“陸自の歌姫”が、迷彩服に身を包み若者たちにエール! 陸上自衛隊中部方面音楽隊、「栄冠は君に輝く」MV公開

■“夏の甲子園”の象徴でもある「栄冠は君に輝く」は、NHK連続ドラマ小説『エール』で窪田正孝が演じる主人公・小山裕一のモデルとされる、作曲家・古関裕而の代表作のひとつ!

“陸上自衛隊・中部方面音楽隊の歌姫”ソプラノ歌手・鶫真衣が所属する陸上自衛隊中部方面音楽隊が、3枚目となるアルバム『そして、未来へ』を本日6月3日にリリース。本作に収録されている「栄冠は君に輝く」のミュージックビデオが公開された。

アルバムには、クラシック、映画音楽、唱歌・童謡など、様々なジャンルの楽曲のカバーが収録。

アルバムオープニングを飾る「栄冠は君に輝く」は、1948年に発表され、夏の全国高等学校野球選手権の大会歌として開会式や閉会式などで演奏され、多くの国民に知られている大会を象徴するテーマ曲。現在NHK連続ドラマ小説で放送されている『エール』で、窪田正孝演じる主人公・小山裕一のモデルとされる作曲家・古関裕而の代表作のひとつだ。

『エール』放送開始後、多くの古関メロディに再び注目が集まっており、代表作にして夏の甲子園の象徴でもある「栄冠は君に輝く」は、甲子園球児を筆頭に“未来を夢見る若者へのエール”として、アルバムに収録されることになった。

残念ながら新型コロナウイルスの影響により、今年の夏の甲子園は中止になってしまったが、自衛隊中部方面音楽隊としてはこの楽曲を通して若者たちに変わらずエールを送り続けるという意思表明でもあるという。

なお、陸上自衛隊中部方面隊の公式YouTubeチャンネルでは『コロナに負けるな!』と題し、懸命に業務に従事する自衛官の想いをのせて、定期的に音楽隊の演奏映像の配信が続けられている。

「栄冠は君に輝く」のミュージックビデオの撮影は、今年2月に伊丹駐屯地内の中部方面音楽隊練習場にて実施。迷彩服に身を包んだ音楽隊の力強い演奏に乗って、鶫真衣のストレートで明るく前向きな歌声が響きわたっている。

また、同じくアルバムに収録される、「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で人気グループ・嵐が歌唱を担当した「Ray of Water第三楽章 Journey to Harmony」と、ピアニスト・村松崇継作曲によるオリジナル曲「そして、未来へ」のミュージックビデオも公開中だ。


リリース情報

2020.06.03 ON SALE
陸上自衛隊中部方面音楽隊
鶫 真衣(ソプラノ) 柴田昌宜(指揮)

ALBUM『そして、 未来へ』


陸上自衛隊中部方面隊 オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UClZ7w614tTm_sroM0iTVmAQ

鶫 真衣 日本コロムビア OFFICIAL WEBSITE
 http://columbia.jp/artist-info/tsugumi-jgsdf-mab/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人