「僕たちもあなたのファンです」。BTS、“神写真集”を通じてARMY(=ファン)に感動のメッセージ

2020.03.24

「本当にたくさんの人たちが僕たちを信じて、好きでいてくれているってちゃんとわかっています。だからBTSは、苦しくても苦しくないし、悲しくても悲しくないし、怖くても怖くありません」(RM)

2月に発売されたアルバム『MAP OF THE SOUL: 7』が次々と記録を塗り替えているワールドアーティスト、BTS。

昨年12月に発売された写真集『Dicon BEHIND THE SCENE ~僕たちが一緒なら砂漠も海になる~』の特別サイトでの販売が、3月31日まで延長されたことに加え、貴重な撮影シーンを収めたオフショット映像がYouTube広告で展開されることがあらたに決定した。

いまやファンの間では“神写真集” “BTSのバイブル”とも絶賛されている本作だが、その中で彼らは「ARMY」(=ファン)への感謝と、愛に満ちたメッセージを語っていた。

このたび、その7人の貴重な言葉と、写真集未掲載のスペシャルオフカットが公開された。

(C)Dispatch

<BTS メンバーコメント>
「僕たちと、ずっと一緒に走り続けよう。僕たちは10年後も、20年後も走り続けるから」(BTS)

V:周りの人たちが、みんな僕のことを自慢に思ってくれます。「さすがBTS」。「お前はBTSじゃん」。そうよく言われます。それもみんな、ARMYのみんなのおかげです。JUNGKOOK:僕は誰かの大切な人になりたいし、みんなにとっての永遠の歌手になりたい。絶対に離さない。離れていったら僕が追いかけていきます。まだその方法も、それが通用するのかもわからないけど、離さないようにきっとジタバタすると思う。あらためて、ありがとう、大好きだよ。JIMIN:バックステージから僕を応援してくれるARMYのみんなを見てるとき、ステージに立つ自分たちの姿を見てるとき、僕が歌っているとき、僕の歌を聴いて幸せになってくれたとき、いちばん幸せです。
SUGA:証明し続けるから。信じてついてきて。
RM:みんなの夢や人生に、僕たちの音楽が、少しでも役に立てば十分に僕たちの価値はある。これからも苦しいことやつらいことがあるかもしれないけど、本当にたくさんの人たちが僕たちを信じて、好きでいてくれているってちゃんとわかっています。だからBTSは、苦しくても苦しくないし、悲しくても悲しくないし、怖くても怖くありません。
J-HOPE:咲くときはバラのように、散る時は桜のように、枯れるときは朝顔のように。
JIN:君の苦労は君さえわかっていればいい。

「僕も君のファンです。君が必死に耐える孤独と、戦いと、人生をただ静かに応援するファンです。ステージの片隅で、レコーディングスタジオで、長い時間、音符として、音楽として、僕からのファンレターを送ります。その懐かしい声をぜひ読んでください」(BTS)


書籍情報

BTS(防弾少年団)写真集『Dicon BEHIND THE SCENE ~僕たちが一緒なら砂漠も海になる~』オリジナル JAPAN EDITION

【内容物】
1.豪華仕様220P大ボリューム写真集
2.オリジナルカードセット15枚
3.ポストカードセット10枚
4.日本語翻訳冊子
※全メンバーの超ロングインタビュー&結成エピソードを収録

定価:5,500円+税 ※別途、送料650円がかかります

※写真集『Dicon BEHIND THE SCENE ~僕たちが一緒なら砂漠も海になる~』は所属事務所であるビッグヒットの正式な許諾・協力のもと、出版元のDispatchが制作・販売したもので、光文社がDispatchならびに韓国を代表する新聞社であるスポーツソウルと契約を交わし、日本国内で販売するものです。


リリース情報

2020.02.21 ON SALE
ALBUM『MAP OF THE SOUL : 7』

2020.04.15 ON SALE
DVD&Blu-ray『BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF’-JAPAN EDITION』


販売サイトURL ※3月31日(火)で販売終了。クレジットカード決済のみ対応
https://ec-lite.jp/kobunsha/19bts

光文社公式ECサイト「kokode.jp」  ※こちらは4月1日以降も申し込みを受け付けます。クレジットカード決済および代金引換に対応。
https://kokode.jp/

BTS OFFICIAL WEBSITE
https://bts-official.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人