佐野勇斗&飯豊まりえW主演『僕だけが17歳の世界で』に、山崎賢人がサプライズ出演!「この使い方は贅沢すぎ」

■「イケメン過ぎる通行人」「思わず声出た」

佐野勇斗(M!LK)と飯豊まりえがW主演を務めるオリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』の第4話が、AbemaTVにて3月12日23時から放送された。

第4話には、事前告知されていなかった山崎賢人がゲスト出演。予期せぬ登場にAbemaTVのコメント欄やSNSが盛り上がった。
※山崎賢人の「崎」は、たつさきが正式表記。

『僕だけが17歳の世界で』は、幼なじみの航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)を主人公とするファンタジーラブロマンス。17歳で突然死んでしまった航太が、成長した芽衣の前に、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるというストーリーだ。

■知らなかった母親の再婚にショックを受ける航太!「つらい……」「自分も男だけどこれは泣く」
神社で働く航太を訪ね、しばらく東京に戻らないことを告げた芽衣。所在がわからない母・志乃(石田ひかり)が気がかりだった航太だが、県外からの桜の署名帳の中に母の名前と現住所を見つけ、単身東京に向かう。

しかし、母が再婚することを知り、会わないまま、その場を立ち去る航太。そして、東京に向かった航太を心配した芽衣は東京に駆けつけ、ふたりはそのまま東京観光をすることに。

母親が再婚することを知ってショックを受ける航太に、視聴者からは、

「つらい……」
「自分も男だけど、これは泣く」
「母親モノには特に弱いんです」

など、航太とともに悲しむ声が多く寄せられた。

また、航太と芽衣が思い切って東京観光を楽しむ場面では、

「本物のデートみたい!」
「タピオカデート、うらやま」
「何、この理想のシチュエーション!」

と羨む声も。

そして、写真がうまく撮れずに困っている航太と芽衣に声をかける男性役で山崎賢人が出演すると、

「この使い方は贅沢すぎ」
「思わず声出た」
「いきなりは心臓に悪いって!」
「イケメン過ぎる通行人」

など、驚きと歓喜のコメントが殺到した。

■航太が初めて見せる涙にもらい泣きする視聴者続出!「毎回なんでこんなに泣けるの?」
後日、芽衣は航太の母・志乃が長野を訪れていることを航太に連絡するが、航太は会わないことを選択する。志乃は、航太に申し訳ない気持ちから、再婚に踏み切れないことを芽衣に打ち明けるが、芽衣は毎日を前向きに過ごすことが航太のためだと気づいたと話し、再婚に踏み切れない志乃の背中を押すのだった。

その後、桜の丘を通りかかり航太を見かけた芽衣は、航太にあるものを渡し――。

航太が選んだ“母親に会わない”という選択、そして芽衣が志乃の背中を押す様子に、視聴者からは

「本当は会いたいんだよね……」
「お母さんに会ってほしかったな」
「芽衣の意見に、私も賛成」
「自分も背中押された」

など、多くのコメントが寄せられた。

そして航太が母親を想い、涙するシーンでは、

「今回は神回間違いなし」
「毎回、なんでこんなに泣けるの?」
「感動以外のなにものでもない」
「目から大量に汗が出てきた。なんだこれは」
「演技がうまくて、感情移入しすぎた」
「これはあかん」

など、涙を誘われた視聴者からのコメントが数多く届いた。

■次週、ついに航太の死の真相が明らかに?。伊織が仲間に打ち明けた事実とは?
第5話の予告では、伊織が航太のもとを訪れる様子、そして伊織が「お前らにずっと黙っていたことがある」と、芽衣たちに航太の死の真相を打ち明ける様子が。

視聴者からは、

「来週は伊織もたくさん出るのね!」
「犯人ずっと気になってる」
「来週が待ちきれない」

と、死の真相を気にする声が多く寄せられている。

また、仲が良さそうに料理を楽しむ航太と芽衣の様子には、

「予告だけでキュンキュンしました! 来週が楽しみ」
「羨ましすぎ!!」
「泣けたり、きゅんとしたり、感動したり、忙しい」

など、ふたりの進展を楽しみにする声も寄せられている。

はたして、伊織が打ち明ける7年前の事実とは? そして、再び距離が縮まりつつある航太と芽衣に進展はあるのか? 『僕だけが17歳の世界で』第5話・6話は、3月12日23時から一挙放送。お見逃しなく!


番組情報

AbemaTV『僕だけが17歳の世界で』
放送日程: 毎週木曜夜11時~(全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル
配信URL
https://abema.tv/video/title/90-1342


『僕だけが17歳の世界で』番組公式Instagram(@sakura_neco17)
https://www.instagram.com/sakura_neco17/

M!LK OFFICIAL WEBSITE
http://sd-milk.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人