GLAY・TAKUROが、バーチャルYouTuberに初の楽曲提供! 燦鳥(さんとり)ノム「僕たちはまだ世界を知らない」MV公開

■レコーディングには、TAKUROのほか、GLAY・HISASHI、亀田誠治ら豪華ミュージシャンが参加!

サントリー食品インターナショナルが“クラフトボスレモンティー”のプロモーション企画として、同社の公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」のオリジナル楽曲「僕たちはまだ世界を知らない」とミュージックビデオを制作した。

楽曲は5月11日0時に配信開始。ミュージックビデオは本日、燦鳥ノム公式YouTubeチャンネルにて公開された。

「僕たちはまだ世界を知らない」の作詞・作曲はGLAYのTAKURO。演奏には同じくGLAYのギター、HISASHIや、TAKUROのソロプロジェクト「Journey without a map」での主力メンバーである、ドラムのTOSHI NAGAIとキーボードの川村ケンに加えて、GLAYの音楽プロデューサーも務める亀田誠治がベーシストとして参加している。

■楽曲について
「燦鳥ノム」にとってコラボ第3弾となる今回のオリジナル楽曲は、GLAYのリーダーにして、多くの楽曲の作詞作曲を担当しているTAKUROの、自身初となるバーチャルYouTuberへの楽曲提供で実現。

“クラフトボス”ブランドは、「WORK&PEACE」をテーマに、現代の働く人の様々なワークスタイルに寄り添い、多様な価値観にフィットする新しい選択肢を提案してきた。今回の楽曲は、聴いた人が勇気づけられて、前向きになってほしいという思いや、爽やかで透き通った旋律から軽やかさや自由を感じてほしいという思いを込め、TAKUROに楽曲が依頼された。

そして、TAKURO自身の解釈と表現として、これぞGLAYというようなメロディと歌詞の「僕たちはまだ世界を知らない」が完成。また、楽曲にはGLAYのHISASHI や、日本を代表するベーシストで音楽プロデューサーの亀田誠治など、そうそうたるメンバーが参加し、「燦鳥ノム」の音楽活動における記念碑的な楽曲となった。

また、先行して公開されるミュージックビデオは、今注目の若手映像クリエイターのお菊さんが担当。イエローとブルーを基調とした、ビビッドなアニメーションで本楽曲を彩る。

燦鳥ノム コメント
今回、作詞作曲がGLAYのTAKUROさん、また演奏される方々も超豪華メンバーで…。レコーディングの際は緊張しましたが、皆様のおかげで楽しんで歌うことができました。
“クラフトボスレモンティー”とのコラボで生まれた曲なので、爽やかに優しく背中を押してくれるような1曲になっていれば幸いです。メロディももちろん、歌詞が大好きなんです! 喜びにも悲しみにも愛を抱いてこの世界を歩んでいきたい…そう感じられる歌詞だなと思います。またタイトルにもあるとおり、この歌をうたって、世界にはまだまだ知らないことがたくさんあるんだなぁと改めて感じました。
この曲を聴いて、皆さんがどう感じたかもぜひ教えてください! 燦鳥ノムでした。


リリース情報

2020.03.11 ON SALE
GLAY
ALBUM『REVIEW II -BEST OF GLAY-』

2020.03.11 ON SALE
GLAY
DIGITAL ALBUM『REVIEW 2.5』


燦鳥ノム オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCwRKt_raV3N5KZgxcFyC1vw

GLAY OFFICIAL WEBSITE
https://www.glay.co.jp/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人