キンプリ・平野紫耀、『第6回カバーガール大賞』の“メンズ部門”で大賞を受賞!「みんな、どんな反応してるんだろう?」

■「今年もたくさん表紙に起用していただけるように、精いっぱい頑張ります!」(King & Prince・平野紫耀)

本日3月4日、「雑誌の日」を記念して『第6回カバーガール大賞』が発表された。

『カバーガール大賞』は、2019年(1月〜12月まで)に発売され、オンライン書店「Fujisan.co.jp」で取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約1万誌を調査。表紙を飾った回数の多かった女性を選定し、第6回カバーガール大賞受賞者として表彰するもの。

大賞のほかに、エンタメ・コミック・グラビア・ファッションの各部門賞受賞者と、10代20代30代でトップを飾った人々のほかに、2019年に読者やファン、メディアにニュースを届けてくれたカバーガールや雑誌を讃えて、カバーガール大賞実行委員が選ぶ『話題賞』を表彰。

そして今年から、表紙を飾った回数がいちばん多かった“男性”を表彰する【メンズ部門】が新設された。

■今年からあらたに加わった【メンズ部門】初の大賞は平野紫耀!
今回から新設された【メンズ部門】は、2019年に表紙を飾った回数のいちばん多かった男性を表彰する、いわばメンズ版カバーガール大賞。そんなメンズ部門で大賞を受賞したのは、King & Princeの平野紫耀。

平野は、グループではもちろんのこと、個人でも数多くの表紙を飾り、『WiNK UP』(ワニブックス)などのアイドル雑誌に加え、『メンズノンノ』(集英社)などのメンズファッション誌から『andGIRL』(エムオン・エンタテインメント)、『週刊TVガイド』(東京ニュース通信社)、『anan』(マガジンハウス)、『東海ウォーカー』(KADOKAWA)、『日本映画navi』(産経新聞出版)などなど……女性ファッション誌、テレビ情報誌、女性週刊誌、タウン誌、映画情報誌、舞台情報誌と、多岐に渡るジャンルの雑誌に登場。

持って生まれた天才的な天然キャラからバラエティ番組にも引っ張りダコ、主演を務めた映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』は観客動員数180万人を記録する大ヒット作となり、さらに2020年4月にはSexyZoneの中島健人とW主演が話題の日本テレビ系ドラマ『未満警察ミッドナイトランナー』が始まるなど、俳優業でも目覚ましい活躍を見せている。

平野が表紙を飾ったことで増刷、重版される雑誌も多く、さらに本日3月4日発売の『anan』創刊50周年記念特別号という特別な企画でもKing & Princeのメンバーと共に表紙に登場。

今の雑誌業界を牽引していく令和のスター、平野紫耀が堂々の【メンズ部門】の大賞受賞となった。

平野紫耀 コメント
◇メンズ版大賞受賞についての感想
ありがとうございます。 とても光栄です。1年を振り返ると、 たくさん表紙を飾らせていただいたなと思ったのですが、まさか賞を頂けるほどとは思いませんでした。各出版社の皆さんに感謝しております。

◇去年1年間を振り返って
雑誌を含め、バラエティー、 映画、 舞台、 コンサートツアーなど、本当に様々なジャンルのお仕事をさせていただいたなと思います。多くの事を経験させていただき、 とても勉強になりました。

◇今年はどんな1年にしたいか、 意気込みなど
去年より今年、今年より来年と、ステップアップできるように、日々勉強して精進していきたいと思います。どんなお仕事をいただいても、期待に応えられるように頑張ります!

◇平野紫耀が表紙の雑誌を購入しているファンへ向けたメッセージ
こんにちは、こんばんは、平野紫耀ですこのたび、 カバーガールメンズ部門で大賞をいただきました! ありがとうございます。いつも周りのスタッフさんが「この間の表紙、もう売り切れたよ!」と教えてくださったり、増刷や重版のニュースも拝見し、 雑誌を見てくれた皆さんにとても感謝しています。実際撮影しているときに「見てくれたみんなは、どんな反応してるんだろう?」など想像し、ワクワクしながら撮影に臨んでいます。こうして雑誌を見てくれた方々のおかげで、このような賞に繋がったと思っています! 今年もたくさん表紙に起用していただけるように、精いっぱい頑張ります!


第6回カバーガール大賞 特設サイト
http://magazinesummit.jp/covergirl


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人