 永瀬は、クランクイン時と同様に、再び前髪を眉上までカット。大きな丸眼鏡をかけた姿は、おなじみの坂道の姿だった。
そして、炎天下の中、原作にも出てくる激坂を限界ギリギリまで必死で登りきったふたりの姿は、見ごたえある注目のシーンとなった。

無事クランクアップを迎えた永瀬は「今日の激坂はとにかくキツかった! でも、みんなでずっと練習から頑張って、苦しいときもありましたが、それすら今はいい思い出です!」、伊藤は「俺も今日がいちばんキツかった! 寒い時期から暑い時期までかかりましたが、無事に怪我なくクランクアップできてよかったです」と振り返った。

そして、改めてふたりとも「当たり前の出来事が経験できなくなった今だからこそ、ぜひ劇場で僕らの頑張りを観て、青春を体験してほしいです」とコメントした。

大人気コミックスの実写映画化、しかも自転車競技部が舞台ということで、スタッフは様々な準備や撮影の検証を重ね、キャストもハードな自転車練習を繰り返し、本番に。自転車での走行シーンはCGや合成ではなく、実際にキャストたちが走っている。

カメラカーと並走しながらの撮影は、緊張感もあり、その中で自転車の技量やお芝居、車とのスピード調整をコントロールしながらの走行。そのため、かなりの自転車の練習量に永瀬以外のチーム総北のメンバー(伊藤健太郎・坂東龍汰・竜星涼・柳俊太郎・菅原健ら)たちも体力作りに加え、何度も何度もフォームをビデオで確認して練習に励んだ。
※「柳俊太郎」の「柳」は“俗字”が正式表記。

チーム総北全員、本物の部活動さながら、息が切れるまで走りこみ、終わったあとは芝生に倒れ込むこともしばしばあったが、つらい練習を積んだ甲斐あって、坂道が坂を上るシーンの撮影では、自転車監修を担当した選手経験者でも「登るのがキツイ」と言っていた坂をスピード落とさず登り切るほどになっていたそう。地獄の特訓を乗り越えたからこそ実現できた彼らの雄姿は、スクリーンで輝いて見えること間違いなしだ。

誰かのために頑張ったり、頑張る誰かを応援したり、青春のそのすべてが詰まった映画『弱虫ペダル』。こんな時代だからこそ観たい、この夏いちばん胸が熱くなる一本だ。


映画情報

『弱虫ペダル』
8月14日(金)公開
原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)
主演:永瀬廉(King & Prince)
出演:伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、柳俊太郎、菅原健、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)・竜星涼 / 皆川猿時
監督:三木康一郎
製作:「弱虫ペダル」製作委員会
配給:松竹株式会社
(C)2020「弱虫ペダル」製作委員会  (C)渡辺航(秋田書店)2008


『弱虫ペダル』作品サイト
https://movies.shochiku.co.jp/yowapeda-eiga/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人