ジャニーズWEST・藤井流星&神山智洋、ドラマ『正しいロックバンドの作り方』撮影を振り返る。「とにかく放送が楽しみです!」

■「俺らが楽しんでいるのが、画面からも伝わってくるはず!」(藤井流星)「同世代の男4人で、バンド“悲しみの向こう側”を楽しく演じられた」(神山智洋)

日本テレビにて、ドラマ『正しいロックバンドの作り方』が4月20日深夜よりスタートする。

日本テレビ『シンドラ』枠の第12弾となるこのドラマは、シズマ、テツ、オギノ、コバというバカみたいに一生懸命な男たちが、自分なりの「正しさ」に向けて突っ走るコメディドラマ。

3月上旬に1ヵ月間におよぶ撮影が無事クランプアップを迎え、ドラマ内でロックバンド“悲しみの向こう側”のメンバーを演じた、藤井流星(ジャニーズWEST)、神山智洋(ジャニーズWEST)、栗原類、吉田健悟のクランクアップコメントが到着した。

また、ドラマの主題歌がジャニーズWEST が歌う「証拠」(発売日未定)に決定。この曲は「人生」をテーマに、土臭く熱唱するジャニーズWEST渾身の応援歌。疾走感溢れるエモーショナルなバンドサウンドに乗せた、躍動感溢れるパワフルな歌唱に注目だ。

さらに藤井、神山が “とにかくエモい!”と語るこの主題歌に、本邦初公開のドラマ本編映像を加えた、主題歌入りPR映像も完成。ジャニーズWESTが歌う「証拠」は、このPR映像にて音源初解禁となる。

【イントロダクション】
“夢に一生を捧げられるほど、技術もなければ自信もない”

それでも夢を追い続ける、不器用でまっすぐな青年たちが、
日本最大級の音楽フェス『電撃ロックフェス』出場を目指す。

バンドを愛する心配性のリーダー・シズマ(26)
夢も目標も特になし、イマドキ大学生・テツ(21)
天才かもしれない不思議くん・オギノ(26)
とにかく明るいムードメーカー・コバ(26)

奴らのバンド、その名も… “悲しみの向こう側”。
「お前ら、向こう側に行く準備はいいかー?」
「消えちまえ! カナシミー!」

ところが!
『電撃ロックフェス』出場に向けて、次から次への問題山積。
新メンバー募集、宣材写真撮影、さらにメンバーの就職活動!?
ちょっぴりズレた4人の一生懸命さに、あなたもきっと、あの頃の自分を、大事な仲間を、思い出す。

話題作を手がけるクリエイター2人のタッグで贈る、笑って笑ってちょっぴり泣ける! ダメダメ男4人の成長物語。

古き良き人情味をコミカルに描く、西田征史のノスタルジックな世界観
×
スタイリッシュに今を切り取る映像作家、山岸聖太の個性的な演出

バンドというちょっとだけ特別な関係の4人が巻き起こす、全10話の懐かしくも新しい! 愛すべき奴らの人情喜劇!

奴らが、その悲しみの向こう側で、本当に大切なことに気づくまで。

【第1話 あらすじ「正しいメンバーの集め方」】
結成半年のロックバンド、“悲しみの向こう側”。
彼らはこの日もイマイチ盛り上がらないライブが終わったあと、楽屋であーでもない、こーでもないとくだを巻いていた。

メンバーは、バンドを愛する心配性のリーダー「シズマ」(藤井流星)、夢も目標も特にない、イマドキ大学生「テツ」(神山智洋)、天才かもしれない不思議くん「オギノ」(栗原類)、とにかく明るいムードメーカー「コバ」(吉田健悟)の4人。

彼らの目標は、日本最大級の音楽フェス『電撃ロックフェス』に出場すること。しかし、今はまだ何をやるにもバラバラで、その夢ははるか彼方にかすんでいた……。

そんななか、「新メンバーを入れれば売れる!」と自信満々に語るシズマの発案で、募集した新メンバー候補と喫茶店で待ち合わせをすることに。その名前は「スネーク」。いかにもロックっぽいカッコよさそうな名前に、心おどる4人だったが、そこに現れたのは、どうにもミュージシャンには見えないダサい格好の中年男性(じろう・シソンヌ)だった。

しかも、スネークは、個性的なハワイアン楽器しか演奏できないという。困惑した4人は、なんとか、スネークを傷つけずに自らバンド加入を辞退してもらおうと、次々と奇策を繰り出すが……。

<キャストコメント>
■藤井流星(ジャニーズWEST)/シズマ 役
とにかく楽しい現場でした。俺らが楽しんでいるのが、画面からも伝わってくるはずです。
経験にもなりましたし、学びがありました。魚眼レンズをフィッシュと言うとか、差し入れはグミが喜ばれるとか(笑)。
現場では監督やプロデューサーの方と話して、自分なりに考えながら、シズマを演じることができたかなと思うし、俺ら4人だけじゃなくて、スタッフさん含めて現場全体が柔らかかったので、このドラマらしい肩の力が抜けたお芝居ができたと思います。出来上がりが楽しみです!
この作品にはコメディの部分だけではなく、愛情とか絆とかいろんなテーマがあるので、観ている方にちゃんと伝わったらなと思います。

■神山智洋(ジャニーズWEST)/テツ 役
スタッフの方に支えていただいて、無事に誰も欠けることなく撮影を終えることができて良かったなと思います。
『シンドラ』の出演は初めてで、メンバーがいることで、安心する部分もあるので、流星には感謝しています。
類くんも健悟も同世代の男4人でバンド“悲しみの向こう側”を楽しく演じられたことも、スタッフさんも含めて現場で笑いが起きていたことも、楽しい現場でした。
撮影は終わりましたが、放送が始まって、ひとりでも多くの方に観ていただいて、届けばいいなと思っています。
楽しい現場の空気感が、ドラマの“悲しみの向こう側”の4人に反映されているんじゃないかなと思うので、それぞれのキャラクターも、バンドとしても、家族としての物語も、それぞれにメッセージが込められていますので、皆さんに伝わったらうれしいです。とにかく放送が楽しみです!

■栗原類/オギノ 役
ひと言で言うのは難しいですが、皆さんに支えられて、このドラマをこのチームで作れて、本当に良かったなと思います。
タイトな撮影でしたが、そのおかげで1日1日があっという間でした。
台本を読んだだけでは見えていなかったオギノやバンド“悲しみの向こう側”のことが、撮影を重ねるごとに発見できましたし、スタイリッシュで面白い映像が撮れていると思います。
10話のエピソードがどういう風に出来上がるのか、僕も視聴者として楽しみです。

■吉田健悟/コバ 役
撮影が終わっちゃったんだな~と寂しい気持ちです。あっという間の1ヵ月でした。
でも、僕が本当に寂しくなるのは最終回を迎えてからだと思います。
ゲストの方も含め、キャストスタッフの皆さんと面白いドラマを作れたのが最高でした。そして、撮影を通して、モノ作りの喜びを再確認することができて、今、幸せを噛み締めています。
とても素敵な現場で、クランクアップの寂しさもありますけど、僕も皆さんと一緒にリアルタイムで観ます!


番組情報

日本テレビ『正しいロックバンドの作り方』
4月20日(月)24時59分スタート

【ネットワーク局】
SDT(静岡第一テレビ)04/20(月)24:59スタート
YBS(山梨放送)04/20(月) 24:59スタート
MMT(ミヤギテレビ)04/20(月)24:59スタート
ytv(読売テレビ)04/26 (日)26:36スタート
STV(札幌テレビ)04/28 (火)25:34スタート
RAB(青森放送)04/28(火)25:34スタート
KNB(北日本放送)04/29 (水) 25:59スタート
FBS(福岡放送)04/30 (木)26:10スタート
CTV(中京テレビ)04/30 (木)26:14スタート
※Huluでも配信

キャスト:藤井流星(ジャニーズWEST)神山智洋(ジャニーズWEST)栗原類 吉田健悟
企画・脚本監修:西田征史
脚本:おかざきさとこ 吉崎崇二 服部隆 石上加奈子
演出:山岸聖太 原桂之介 吉田和弘
音楽: 岩崎慧
編成企画:前田直彦 川口信洋
チーフプロデューサー:福士睦
プロデューサー:畠山直人 長松谷太郎 明石直弓
制作プロダクション:ROBOT
製作著作:日本テレビ ジェイ・ストーム
※「吉崎崇二」の「崎」は、たつさきが正式表記。

(C)NTV・J Storm


『正しいロックバンドの作り方』主題歌入りPR映像
https://www.youtube.com/watch?v=tg0qhr2HDlI

『正しいロックバンドの作り方』番組サイト
https://www.ntv.co.jp/tadashiirock/ 

『正しいロックバンドの作り方』番組公式Twitter(@tadashiirockntv)
https://twitter.com/tadashiirockntv

『正しいロックバンドの作り方』番組公式Instagram(@tadashiirockntv)
https://www.instagram.com/tadashiirockntv/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人