オニツカタイガーが、ウィロー・スミスをブランドアンバサダーに迎えたキャンペーンビジュアルを発表

■ウィロー・スミスは、俳優のウィル・スミスの実娘!「これから一緒に創り上げるオニツカタイガーの未来が楽しみです」(ウィロー・スミス)

2020年6月、日本発のファッションブランド、オニツカタイガーが、グローバルに活躍するアーティストのウィロー・スミスをブランドアンバサダーに迎えたブランドキャンペーンを発表した。

俳優のウィル・スミスの実娘としても知られるウィロー・スミスは、ファッションアイコンとしてはもちろんのこと、アーティストとしても唯一無二の存在。この3月には、テイラー・コールとのプロジェクト、THE ANXIETY名義で、初のアルバムをリリース。彼らの楽曲「Poolside」は、今回のブランドキャンペーンのイメージビデオ『Onitsuka Tiger with Willow Smith』でも効果的に使用されている。

今回のキャンペーンビジュアルでは、ウィローがオニツカタイガーの2020年秋冬コレクションを着用。オニツカタイガーが持つ、ヘリテージとイノベーションを融合させたコンテンポラリーなデザインを、ウィロー独自の世界観と調和させ、今までにないオニツカタイガーのブランドの世界観をともに創り上げた。

ウィローがまとう2020年秋冬コレクションの一部は、カラフルなパッチワークや様々な異素材を組み合わせることで、ポップアートとファッションとスポーツウエアの融合を表現。オニツカタイガーのクリエイティブディレクターであるアンドレア・ポンピリオは、本キャンペーンでもディレクションに携わり、「私たちが生きているこの時代において、世界にいったい何が起きているか、環境問題、この惑星を守らなければという致命的事実に気づくべきです。今回のキャンペーンでは、ウィロー氏のありのままの美しさと強さ、彼女の魂の根底から溢れ出る地球への愛を表現しました」と語る。

また、オニツカタイガーのコミュニケーションチームは、ウィローの今回の起用について、「ウィロー氏は、Z世代やミレニアル世代といった世代の枠に捉われることなく、普遍的なヒューマニズムと卓越したクリエイティビティに恵まれた女性です。人類にとってまったく新しい時代に突入する2020年に、社会に対して独自の見解と知性を兼ね備え、世界にメッセージを発信する彼女と協業できることに、ブランドとして強い親和性を感じ、喜びを感じています」とコメントした。

このスペシャルなキャンペーンビジュアルは、6月よりグローバルのオニツカタイガーオフィシャルサイトとSNS、その他、様々なプラットフォームにて公開。またオニツカタイガーは、今回のキャンペーン売り上げの一部を、全米黒人地位向上協会/全米有色人種地位向上協会「NAACP Legal Defense and Educational Fund」の活動資金として寄付する予定だ。

ウィロー・スミス コメント
オニツカタイガーのビジョンに共感することに時間はかかりませんでした。また、お互いが協力し合い、社会にポジティブな影響をもたらす世界観を創り上げることができて、とても満足しています。これから一緒に創り上げる、オニツカタイガーの未来が楽しみです。


リリース情報

2020.03.13 ON SALE
THE ANXIETY
ALBUM『THE ANXIETY』


NAACP Legal Defense and Educational Fund
https://www.naacpldf.org/

オニツカタイガーオフィシャルサイト
https://www.onitsukatiger.com/jp/ja-jp/mk/willowsmith


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人