EXILE TETSUYAとGENERATIONS・中務裕太が、“EXPG高等学院”一期生の入学を祝福!「夢をすべてかなえてほしい」

■「世界中のダンサーが、今できることを模索しています。ダンス界の未来を作るのは僕たちや、皆さんです」(EXILE TETSUYA)

EXILEのパフォーマーTETSUYAが、5月7日、自身が学長を務める「EXPG高等学院」のオンライン入学式に出席し、一期生となる新入生118人にエールを送った。

同校は、LDHの所属アーティストを多く輩出してきた総合エンタテインメントスクール「EXPG STUDIO BY LDH(以下:EXPG)」と、ドワンゴが運営する通信制学校法人「角川ドワンゴ学園N高等学校」が提携した教育機関。ダンスを学びながら3年間で高校卒業資格を取得することができる。当初は4月に開校し、東京・大阪・名古屋のEXPGでダンスレッスンを始動する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、当面の間はオンライン授業にカリキュラムを変更。今月11日から授業がスタートする。

「ニコニコ生放送」を通じて行われた入学式で、TETSUYA学長は「ついにこの日がやってきました。僕も楽しみにしていましたし、EXILEメンバーをはじめLDHのアーティストたちもこの学校のスタートを楽しみにしています。ご入学本当におめでとうございます」と式辞を述べた。

そして、記念すべき一期生となる夢を持った子どもたちに、「夢はすべてかなえてほしい」「全員と友達になってほしい」とメッセージを送り、新型コロナウイルスによって先の見えない現状にも言及。「世界中のダンサーが、今できることを模索していますし、未来のダンスの表現のかたちは誰にもわからなくなった」としながら、「今までとは違った可能性も無数に広がっているということ。そのダンス界の未来を作るのは僕たちや、皆さんです。夢を一緒にかなえていきましょう」と力強いエールを送った。

EXPG出身で、同校の特別講師を務めるGENERATIONSの中務裕太も出席し、「アーティストになりたい、ダンサーになりたい、なんでもいいので自分の持っている夢を積極的に発信していってください。夢を発信することによって、それが言霊となってその夢が近づいたり、同じ夢を持った仲間が集まったり、その仲間が集まってできた大きな輪が次の夢に繋がったり、様々なビジョンが広がりします。一生に一度しかない皆さんの三年間が、輝かしいものになることを心から願っています」と祝辞を述べた。

ビデオ通話で参加した東京校の酒井優斗さんは、生徒を代表し、「波乱の幕開けとなりますが、これから始まる高校生活には皆、期待を抱き、様々な夢や目標を持っています。ダンスだけではなく、勉学にも積極的に取り組み、一期生として恥じないよう努力したいと思います。三年後の卒業式には、それぞれが目標をかなえて一堂に会したいです」と力強く宣誓した。

式を終えTETSUYAは「こういう環境になってしまったのは非常に残念でありますが、皆さんの入学式をオンラインでも成し遂げられたというのがすごくうれしく思います」と心境を語り、中務も「オンラインという形ではありましたが、生徒の皆さんにもわくわくしてもらいたいなという想いで、自分の正直な想いを話させていただきました。全力でサポートさせていただきたいなと思っています」と意気込みを語った。11日にはTETSUYA自らが特別講義を行う予定で、「今まで夢をかなえさせてもらってきたので、その夢のかなえ方を大放出して、惜しみもなく生徒の皆さんにお伝えしたい」と、夢をテーマとした講義を計画している。

同校では、次世代のアーティストやダンサー、華やかなステージを演出する演出家やコリオグラファー、インストラクターなど「ダンスを仕事にしたい」子どもたちを応援。一流インストラクターによるダンスレッスンをはじめ、EXILEのフィジカルトレーナー・吉田輝幸氏監修の「PCPトレーニング」や、TETSUYA監修の健康を維持、増進する「E.P.I.ダンストレーニング」などの授業のほか、ラモス瑠偉やRIKACOらLDH所属アーティストやタレントも特別講師に名を連ねている。


EXILE OFFICIAL WEBSITE
http://exile.jp/

EXILE THE SECOND OFFICIAL WEBSITE
http://t-second.jp/

EXILE TETSUYA OFFICIAL Twitter(@epi_tetsuya)
https://twitter.com/epi_tetsuya

EXILE TETSUYA OFFICIAL Instagram(@exile_tetsuya_epi)
https://www.instagram.com/exile_tetsuya_epi/?hl=ja


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人