初の英語歌唱も! クリス・ハート、代表曲「I LOVE YOU」の“2020年ver.”を配信リリース

■「海外プロデューサーとタッグを組み、よりパワフルで、モダンなサウンドを目指しました」(クリス・ハート)

クリス・ハートが、2014年に発表し、YouTubeでも3,000万回以上再生されている自身の人気曲「I LOVE YOU」をセルフプロデュースした。

今作の「I LOVE YOU 2020 Ver.」ではグラミー賞受賞アーティストの作品なども手掛けるBEN PELCHATやSTEVE RAIMANなど多数のミュージシャンがリアレンジに参加し。オリジナルとはまた違う新しい楽曲テイストになっている。

自身楽曲では初の英語歌唱や、インストなども収録。「I LOVE YOU 2020 Ver.」は6月3日に配信される。

クリス・ハート コメント
このたびは、活動再開に際して、6年前に発表したこの曲を2020年バージョンに一新させ、渾身の力を込めてセルフプロデュースさせていただきました。
あらたなチャレンジとしましては、数年前から親交のある海外プロデューサーとタッグを組み、よりパワフルで、モダンなサウンドを目指しました。
「I LOVE YOU 2020 Ver.」は英語バージョンとインストも同時配信されます。世界中の皆さんの耳に届き、また、たくさんカバーして皆さんに楽しんでいただけたらうれしいです。


リリース情報

2020.06.03 ON SALE
DIGITAL SINGLE「I LOVE YOU 2020 Ver.」


「I LOVE YOU 2020 Ver.」配信URL
https://umj.lnk.to/ChrisHeart_ILoveYou2020

クリス・ハート OFFICIAL WEBSITE
http://chris-hart.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人