CHAI、映画『のぼる小寺さん』主題歌シングルリリース決定&コメント映像公開!「CHAIだよ〜!」

■「自分らしく生きたいっていう気持ちを、映画のロックとロッククライミングのロックのダブルミーニングでこの曲を書きました」(CHAI)

2014年より『good!アフタヌーン』(講談社)で連載された珈琲原作の人気漫画『のぼる小寺(こてら)さん』が満を持して実写映画化。

『ロボコン』(2003年)、『ホームレス中学生』(2008年)、『武士道シックスティーン』(2010年)など青春映画で高い評価を得る古厩智之監督と、実写映画としては約5年ぶりとなる、映画『けいおん!』(2011年)、映画『聲の形』(2016年)、映画『若おかみは小学生!』(2018年)など数々のヒット作を手がける脚本家・吉田玲子という、若者のリアルを爽やかに描く青春映画の名手が初タッグを組み、心あたたまる青春映画を作り上げた。

クライミング部に所属する一見クールでミステリアスだが心優しい主人公・小寺役を今回映画初主演となる工藤遥が演じ、約4ヵ月の猛特訓を経て、ボルダリングに本格挑戦している。

卓球部に所属し、小寺に密かに惹かれる近藤役には、映画『惡の華』(2019年)や、映画『今日から俺は!!劇場版』(7月17日公開予定)など注目の若手実力派俳優である伊藤健太郎。

そのほか、鈴木仁、吉川愛、小野花梨ら最旬キャストが集結している。

映画『のぼる小寺さん』はクライミング部に所属するボルダリングに夢中な女子高生・小寺さんをきっかけに、“頑張ること”に一生懸命になれない若者たちが、自分の夢に向かって一歩踏み出そうとする瞬間を切り取った青春映画。学生時代、誰にもあった甘酸っぱい記憶を呼び起こす。世界に肩を並ばせる強豪選手たちが次々と輩出され、日本でも注目度が高まるボルダリングを題材に、青春のきらめきと切ない恋心が描かれる。

映画『のぼる小寺さん』(ビターズ・エンド配給)は、7月3日より全国公開となる。

そしてこのたび、映画主題歌として楽曲提供された、CHAIの新曲「keep on rocking」が、映画公開と同日の7月3日にリリースされることが決定。あわせて、CHAIメンバーからのコメント映像が到着した。

心地よいミドルテンポにのせ、自分の人生を自分らしく生きていく、CHAIらしいメッセージを高らかに歌い上げた今作「keep on rocking」には、マーク・ロンソンやゴリラズをはじめとしたビッグアーティストたちの代表作品に数多く参加している、イギリス音楽シーンを代表するチェリストIzzi Dunnがストリングスアーティストとして参加。

「自分らしく生きたい」という気持ちを込めたという楽曲は、ひたすらボルダリングに夢中な小寺の姿とどこか重なり、映画と同様に一歩踏み出したくなるような、あたたかくも爽やかな楽曲となっている。

■CHAI コメント
映画『のぼる小寺さん』の公開を楽しみにしているみんな、CHAIだよ!
今回CHAIは、映画の主題歌を担当させてもらったんだけど、この「keep on rocking」って曲は、映画のために書き下ろした曲で、自分らしく生きたいっていう気持ちを、映画のロックとロッククライミングのロックのダブルミーニングでこの曲を書きました。
この曲は映画と同じく7月3日にリリースされるもんで、ぜひ映画と一緒に楽しんで下さい。


映画情報

『のぼる小寺さん』
7月3日(金)より、新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
原作:珈琲『のぼる小寺さん』(講談社アフタヌーンKC刊)
出演:工藤遥 伊藤健太郎 / 鈴木仁 吉川愛 小野花梨
監督:古厩智之
脚本:吉田玲子
主題歌:CHAI「keep on rocking」(Sony Music Entertainment(Japan)Inc. )
配給:ビターズ・エンド
(C)2020「のぼる小寺さん」製作委員会 (C)珈琲/講談社


リリース情報

2020.07.03 ON SALE
CHAI
DIGITAL SINGLE「keep on rocking」


映画『のぼる小寺さん』OFFICIAL Twitter(@noboru_kotera)
https://twitter.com/noboru_kotera

映画『のぼる小寺さん』OFFICIAL Facebook
https://www.facebook.com/koterasan.movie

映画『のぼる小寺さん』作品サイト
http://www.koterasan.jp/

CHAI OFFICIAL WEBSITE
https://chai-band.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人