HAN-KUNの新曲「DE-KI-RU」MVに、若い世代から圧倒的な支持を受ける最旬高校生モデル・よしあきが登場!

■「バッティングセンターの演技で最初、球を打てず、できないと思っていたのですが、“DE-KI-RU” “DE-KI-RU”というフレーズを聴いていくうちに、球が打てたんです」(よしあき)

湘南乃風のボーカリストにして、ソロアクトとしても唯一無二の歌声を持つHAN-KUNが、4月19日に配信シングル「DE-KI-RU」を配信リリースする。

「DE-KI-RU」は困難にぶつかっても逃げず、諦めなければ道は開ける、大丈夫、絶対、出来るということを教えてくれる、今に生きるすべての人への援歌

そして今回、「DE-KI-RU」ミュージックビデオに、おしゃれすぎる姉弟として話題の“よしミチ姉弟”の弟、よしあきが出演していることがわかった。

よしあきは、2019年『SHIBUYA109 lab.』トレンド大賞ヒト部門で1位を獲得し、姉のミチと共に“よしミチ姉弟”としてZ世代の間で爆発的な人気を得る話題の高校生モデル。

よしあき初の著書『友達ゼロで不登校だった僕が世界一ハッピーな高校生になれたわけ』(KADOKAWA刊)は、発売から約2週間で2刷目の重版が決定。ミュージックビデオでは、そんな最旬モデルのよしあきが社会人に扮し、様々なシチュエーションで奮闘することで楽曲の世界観を見事に表現している。

もうひとつの収録曲「BANG BANG」も、HAN-KUNらしさを感じさせる、聴きごたえのある楽曲。今年、湘南乃風とソロ両面で精力的に活躍していくHAN-KUNに注目だ。

■よしあき コメント
最初はたどたどしい演技でしたが、本当に緊張してたので、それがリアルに伝わっているのかな? と思います。1日新入社員になってみて、緊張感がすごく伝わりました。HAN-KUNの曲を流してもらいながら、バッティングセンターの演技で最初は球を打てず、できないと思っていたのですが、“DE-KI-RU” “DE-KI-RU”というフレーズを聴いていくうちに、やっと球が打てたんです。この歌は勇気づけられる曲だと思うのでぜひ聴いてほしいです。

■HAN-KUN コメント
◇「DE-KI-RU」
2019年、レーベルをユニバーサルミュージックに移籍させてもらって、移籍初となるEPをリリースさせてもらえるお話をもらった際、
季節を彩ることができるような三部作の構成でEPをリリースしたいと思いました。
2019年夏リリースの「Sunshine Love」、2020年冬リリースの「TO-KE-TE」。そして今回リリースさせていただく「DE-KI-RU」は、この春に新生活を迎える方々が、自分と向き合う際に勇気を持って一歩踏み出してもらえるような楽曲として、聴いてもらえたらうれしいです。
また、スポーツ各競技で日々トレーニングしている選手の方々の背中を押せればいいなとも思っています。さらに、この曲を聴いて、感じて、側置いてもらって、未来への一歩を踏み出してもらえたら幸いです。
「そうだ、いいぜ、もっと頑張れ、一人じゃねえぜ もっと頑張れ 出来る」

◇「BANG BANG」
この曲は、自分自身のアイデンティティーを前面に出した現場直撃系のダンスホールになっています。今のトレンド感だったり、オリエンタルなサウンド感を意識しました。イントロで自分の声をボイスサンプリングしたフレーズがあるんですが、「ターバン」という言葉が隠れているんで、ぜひ探してください(笑)


リリース情報

2020.04.19 ON SALE
DIGITAL EP『DE-KI-RU』

※4月8日よりiTunes予約受付開始(EP予約期間は100円プライスオフ)
※iTunes EP購入でデジタルフォトブック付き(配信日よりPCで閲覧可能になります)
※4月8日からのプレオーダー期間に購入した人がTwitterへ購入画像投稿するとHAN-KUN直筆「DE-KI-RU」を抽選でプレゼント!


HAN-KUN OFFICIAL WEBSITE
http://han-kun.134r.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人