ピコ太郎、「PPAP-2020-」の“PPAP”は「ペンパイナッポーアッポーペン」の略ではなかった!

■ピコ太郎が歌う手洗いソング「PPAP-2020-」の“PPAP”が何の略かは、動画の最後で明らかに!

2016年8月、YouTubeに動画『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』をアップしたところ、ジャスティン・ビーバーをはじめ、国内外、様々な有名人がシェア、モノマネ動画を投稿。CNN、BBCなどの大手海外メディアにとりあげられ、世界でいちばん有名な日本人となったピコ太郎。

YouTubeでは、3週連続で再生回数【世界1位】を獲得! 日本人初の快挙として国内外で大きく取り上げられた。

「PPAP」の再生回数は約1億3,300万、「*Ultra」「ロングversion」も含めると合計で約5億回! 一般の人がアップするモノマネなどの関連動画は、合計で約20億再生! 全世界中で大ブレイクを巻き起こし、日本人としては26年ぶりにアメリカビルボードHot 100にチャートイン(77位)を果たした。なお「PPAP」は、ビルボードチャートにチャートインした楽曲の中で「1曲の長さが最短」として、ギネス世界記録に認定されている。

さらに昨年2019年には『PIKO 10 PROJECT』と称した、10週連続でYouTubeにて新曲配信を続けていたピコ太郎が次に送り出すのは、2020年バージョンの「PPAP」!

今回の作品は、世界がウイルスに侵されている昨今、ピコ太郎としても何かできないか? と考え、自主的にプロデューサーである古坂大魔王の自宅で撮影されたもの。

お決まりのフレーズとメロディで、手洗い促進と平和を祈る楽曲(PPAPの替え歌)となっている。

子供たちがこの動画を観てしっかりと手を洗うことになり、少しでも感染防止に役立てば……という思いの込められた、必見の企画動画だ。


YouTubeピコ太郎チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCKpIOnsk-gcwHXIzuk24ExA

ピコ太郎 OFFICIAL WEBSITE
http://avex.jp/pikotaro/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人