飲食業界にV系バンドが進出! そして、メンバー自ら接客! the Raid.、渋谷のど真ん中にコラボカフェをオープン

2020.06.04

■「僕は“ミュージシャンだから接客はしない”などという固定概念のようなものは、捨ててしまっていいと思っています」(the Raid.・星七/vo)

5人組ヴィジュアル系バンド、the Raid.(レイド)が6月3日、東京・渋谷駅から歩いてすぐの場所にある肉バル「Bitter Valley Grill」とコラボした、期間限定のカフェ・肉バル&スイーツ「CAFE de RAID.」をオープンした。

予期せぬ新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、ライブ活動が再開できないなか、音楽業界と共に深刻な状況に陥っている飲食業界にV系バンドが乗り出す。

2011年に本格始動したthe Raid.は、あえてコンセプトに縛られず、幅広いファン層に受け入れられるように、時代や流行など様々なものを取り入れた楽曲を提供し、現体制で発売したシングルの多くがオリコンインディーズチャート1位を獲得。なかでも、2019年11月リリースの8thシングル「殺したくなるほど誰かを愛した事はありますか?」は、メジャー・インディーズすべてを含むオリコンデイリーチャートで1位、ウィークリーチャートでは6位となり、“今最も勢いのあるV系バンド”と注目を浴びた。

しかし、その矢先にコロナ禍に見舞われ、初のホールライブとなるはずだった中野サンプラザ公演(3月29日)が中止され、当日は無観客ライブの様子をYouTubeチャンネルにてプレミア公開した。

店内でthe Raid.の楽曲が流れる「CAFE de RAID.」では、シェフが作る本格メニュー(「ローストビーフ丼SET」「フレンチトーストSET」)がメインとなり、メンバーの星七(vo)、bo_ya(g)、由羽(g)、テンシ(b)、一陽(ds)がウエイターとして接客を担当する。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、飲食業界はまだまだ厳しい状況に置かれている。「Bitter Valley Grill」のオーナーでシェフの仲村雄一さんは、「人出は増えていますが、直帰される方が多いようです。飲食店への来店状況という点では、体感的には、緊急事態宣言が解除される前とあまり変わらないです」と話した。

今回のコラボのオファーをthe Raid.から受けたときは驚いたそうだが、仲村さんは、「『CAFE de RAID.』はみんなで一緒に盛り上げる場所になりそうです。今回のコラボで、お店にも勢いが付いてくれたらと思っています」と期待と寄せていた。

なお、メンバーの出勤状況などは、the Raid.公式Twitterアカウントにて確認できる。

【肉バル&スイーツ「CAFE de RAID.」詳細】
店名:肉バル&スイーツ「CAFE de RAID.」
場所:「Bitter Valley Grill」(ビターバレーグリル/東京都渋谷区渋谷3-18-5 和田ビル2F)
オープン:6月3日(期間限定の予定)
営業時間:16:00~20:00(19:30ラストオーダー)
定休日:日曜日
[メインメニュー]
・「ローストビーフ丼SET」(サラダ、ドリンク付/税込2,000円)
・「フレンチトーストSET」(アイスクリーム/ドリンク付/税込1,800円)
・その他、フード・ドリンクなど
[ご注意]
・ご入店時には手指アルコール消毒のご協力をお願いしております。
・ご来場の際はマスクの着用をお願い致します。マスクのないお客様へは入店前にマスクをお渡しさせていただきます。
・メンバー、店舗スタッフはマスク着用のもと接客させていただくことを、あらかじめご了承ください。
・混雑を避けるため、30分でのお客様入れ替え制とさせていただきます。
・お客様同士の距離を確保するため、カウンター席は離席にて、ボックス席は定員の半分までのご案内とさせていただきます。
・19:30ラストオーダー、アルコール類のご提供は19:00までとなります。

以上、ウイルス感染防止対策を徹底して行ったうえでの営業となりますため、お客様へはご面倒をお掛けいたしますが、何卒ご了解くださいませ。

the Raid. インタビュー
Q:「CAFE de RAID.」はどんなお店ですか?
星七:美味しいご飯が食べられ、美味しい飲み物を楽しむことができるカフェで、インスタ映えするスイーツも用意しています。「ローストビーフ丼SET」と「フレンチトーストSET」がメインメニューになりますが、本職のシェフの方が作ってくれます。僕たちは、ウエイターとして提供させていただきます。カフェをプロデュースするのは初めてで手探り状態なのですが、カフェやお客様の状況を見ながら、メンバーをローテーションしていきたいと思っています。一人ひとりのファンの方に対して、時間を掛けてお話できたらなと思っています。

Q:「CAFE de RAID.」にはどんな場所になってほしいですか?
星七:ライブができない間、ファンの方と直接、会える場所を作ったほうが、ファンの方によろこんでいただけるかなと思い、カフェをプロデュースしてみました。コラボがいつまで続くかは情勢にもよりますが、ライブができない間、店内で僕たちの音楽を聴いていただき、ファンの方同士の交流の場所にしていただければと思います。また、僕たちのことを知らなかった方にも、カフェを通して、僕たちの音楽に触れていただければなと思います。僕たちは、3月29日の中野サンプラザ公演を中止したことで、大きな損失が生まれました。それを補うためにクラウドファンディングをやらせていただきました。そのクラウドファンディングで目標金額を大きく上回る支援をいただけましたので、ファンの皆様に何か還元できることはないかと思って、カフェを始めることにしました。

Q:音楽業界と同じく深刻な影響を受けている飲食業界に乗り出す形になりました。今、コラボカフェをオープンすることに対して「リスクが高すぎるのでは?」との声もあったのでは?
星七:もちろん、リスクが高いことは認識しています。ただ、僕たちは9年目に入ったのですが、バンドを続けられる時間というものは限られていると思います。連日ライブを行っていたころのモチベーションを取り戻すためにも、厳しい業界に飛び込み、自分たちを厳しい環境に追い込んで、いい方向に向かうことができればなと思っています。

Q:新型コロナウイルスを取り巻く状況も日々、変わっています。現在の音楽業界の動向を教えてください。
星七:都道府県によってガイドラインが異なるのですが、ライブが再開されている地域もあります。the Raid.も、できる地域では、少人数でも、お客様を入れたライブを再開していきたいと思っています。

Q:7月21日リリースのニューシングル「キミプリ」が日本テレビ系『バズリズム02』の6月度エンディングテーマに決定しました。どんなお気持ちですか?
星七:僕も観ていた番組なので、すごく光栄でした。自宅にいる時間が多い今だからこそ、タイアップというものが普段よりも大きな影響を生む可能性を秘めていると思います。これをキッカケに、多くの方にアプローチしていけたらなと思います。また、いつか自分たちも番組に呼んでいただけるように頑張ります。

Q:最後に、メンバーの皆さんから「CAFE de RAID.」にかける思いと、ファンの方へのメッセージをお願いします。
一陽:「CAFE de RAID.」という新しい場所を通して、ファンの方と交流できたらなと思います。
テンシ:ファンの方が「CAFE de RAID.に行ったよ」と言っていただける場所にできたらと思います。
由羽:普通に、ご飯を食べに来る感覚で、気軽に来てくださればうれしいです。
bo_ya:今は大手のアーティストさんもライブを無料配信する時代です。なので、“アーティスト=ライブのみ”という考え方から踏み出すことが大切になるのかなと思っています。今回の「CAFE de RAID.」という、家族連れでも参加できるイベントを実現でき、1歩、先に進むことができた気がしています。the Raid.は、今後も、「バンドがこんなことをやるんだ!」とみんながビックリするようなことに挑戦していきたいと思っていますので、楽しみにしていただければと思います。
星七:僕は「ミュージシャンだから接客はしない」などという固定概念のようなものは捨ててしまっていいと思っています。僕は、ひとりの人間同士の付き合いをファンの方としたいと思っています。ぜひ、「CAFE de RAID.」にお越しいただければと思います。


リリース情報

2020.07.21 ON SALE
the Raid.
SINGLE「キミプリ」


the Raid. OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/theraid_staff

the Raid. OFFICIAL WEBSITE
https://the-raid.net


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人