高橋優の名曲「ヤキモチ」の中国語カバーを17億回再生させた中国人女性シンガー、ラージャオに世界が注目!

■音楽が趣味の、ごく普通の女子大生だったラージャオは、ドラマ主題歌として中国で人気のあった高橋優の「ヤキモチ(中国語表記:起風了)」の歌唱動画を公開し、これがきっかけで世界デビューが決定!

現在、中国で17億回以上の再生数を記録している女性シンガー、ラージャオの人気が急上昇している。

ラージャオ(中国語表記:买辣椒也用券)は、2018年春にドラマの主題歌として、国境を越えて中国で人気のあった高橋 優の「ヤキモチ(中国語表記:起風了)」(2014年12月発表楽曲)を自身の友達に向けて歌った動画が配信サイトにアップされるや、圧倒的な歌唱力と美声に多くの音楽ファンが反応し、瞬く間に中国全土へと拡散。そのカバー動画が、5億回以上再生されるという社会現象に。
※「起風了」の「風」は、風部+メが正式表記。

同年5月、ラージャオの話題が海を渡り、日本の音楽関係者の耳にとまると、ひとりの音楽プロデューサーが中国を訪問。当時、趣味で音楽をやっていただけの、ごくごく普通の女子大生だったラージャオは、本格的な世界デビューへの熱烈なオファーを受け、一夜にして世界に羽ばたくアーティストへと変貌を遂げることになった。

その後、彼女は日本へ渡り、高橋 優本人とも対面。「ヤキモチ」オリジナル音源の参加メンバーとともに楽曲を再録音し、2018年12月にネットイースより再リリースすると、瞬く間に驚異の5億回再生を記録。現在に至るまでに、トータルで17億回以上の再生回数を記録している。

そして2020年1月後半、中国にてコロナウィルスが蔓延。旧正月にもかかわらず各地に実家に帰れない人たちが溢れ、外出自粛期間が続き、連日報道で悲しいニュースが流れる状態が2ヵ月も続くと、音楽が唯一の感情表現の手段となり「起風了(ヤキモチ)」を聴いて“会えない人への想い” “戻れない頃の想い出”に想いを募らせる人たちが再度急増。

「起風了(ヤキモチ)」は発表から2年たった今年、改めて幅広い層から支持を得て、ラージャオの楽曲は中国の各配信サイトでランキングTOPを記録。そしてさらに世界中の同じ想いを募らせている人々に向けて、本楽曲を2020年5月に日本を含む全世界にて配信することが決定した。

今回のリリースは、「起風了(英題:The Wind)」に加え、オリジナル楽曲の「旧岛看月亮(英題:Gaze at)」の2曲となっており、2020年1月には資生堂“Za”のリブランディング広告への楽曲タイアップも決定。中国、香港、台湾、シンガポールでの展開が予定されている。

世界には羽ばたく中国の歌姫、ラージャオの活躍から目が離せない。


リリース情報

2020.05.13 ON SALE
买辣椒也用券(La Jiao)
DIGITAL SINGLE「起風了(英題:The Wind)」


各種配信URL
https://WarnerMusicJapan.lnk.to/TheWind

ラージャオ OFFICIAL Weibo
https://www.weibo.com/u/2472169050

ラージャオ OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/lajiao_official

ラージャオ OFFICIAL Facebook
https://www.facebook.com/lajiao.official/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人