「映画を作りたい」。sumika、南沙良&清原翔出演のショートフィルム『エンドロール』のダウンロード映像配信決定

■構想7年! sumika・片岡健太の想いが込められた映像作品『エンドロール』

現在発売中のsumikaの新作『Harmonize e.p』に収録されている、楽曲「エンドロール」のショートフィルムのダウンロード映像配信が、3月18日からスタートする。

ショートフィルム『エンドロール』は、sumikaの片岡健太(vo&g)が「映画を作りたい」という想いで、構想から7年かけて願いをかなえた映像作品。通常のミュージックビデオとは違い、セリフもかぶった映像で、今、ドラマや映画など多方面で引っ張りだこの若手俳優、南沙良と清原翔が、夢や現実に向き合いながら悩む恋人同士を演じている。

新作のリリースを記念して、CD発売の翌日に4時間限定でYouTube公開したところ、再生回数10万回を突破。その後、短尺のミュージックビデオバージョンがsumikaオフィシャルYouTubeチャンネルで公開されているが、先に限定公開されたショートフィルムに対して、ファンから、

「めちゃくちゃ感動した」
「涙腺崩壊!」

など多数の熱いコメントを受け、sumikaとして初となるダウンロード映像配信を実施する運びとなった。

“進研ゼミ2020”のCMソングを担当し、竜星涼&犬飼貴丈W主演の全力“脱衣系”映画『ぐらんぶる』(5月29日公開予定)の主題歌に決定するなど勢いの止まらないsumika。今後の動向にも注目だ。


リリース情報

2020.03.04 ON SALE
EP『Harmonize e.p』


ショートフィルム『エンドロール』配信リンク ※3月18日0時配信開始予定 / 配信開始時刻は前後する可能性がございます。あらかじめご了承ください。
sumika.lnk.to/endroll_shortmovie

sumika OFFICIAL WEBSITE
http://www.sumika-official.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人