佐野勇斗・飯豊まりえW主演、ドラマ『僕だけが17歳の世界で』第2話にも大反響!「切なすぎて胸が苦しい」

■奇跡の再会を果たした航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)の前に、一緒に過ごせなかった“7年の壁”が立ちはだかる!

M!LK・佐野勇斗と飯豊まりえのW主演となる最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』の第2話が、AbemaTVにて2月27日23時より放送された。

『僕だけが17歳の世界で』は、幼馴染の航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジーラブロマンス。

見逃しを含めた初回放送の総視聴数が3日間で100万を記録し、現在は160万を突破。主題歌であるACE COLLECTIONの「70億にただ1つの奇跡」も、LINE MUSIC 邦楽ROCK TOP100で堂々の1位を獲得し、音楽からもドラマを盛り上げている。

■7年ぶりの再会を果たした航太と芽衣の姿に視聴者感涙!「感動しすぎて涙止まらない」
満開の桜の丘に現れたのは、7年前にこの世を去ったはずの航太(佐野勇斗)だった。驚いた芽衣(飯豊まりえ)は思わずその場から逃げ出し、亮平(渡辺佑太朗)に報告する。さらに、その場にはるか(大友花恋)も現れ、航太が走っている姿を見かけたという。もう一度航太に会いたいと思った芽衣は再び桜の丘を訪れるも、その姿はない…。その後、神社で「もう一度、航太に会わせてください」と手を合わせた芽衣は、境内で袴姿の航太を発見する――。

7年ぶりに再会を果たした航太と芽衣の姿に、視聴者からは、

「1話に引き続き泣ける…」
「感動しすぎて涙止まらない」
「芽衣の涙が、会えなかった7年間を物語ってる」
「再会できてホントよかった…」
「この調子だと、毎話ハンカチ用意しないと観られない気がする」

などの感動コメントが、AbemaTV内のコメント欄とSNS上に数多く投稿された。

■17歳の“あの日のまま”の航太と、24歳になった芽衣。“7年の壁”が原因で早くもすれ違ってしまうふたり
航太が戻ってきたことをきっかけに、バラバラになっていた航太、芽衣、はるか、亮平が7年ぶりに集まる。だが、そこにはもう1人の仲間、伊織(結木滉星)の姿がなかった。後日、航太は住み込みで働く神社で7年前に芽衣が書いた桜絵馬を見つけ、“あの日”の告白の続きをしようと決心し、芽衣を桜の木の下に呼び出す。しかし、桜の木の下で航太が目撃したのは、芽衣ともうひとりの姿だった。

再開を果たした喜びも束の間、早くもすれ違う航太と芽衣の姿に、視聴者からは、

「せっかく再会できたのに」
「切なすぎて胸が苦しい」
「どうにかこの壁乗り越えてほしい」

といったコメントが殺到。

また、今の自分を否定された芽衣が航太に向かって発した言葉について、

「芽衣のセリフに共感」
「一緒に過ごせなかった7年が大きすぎる…」
「確かに7年経ったら人は変わっちゃうよね」

など、共感のコメントが数多く寄せられた。

■“あの日”航太に何があったのか? 伊織はいったい何を知っているのか?
第3話の予告では、頭を抱えながら伊織が声を荒げる様子、そして、芽衣が東京に帰ると航太に告げる様子が。

視聴者からは、

「伊織の事情が気になる…」
「あの日の鍵を握ってるのは伊織っぽい」
「航太と芽衣、このまま離れ離れになっちゃうの!?」

と、早くも次回の展開を気にする声が多く寄せられている。

あの日、航太に何があったのか? 伊織は何を知っているのか? そして、すれ違うふたりの恋の行方は……? 気になる展開が続く第3話は、3月5日23時から放送される。


番組情報

AbemaTV『僕だけが17歳の世界で』
放送日程: 毎週木曜 23:00~(全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

見逃し配信URL
https://abema.tv/video/title/90-1342


M!LK OFFICIAL WEBSITE
http://sd-milk.com/

『僕だけが17歳の世界で』番組公式 Instagram(@sakura_neco17)
https://www.instagram.com/sakura_neco17/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人