乃木坂46、4期生出演ドラマ『サムのこと』のTVCMが放映スタート!ナレーションはキャプテン・秋元真夏

■「後輩たちの映像を観ながらナレーションを撮るのはすごく新鮮でした」(乃木坂46・秋元真夏)

乃木坂46が出演するdTVのオリジナル連続ドラマ『サムのこと』のTVCMが、本日3月6日から全国(一部地域除く)で放映開始となる。

乃木坂46の4期生、遠藤さくら、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶、筒井あやめ、矢久保美緒と、グループのキャプテンを務める秋元真夏が出演が出演する『サムのこと』は、同じアイドルグループのメンバーだったサムが亡くなったことをきっかけに集まった元メンバーの4人が当時を振り返る過程で、仲間を失った喪失感が生きる希望へと変わっていく模様を描いた群像劇。

“乃木坂46の今がここにある”をコンセプトにしたTVCMには、ドラマ初挑戦となる4期生メンバーが演技に対して不安を感じている様子や、本編で堂々とした演技を披露する姿などが収められており、メンバーの成長が感じられる内容となっている。

ナレーションは、ドラマで熱血振付師役を演じた秋元真夏が担当。4期生の背中を押すような優しくも力強いナレーションをつけている。

これまで様々なナレーションを経験している秋元だが、TVCMのナレーションは今回が初。しかし、ほぼノーミスで撮影を終えたという。

YouTubeでは、TVCMと秋元のナレーション収録の模様を収めた動画が公開された。要チェックだ。

そして、ドラマの主題歌が4期生が歌う楽曲「I see...」に決定。この曲は、前向きで明るいアップテンポなメロディに乗せ、ドラマのメッセージでもある“わたしたち大丈夫”という想いを力強く表現したナンバー。3月25日に発売される乃木坂46の25thシングル「しあわせの保護色」のTYPE-Dに収録される。

『サムのこと』(全4話)は、3月20日、21日、27日、28日に配信。4月からは4期生の賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜、北川悠理と、2期生の堀未央奈が出演する『猿に会う』もdTVで配信される予定だ。

また、今回のドラマの原作である西加奈子の『サムのこと』(デビュー作『あおい』所収)と『猿に会う」(アンソロジー『東と西1』所収)の初期短編2作を含む短編集『サムのこと 猿に会う』がドラマの配信を記念し、本日3月6日に小学館文庫より刊行される。

西は今回の実写化にあたり、「いろんな意味で、過去の自分にしか書くことができなかった短編たちです。皆さんが、どんなふうに“今”の魔法をかけてくださるのか、とても楽しみです」とコメントしている。

■秋元真夏 コメント
サ行が苦手で“青春時代を過ごした少女たちの再生”という部分が少し難しかったです。後輩たちの映像を観ながらナレーションを撮るのはすごく新鮮でした。また、私がいなかったシーンの映像も観ることができたので、私も早く本編を観てみたいです!


番組情報

dTV『サムのこと』
配信日時:2020年3月20日(金)、21日(土)、27日(金)、28日(土)
配信話数:全4話(各話約20分)
出演:遠藤さくら 掛橋沙耶香 金川紗耶 田村真佑 筒井あやめ 早川聖来 矢久保美緒 / 秋元真夏
山本剛史 村岡希美 中島歩
原作:『サムのこと 猿に会う』西加奈子(小学館文庫)
監督:森 淳一
脚本:三嶋龍朗
協力:秋元康
(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送

dTV『猿に会う』
配信日時:2020年4月予定
配信話数:全4話(各話約20分)
出演:賀喜遥香 清宮レイ 柴田柚菜 北川悠理 / 堀未央奈 ほか
原作:『サムのこと 猿に会う』西加奈子(小学館文庫)
監督:高橋栄樹
脚本:穐山茉由
協力:秋元康
(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送


リリース情報

2020.03.06 ON SALE
Blu-ray&DVD-BOX『乃木坂どこへ 第1巻』

2020.03.25 ON SALE
SINGLE「しあわせの保護色」


TVCM映像
https://youtu.be/-u4bSE7lccM

秋元真夏ナレーション風景
https://youtu.be/AGVOm-JwnyQ

番組公式サイト
https://nogizaka46.dtv.jp

番組公式Instagram(@dtv_nogizaka46)
https://www.instagram.com/dtv_nogizaka46/

番組公式Twitter(@dtv_nogizaka46)
https://twitter.com/dtv_nogizaka46

乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nogizaka46.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人