BTS、オバマ元アメリカ大統領らが出席したYouTube主催の“オンライン仮想卒業式”『Dear Class of 2020』に登壇!

2020.06.08

■BTS、“オンライン仮想卒業式”『Dear Class of 2020』で感動のスピーチ&圧巻のパフォーマンス!

BTSが、YouTubeが開催した“オンライン仮想卒業式”『Dear Class of 2020』で、今年卒業する全世界の卒業生のための祝辞とパフォーマンスを行った。

6月7日午後(※アメリカ時間)YouTubeオリジナルで、オンライン仮想卒業式『Dear Class of 2020』が配信された。YouTubeはCOVID-19によりオフライン卒業式開催が厳しくなった状況のもと、全世界の大学生と高校生、彼らの家族をお祝いするために今回の仮想卒業式を企画。

BTSは韓国のアーティストとして唯一参加し、バラク・オバマ アメリカ元大統領、サンダー・ピチャイ Google CEOらと一緒に特別演説者として招待され、たくさんの卒業生をお祝いした。

スーツ姿で登場し特別な祝辞を始めたBTSは、それぞれの卒業式に関する思い出を話しながら全世界の卒業生の未来を応援した。

RMは「2020年はたくさんのことがあったが、それでも皆さんはやり遂げた。ひとつの世界を破り、自分とまた違う世界に向けて飛行を準備している皆さんの跳躍を心から応援する。音楽の中で、お互いの心の中で、自分の限界を破る時間の中で、私たちはひとりだが、つねに一緒にいる。今は小さなカメラ、モニター越しでお互いを見つめあっているが、皆さんが花咲かせる未来はもっと大きくて美しい」と話した。

続いてJUNG KOOKは「私の卒業式はBTSのYouTubeチャンネルに記録されている。高校生活の始まりと終わりにはいつもメンバーたちがいた。今の私は、私を信じて、メンバーを信じて、世界を信じながら今ここにいる。皆さんもこれから皆さんのために一歩ずつ進み、止まることなく走り続けてほしい」と明らかにした。

JINは「少し変わった卒業式を覚えている。(アーティストとして)デビューもしてなく、大学入学を前にした普通の卒業生だった。大人になることに恐れていて、見知らぬ世界に進むことが怖くて、言葉と行動、すべてに気を付けていた」と回想しながら、卒業生に向けて「見知らぬ環境と向き合い、どこに行くべきかわからなくいときは、焦らずに少し止まってみて。今この瞬間は僕たちに与えられたチャンスかもしれない。余裕をもって、ゆっくりでも一歩ずつ誠実に踏み出せたら、今まで気づけなかった大事なことが見えるはず」と応援した。

SUGAは「素敵な締めくくりも新しいスタートもできず、もどかしい思いをしている皆さん、恐れたり不安がらないでほしい。始まりと終わり、終わりと始まりは繋がっている。今できることもある。ひたすら自分に集中すること、自分の枠を破ってみることだ。大きな夢をみて、限界のない可能性に一歩ずつ近づいているか、私たちがまた会えるとき、ぜひ見せてほしい。皆さんの可能性は無限大だ」と述べた。

JIMINは「卒業を心からお祝い申し上げます。実は苦しんでいないか、大変な思いをしているのではないか、今この時間を耐えることができているか、すごく心配している。絶対諦めないでほしい。ここ韓国という国、ソウルという都市に“自分”をわかってくれている誰かがいることだけは、必ず覚えておいてほしい。僕たちみんな違う環境と違う状況に置かれているが、少なくともこの瞬間だけは私たちみんな一緒に“大丈夫”と慰めあいたい」と語った。

J-HOPEは「曲を作って、ダンスをしていると行き詰まりそうになることがある。頭の中が真っ白になって、これ以上前に進むことができないと思うとき、“もう一度だけ”という思いが僕を立て直してくれる。自分がうまくやっているか、このままいくと失敗するのではないか、つねに不安になると思う。そうしたときは、自分の人生を導いてくれるのは自分自身ということを思い出してください」と話した。

Vは「すごく特別な日、卒業をおめでとうございます。みんな容易ではない現実と戦っているが、写真1枚、文章1行でも残してこの瞬間を覚えていてほしい。今卒業を目の前にして、これから何をすればいいかわからなくて大変な人がいたら皆さんの心に寄りかかってみてください。今は少し大変でもその終わりにはチャンスと幸運が待っているのではないでしょうか。時間が過ぎ、この日をいい思い出として思い出せるように努力する。そしていつかは皆さんのお話も聞けることを願っている」と明らかにした。

BTSは真心を込めた祝辞に続き、仮想卒業式のアフターパーティにも参加。「Boy With Luv (Feat. Halsey)」「Spring Day」「Mikrokosmos」などを歌った。最後のステージに上がり、楽曲のカラーに合わせて愉快ながらもあたたかい雰囲気でオンライン仮想卒業式のフィナーレを華やかに飾った。

なお、この日、YouTubeオンライン仮想卒業式『Dear Class of 2020』には、BTS以外に、バラク・オバマ アメリカ元大統領とミシェル・オバマ、Google CEOのサンダー・ピチャイ、アーティストのレディー・ガガ、ビヨンセ、アリシア・キーズ、市民運動家 マララ・ユスフザイ、ロバート・ゲーツ アメリカ元国防長官、コンドリーザ・ライス アメリカ元国務長官などが出演した。


リリース情報

2020.02.21 ON SALE
ALBUM『MAP OF THE SOUL : 7』

2020.04.15 ON SALE
DVD&Blu-ray『BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF’-JAPAN EDITION-』

2020.07.15 ON SALE
ALBUM『MAP OF THE SOUL : 7 〜THE JOURNEY〜』


BTS OFFICIAL WEBSITE
https://bts-official.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人