ジェニーハイのひとつ先のエンターテインメントを浴びまくった芦沢ムネト【イラストLIVEレポート】

フテネコの生みの親・芦沢ムネトによる、イラストLIVEレポート。今回は『ジェニーハイ ONEMAN TOUR 2020「みんなのジェニー」』ファイナルへ。お笑い芸人の前説から始まった、音楽ライブにはない“ジェニーハイだからこそ”実現できる唯一無二のエンターテインメントに何を感じたのか。

【イラストLIVEレポート】
ジェニーハイ

ジェニーハイ ONEMAN TOUR 2020「みんなのジェニー」
2020.02.18@Zepp Divercity Tokyo


ガッキーこと新垣 隆の登場に黄色い声援が響いた会場

天竺鼠の前説が終わり、「ライブスタート!」の合図で映像が流れメンバーが出てくるんですけど、階段からひとりずつ川谷絵音(g、produce)くん、次いで新垣 隆(key)さんがゆっくり降りてくると「キャー!」っていう歓声が大きくて。新垣さんのアイドル的な人気っぷりに驚きました。

新垣 隆(key)

ジェニーハイ中毒の始まり

1~2曲は楽器を弾かずにラップをするんです。(いわゆるバンドのライブを想定しているから)最初頭が追いついてなかったんですけど、曲はカッコ良いし、気づいたら歌詞も頭に入ってきちゃう、謎の中毒性があり。飛び込んでくる情報を反射的に楽しむ“TikTok”のような空気だな~と感じました。

小籔千豊・野性爆弾 くっきー!、音楽に向き合う芸人たちの姿

くっきー!(b)

だいたい3曲目ぐらいからですかね? 楽器を弾き始めるんですけど、野性爆弾のくっきー!(b)さんってすごくベースが似合うんですね、体型とベースが本当にマッチしていてカッコ良いし演奏もうまい。そして、無意識的に見入ってしまうステージに映える方でした。

小藪千豊(ds)

そのいっぽうで、小籔千豊(ds)さんのドラムはまた別の味わいがあって。くっきー!さんとは対照的に姿勢がめちゃくちゃ良いんですよね。あんなに多忙な人が、こんなにも“当たり前”に一生懸命ドラムを叩いてチキチキやってるのがすごくカッコ良くてズルいなって。「やるからには手を抜いてはいけない」という誠意や、「音楽やる時には一切ボケません」っていう音楽への愛情が強いですよね。

ジェニーハイは最強のチームだった


tricotの中嶋イッキュウ(vo)さん含め、この5人……改めてキャラが強すぎですよね。もうね、わけがわからない!(笑) メンバーそれぞれのフィールドで活躍されているいるので、いうならば各地のヒーロー集めたらこうなるだろうなっていう。みんなキャラが強いし、ソロでも十分成立するんでしょうけど、この個性の塊5人が集まった時の化学反応が凄まじいわけですよ。最強のチームになるんですよ、これまたズルいなっていう(笑)。

“音楽ライブ”という枠を超えたカオス


……と、もっともらしいことをここまで語ってきましたが、ジェニーハイのライブはここからが見ものでした。ヘチマを振ったり、突然壇上に上がってラインダンスをしたり、再度言いますけど、意味がわからないんですけど見ていられるんですよ!

中嶋イッキュウ(vo)

曲もしっかりしているし、演奏もちゃんとしている。途中、曲作りコーナーが始まったんですけど、「これはもう何を見ているんだろう……」っていう。テレビを観ているのか、音楽を聴いているのか、ちょっとしたカオスに突入してました(笑)。

ギタリスト・川谷絵音


さらに注目するポイントとしては、ギタリスト・川谷絵音を堪能できるところ! 彼のギターは聴いただけで「川谷絵音だ!」とわかるし、演奏もうまいし、彼がこのバンドを音楽的にコントロールしているんだなと。だからこそ、みんな自由に各々の個性を出し切ることができるという。

川谷絵音(g, produce)

笑って、そして、ビートに乗って


恒例のお客さんチェック! さっきまで笑っていたお客さんが、曲が始まると海外アーティストを聴く時みたいにビートに乗ったり、こんなことって普通ないんですよ。手を叩いて笑っていた人が、気づいたら体を揺らしているって、ライブでやテレビ、映画でも起きないことなんですよね。そのごちゃまぜ感がハイブリッドだなと。

アイナ・ジ・エンド(BiSH)の贅沢な使い方


元々はパネルで「今回来れませんでした……」って空気になった時に、「いや! いるいるー!」ってめちゃくちゃヌルっとライブの終わりでアイナ・ジ・エンドさんが出てきたんですよ。アイナ・ジ・エンドさん本人がツッコミしながら出てくるって、何やらせてるんだ! 最高かよ!!(笑)

アイナ・ジ・エンド(BiSH)

才能が集まって完成した新しいエンタメ


全体を通して、今までにない新しさを体験するライブでした。今のエンタメのひとつ先のことを実はやっているんじゃないかなと思うと、ハッとさせられましたね。いろんな才能を持っている人たちがバンドを組んでこんなに自由に楽しめたら最高ですよね。その結果、今まで見たことのないライブを目撃してしまいました。これを続けていくと、いつの日かジェニーハイがスタンダードになるんじゃないでしょうか。

イラスト & TEXT BY 芦沢ムネト
テキストまとめ:M-ON! MUSIC 編集部
LIVE PHOTO BY 鳥居洋介

SETLIST

01.ジェニーハイのテーマ
02.愛しのジェニー
03.ランデブーに逃避行
04.ダイエッター典子
05.強がりと弱虫
06.ヘチマラップ
07.バレンタイン泥棒
08.グータラ節
09.シャミナミ
10.プリマドンナ
11.東京は雨
12.良いんだって(新曲)
13.ジェニーハイラプソディー
14.不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)
15.片目で異常に恋してる
[ENCORE]
01.ジェニーハイボックス(新曲)
02.まるで幸せ


プロフィール

中嶋イッキュウ(vo)、川谷絵音(g, produce)、くっきー!(b)、新垣隆(key)、小藪千豊(ds)。2018年より活動開始。

ジェニーハイ OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2019.11.27 ON SALE
ALBUM『ジェニーハイストーリー』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • 芦沢ムネト

    芦沢ムネト

    アシザワムネト/1979年東京生まれ。多摩美術大学映像演劇科卒。お笑いユニット「パップコーン」のリーダーとして活躍する傍ら2011年末よりTwitterで掲載した癒し系キャラクター「フテネコ」が話題を呼び、現在Twitterのフォロワー数は13万を超える。音楽雑誌「ワッツイン」では、対談連載「芦沢ムネトのネコの手も借りたい!」を掲載中。