手話やギターにも挑戦!銀河団 from 劇団番町ボーイズ☆の織部典成が、映画初主演「すごくドキドキしています」

■銀河団 from 劇団番町ボーイズ☆の織部典成が主演する『僕が君の耳になる』は、HANDSIGNの同名楽曲が原案!

ソニー・ミュージックエンタテインメントが手がける個性派演劇集団「劇団番町ボーイズ☆」のメンバーで、ダンスボーカルユニット・銀河団としても活躍中の織部典成が、映画『僕が君の耳になる』で映画初主演を務めることが決した。

『僕が君の耳になる』は、ボーカル&手話パフォーマンスグループ・HANDSIGNが2017年にリリースした同名楽曲が原案のピュアなラブストーリー。同曲は、耳の不自由な女性と聞こえる男性の実話を基にしたラブソングで、足立梨花が出演したドラマ仕立てのミュージックビデオはYouTubeで約630万回視聴されている。

映画で織部が演じるのは、街角で弾き語りもしているごく普通の大学生・純平。ヒロイン・美咲役には、ろう者の梶本瑞希(新人)を抜擢。いくつものハードルを乗り越えながら愛を深め、成長していくふたりの姿が描かれる。

映画『僕が君の耳になる』は、2021年夏に公開予定。本作品のクラウドファンディングも予定されている。

【ストーリー】
ごく普通の大学生・純平(織部)は、街角で弾き語りをしているが、聴いてくれる人はほとんどいない。そんななか、初めて足を止めてくれる美咲(梶本)と出会う。
美咲はろう者の女性だった。手話で拍手をしてくれる美咲だが、そのとき純平は意味がわからず、ただ戸惑ってしまう。
後日、美咲は純平と同じ大学に通う学生だとわかる。美咲を通じて、障がい者の世界を初めて知ることになった純平。
最初は誤解から好印象を持たなかったふたりだが、自ら手話を勉強し真っすぐにぶつかっていく純平に美咲も心惹かれ、共に時間を過ごすうちに恋に落ちる。
だが、純平と美咲の間には様々なハードルが待ち受けていた……。

■織部典成コメント
今回、映画『僕が君の耳になる』で主演をさせていただくことになりました。
映画初主演ということですごくドキドキしていますが、本当にうれしく光栄に思います。
初めて台本を読んだとき、純平が美咲という女性に惹かれ「僕の知らないもうひとつの世界」を知ったのと同じように、僕自身も知らない世界の中でも、「好きな人のために何かしてあげたい」という純平の思いに共感し、胸に突き刺さるものがありました。
この作品をやらせていただくにあたり、僕自身少しでも、ろう者の方の気持ちを理解したいと思い、小説を読んだり実際に教室に行ってお話を聞いたり、手話を勉強しています。
手話には日本手話や日本語対応手話があり、これが違うだけで手話をする順番が変わったり、一人称を入れなくてはいけなかったりといろいろと苦戦しているところではありますが、僕なりに必死に勉強中です。
また、作中に弾き語りをするシーンがあるので、興味はあったものの触ったことがなかったギターにも初挑戦しています。
まだまだ納得いくように弾けませんが、こちらも日々特訓中です。
この作品を通して、見終わった後に皆様の中に何かひとつでも心に響くものがあったらなと思います。
多くの方にこの作品が届くように僕も頑張ります。
楽しみにしてください。


映画情報

『僕が君の耳になる』
2021年夏公開予定

【出演】
織部典成・梶本瑞希・岡田結実・忍足亜希子・三浦剛・松井健太・三浦大輝・小松みゆき・岡元あつこ・善知鳥いお・ミセスヒロコ・悠綺・阿部祐二 / 森口瑤子

【スタッフ】
製作:TMJAPAN、テンダープロ、フジパシフィックミュージックほか
制作:テンダープロ
幹事および国内海外番組販売:TBSグロウディア
プロデューサー:井内徳次
脚本:川崎龍太 ※「崎」は、たつさきが正式表記
監督:榎本二郎
制作プロデューサー:石川二郎
衣装:佐藤友美
音楽:フジパフィックミュージック


織部典成 公式Twitter(@yopinapi0818)
https://twitter.com/yopinapi0818

劇団番町ボーイズ☆ OFFICIAL WEBSITE
https://k.banchoboys5.com/

銀河団 from 劇団番町ボーイズ☆ OFFICIAL WEBSITE
https://k.banchoboys5.com/s/n39/page/gingadan_top

HANDSIGN OFFICIAL WEBSITE
https://www.hand-sign.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人