竹内涼真&鈴木亮平も驚愕! 日曜劇場『テセウスの船』より、 劇中で犯人が綴っていた“犯行日記”の公開がスタート

■Paravi特典映像『完全ネタバレ!犯人の日記大公開』独占配信スタート! 緻密かつ大胆、予測不能な真犯人の犯行を”日記”で振り返る!

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」にて、3月22日に最終回を迎えたTBS日曜劇場『テセウスの船』のParavi特典映像『テセウスの船完全ネタバレ!犯人の日記大公開』が絶賛独占配信中だ。

前編は最終回放送直後より配信スタート。後編は3月29日より配信される。

『テセウスの船』は、殺人犯として逮捕された父親の事件の謎を追う息子が、事件の起きた平成元年にタイムスリップしてしまう人気コミックを原作とした本格ミステリー。主人公の田村心(たむら・しん)をTBSの連続ドラマ初主演となった竹内涼真が演じ、心の父親・佐野文吾(さの・ぶんご)役を鈴木亮平、母親・佐野和子(さの・かずこ)役を榮倉奈々、心の妻・田村由紀(たむら・ゆき)役は上野樹里が演じた。

その他にも、心を怪しんで正体を暴こうとする刑事・金丸茂雄(かねまる・しげお)役にユースケ・サンタマリア、殺人事件のあった小学校の教員・木村さつき(きむら・さつき)役に麻生祐未など、令和と平成、ふたつの時代をまたぐ壮大な事件の鍵を握る人物に、多彩で本格派の俳優陣が集結したことでも注目を集めた。

さらに、原作者の東元俊哉がイベントで、「真犯人は原作とは違うと聞いている」と発言したこともあり、放送が進むにつれ犯人が誰かという「犯人考察」ブームが過熱。放送回を増すごとに謎が深まるドラマの内容と相まって、ネットやSNS上でも様々な意見が飛び交い、話題を呼んだ。そして、最終回でついに事件の黒幕とその動機が明かされた。

■Paravi特典映像の気になる内容は?
今回Paraviで配信される『テセウスの船完全ネタバレ!犯人の日記大公開』は、あの事件は誰が、いつ、なぜ起こしたものだったのか――? を、劇中で犯人が綴っていた“犯行日記”を軸にして描かれるもの。緻密かつ大胆、予測不能な犯行で主人公・田村心と視聴者を翻弄し続けた犯人の視点から、その犯行の一部始終を前編・後編に分けて振り返る内容だ。

Twitterで密かに運営されていた真犯人のアカウント「おじいさんの古い斧」(@gfsoldaxe)の謎めいたツイートの秘密や、地上波本編では明かされなかった事件の裏側の未公開映像も含まれている。

そんな犯行日記の全貌を見届けるのは、本編で犯人に翻弄され続けた竹内涼真(田村心)と鈴木亮平(佐野文吾)。ふたりもはじめて知る事件の裏側に、思わず飛び出す本音トークも見どころだ。事件の裏側を知ることで、もう一度本編を見たくなること間違いなし! Paraviでは、『テセウスの船』の1話から最終話までの全話を独占配信中だ。

さらに、4月6日0時より、未公開シーンを含んだ『テセウスの船ディレクターズカット版』の独占配信も決定。犯行の詳細を『テセウスの船完全ネタバレ!犯人の日記大公開』で把握してから見直すことで、本編をよりいっそう楽しめるはずだ。

■Uru、30日放送の『CDTVライブ!ライブ!』歌唱曲の詳細が明らかに
3月30日に放送されるTBS系『CDTVライブ!ライブ!』でTV初出演を果たすUruが、
『テセウスの船』主題歌として話題を呼んでいる「あなたがいることで」に加えて、「プロローグ」を歌唱する事が決定した。

「プロローグ」は、2018 年にオンエアされたTBS系ドラマ『中学聖日記』のために書き下ろされた、恋の始まりに揺れ動く気持ちや募っていく恋心を描いた楽曲。Uruの名前を世に広めるきっかけになった代表曲のひとつとして、ファンに愛されている。


配信情報

Paravi『テセウスの船 完全ネタバレ!犯人の日記大公開』
◇前編
03/22(日)22:19~
◇後編
03/29(日)21:00~


番組情報

TBS『CDTVライブ!ライブ!』
03/30(月)19:0022:57


リリース情報

2020.02.09 ON SALE
Uru
DIGITAL SINGLE「あなたがいることで」

2020.03.18 ON SALE
Uru
ALBUM『オリオンブルー』


Paravi 配信ページ
https://www.paravi.jp/title/53860

日曜劇場『テセウスの船』番組サイト
https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/

Uru OFFICIAL WEBSITE
http://uru-official.com


[初回生産限定盤(映像盤)/CD+Blu-ray]

[初回生産限定盤(カバー盤)/2CD]

[通常盤/CD]

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人