NCT 127、カンフー映画のカルチャーと“ブルース・リー”をリスペクトした新曲「英雄; Kick It」MVの再生数が爆伸び!

■NCT 127「英雄; Kick It」MVの影響で、韓国では“ブルース・リー”がTwitterのトレンドワード入り!

多国籍ボーイズグループ、NCT 127が、3月5日の0時に、The 2nd Album『NCT #127 Neo Zone』のリード曲「英雄; Kick It」のミュージックビデオを公開した。

「英雄; Kick It」ミュージックビデオは、YouTubeにて生放送形式(プレミア公開機能)にて公開。公開時には、全世界から約20万のアクセスを記録した。

さらにはなんと、ミュージックビデオへの大反響を受けて、ハッシュタグ“#KickItWithNCT127”がTwitterのワールドトレンド1位を獲得。各国のYouTubeの「急上昇ランキング」に次々とランクインし、再生数はグループ史上最速のスピードで増加中だ。なお、3月6日15時の時点で再生数は900万回に達している。

「英雄; Kick It」はNCT 127の真骨頂ともいえる、ハードなヒップホップトラック。トラップをベースにしたサウンドに、攻撃的なギターリフとハングリー精神満点な歌詞が印象的な曲となっている。

この曲がYouTubeで反響を呼んでいるのは、そのユニークなクリエイティブ。楽曲・歌詞・ミュージックビデオの随所に、カンフー映画のカルチャーや、カンフー映画のヒーローである“ブルース・リー”をリスペクトしたポイントが散りばめられている。

ミュージックビデオでは、チャイナタウンをイメージさせるカンフー映画の世界のようなセットのなかで、リーダーのテヨンやマークが華麗なヌンチャクさばきを披露。ダンスの振り付けには、戦う前のブルース・リーおなじみの鼻を掻く仕草や、カンフーモチーフのアクションが取り入れられている。

また、“Like I’m Bruce Lee(俺はまるでブルース・リー)”と歌詞の中にもたびたび登場したブルース・リーの名前は、「英雄; Kick It」の影響から、韓国にてTwitterのトレンドワード入り。ミュージックビデオの大ヒットをさらに印象づけた。

K-POP発の世界的に活躍するアーティストとして、日本アリーナツアーを含め、世界10カ国27都市45公演を完走したNCT 127と、カンフー映画のアイコンとして世界で愛されるブルース・リー。同じアジア発のスターを楽曲の中で重ね合わせるセンスに、米Billboardや米MTVといった世界の各メディアも記事やコメントを発表。高い評価を受けている。

「英雄; Kick It」以外にも粒ぞろいの多彩な計13曲が楽しめる、NCT 127のThe 2nd Album『NCT #127 Neo Zone』は、本日3月6日の日本時間18時に全世界同時配信がスタート。要チェックだ。


リリース情報

2020.03.11 ON SALE
ALBUM『NCT #127 Neo Zone』


『NCT #127 Neo Zone』配信URL
https://avex.lnk.to/NeoZone_STREAMING

NCT Japan OFFICIAL WEBSITE
https://nct-jp.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人