ドラマ『僕だけが17歳の世界で』挿入歌として大反響! MACOが歌う、レミオロメンのカバー「3月9日」配信スタート

2020.03.06

■「こんな日本の名曲を自分がカバーするときがくるなんて、レミオロメンの『3月9日』を聴いていた中学生の頃の自分に教えてあげたいです」(MACO)

人気シンガーソングライターのMACOが歌う、レミオロメンの名曲「3月9日」のカバーの配信がスタートした。

「3月9日」は、佐野勇斗(M!LK)&飯豊まりえW主演のAbemaTVオリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』の挿入歌となった、書き下ろし新曲「桜の木の下」に続いて、同ドラマで異例の“追加挿入歌”となったもの。

ドラマ『僕だけが17歳の世界で』のプロデューサーの藤野良太氏から依頼を受け、卒業ソングの代表とも言えるレミオロメンの名曲「3月9日」をMACOが初めてカバー。アレンジには、数々の人気アーティストのサウンドプロデュースを手がけるトオミヨウが参加。ストリングスが映える、美しく壮大なアレンジとなっている。

サプライズでTikTokで事前に配信された「3月9日」の歌唱動画も100万再生を超え、話題に。今までラブソングひと筋に歌い続けてきたMACOが、大切に歌い上げたカバー曲「3月9日」は必聴だ。

なお、今回の「3月9日」の配信では、アコースティックのピアノバージョン「3月9日(PianoVer.)」もあわせてリリースされている。

さらにリリースにあわせ、オリジナルミュージックビデオのショートバージョンも公開。誰にでもあった学生時代・学生生活を懐古するようなMACOの姿が印象的なミュージックビデオも必見だ。

リリースを記念して、3月9日を皮切りに、3週間にわたって『グノシーQ×MACO』のスペシャル番組の生配信が決定。グノシーアプリ上で生中継配信される番組では、本人の歌唱やプレゼント企画などを予定。いつもは見られないMACOの素顔が垣間見えるかも!?

なお、MACOは、春から5周年イヤーのフィナーレを飾る全国4ヵ所のライブツアーも決定している。

MACO コメント
こんな日本の名曲を自分がカバーするときがくるなんて、レミオロメンの「3月9日」を聴いていた中学生の頃の自分に教えてあげたいです。
AbemaTVオリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』のもう一曲の挿入歌になっている「桜の木の下」と同時進行で制作していましたが、自分の作った曲に比べて、たくさんの方に愛されている楽曲のカバーを歌うのはすごく緊張しました。
この楽曲には、瞼の裏で大切な人を想う、凛として春のようなあたたかな力を感じていたので、気持ちを込めて歌いました。
普段なら卒業シーズンのこの時期、コロナの影響で休校になったり、なかには卒業式がなくなってしまった学校もあるようで、知ったときはとてもやるせなく悲しかったです。
自分の大事な仲間や友達、恋人、そして家族への想いを馳せながら、ぜひこの「3月9日」を聴いてくれたらうれしいです。


番組情報

AbemaTV『僕だけが17歳の世界で』
放送日程: 毎週木曜 23:00~(全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

見逃し配信URL
https://abema.tv/video/title/90-1342


配信情報

『グノシーQ × MACO』スペシャル番組
03/09(月)21:30~
03/17(火)21:30~
03/26(木)21:30~

グノシーのアプリDLはこちら
https://app.adjust.com/g6jrhah_rxgmx0j?campaign=maco


リリース情報

2020.02.14 ON SALE
MACO
DIGITAL SINGLE「恋蛍」

2020.03.06 ON SALE
MACO
DIGITAL SINGLE「3月9日」

2020.03.06 ON SALE
MACO
DIGITAL SINGLE「3月9日(Piano Ver.)」


「3月9日」配信URL
https://lnk.to/sangatsukokonokaWN

『僕だけが17歳の世界で』番組公式 Instagram(@sakura_neco17)
https://www.instagram.com/sakura_neco17/

MACO OFFICIAL WEBSITE
https://maco.futureartist.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人