広瀬すず、初のアニメ化! 五月女ケイ子が描くレトロ&シュールな“アニメすず”に、本人も大満足!

■ソフトでも♪ ハードでも♪……。広瀬すず出演、“NewマイティアCLスタンダードシリーズ”新CMは、持田香織、Play.Goose、SASUKEによる三者三様のCMソングが楽しめる3バージョンで展開!

本日5月18日より、女優の広瀬すずを起用した“NewマイティアCLスタンダードシリーズ”新CM『すずアニメ』篇が放映される。

本作では、人気イラストレーターの五月女ケイ子(そおとめ けいこ)により、広瀬がレトロ&シュールなアニメーションとなってCMに登場。

さらに、“マイティアCL”ブランドでおなじみのCMソング“ソフトでも♪  ハードでも♪  コンタクトレンズをつけたまま♪”のフレーズを、歌手の持田香織、Play.Gooseがそれぞれ歌唱したVer.や、トラックメイカーのSASUKEがアレンジしたVer.(歌:ベランダ)の3パターンを制作、三者三様のCMソングが楽しめる。

本CMは、5月21日より特設サイトおよび“マイティアCL”公式Twitterアカウントにおいても配信を開始。

また、特設サイトでは、広瀬の同じ表情をそろえるスロットゲーム『すずのひ・と・みスロット』も同日より実施。また、“マイティアCL”公式Twitterアカウントでは、五月女ケイ子描き下ろしのオリジナルアイマスクと爽涼クールくつろぎ枕がセットになった「ひとみくつろぎセット」が抽選で当たる『すずのひとみキャンペーン』も実施される。

【新TVCM『すずアニメ』篇(15秒)について】
カフェでPC作業をする広瀬。どうやらひとみがお疲れのようで新発売となった“New マイティアCL クール Hi-s”を点眼する。 するとその瞬間…!? アニメーションになった広瀬が大空へジャンプし、飛び回る姿を描くことで“New マイティアCL”スタンダードシリーズが新処方になったことを表現。CMソングを歌っているアーティストごとに、CMのアニメ最終カットに違いがあるかも!? ぜひ見比べてみよう。

【撮影エピソード】
■即興で20パターンもの「千寿製薬♪」を披露!
CMの最後を飾る「千寿製薬♪」のひと言、監督からの指示は「いつもどおりで」。しかし、広瀬は「もう少し試してみてもいいですか?」と抑揚や音程をアレンジしたセリフ回しを試し、そのパターンなんと20回! たったひと言にも妥協せず、CMを作り上げていこうとする広瀬の姿勢にスタッフも言葉を失い、聞き入った。広瀬の女優魂が垣間見える撮影のワンシーンとなった。

広瀬すず コメント
前作に引き続き“マイティアCL”ブランドの新TVCMに出演させていただきました。アニメーションとは縁があるなぁと思いました。撮影のときは、どんな風になるのか想像がつかなかったのですが、、、
完成したCMを拝見して、五月女ケイ子さんの世界観で描いていただけてうれしかったです。また、今までの“マイティアCL”ブランドとは違った雰囲気のCMになっているので、すごく新鮮でした。ぜひ注目していただければと思います!


#すずのひとみキャンペーン特設サイト
http://www.senju.co.jp/consumer/mytearcl/2020cp

千寿製薬 “マイティアCL”ブランドサイト
https://www.senju.co.jp/consumer/mytearcl/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人