きゃりー、『映画クレヨンしんちゃん』最新作で本格的に声優に挑戦!「しんちゃんは、私にとって“救いのヒーロー”です!」

■「きゃりーちゃんからの愛のバトン、しっかり受け止めるゾ(ハート)」(野原しんのすけ)

1990年より『漫画アクション』で連載が開始され、その後1992年にアニメが放送されて以来、長い間愛され続けている国民的アニメ『クレヨンしんちゃん」。映画シリーズも毎年大ヒットを記録し続け、全国の老若男女に笑いと感動を届けている。

そして、今年も大人気シリーズ28作目となる最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』が4月24日に公開決定!

今回のしんちゃんの舞台の始まりは、地上のラクガキをエネルギーに浮かぶ王国・ラクガキングダム。ところが地上では、時代の流れかめっきりラクガキが減り、王国は崩壊の危機に直面していた。「ラクガキングダム」の王国軍は国の命運をかけて無理やり人間にラクガキをさせる作戦「ウキウキカキカキ作戦」を決行し、地上への進撃を開始! その下にはなんとしんのすけたちが暮らす春日部が!

しんのすけはひょんなことから手に入れた、描いたものが実現する“ミラクルクレヨン”で描いた“ほぼ四人の勇者”たちと共に、無事、春日部を救うことができるのか!?

このたび、ラクガキングダムを救うため、“ミラクルクレヨン”を勇者しんのすけに託し、共に世界を救おうと奔走するラクガキングダムの姫役の声優が、クレヨンしんちゃんの大ファンであるきゃりーぱみゅぱみゅに決定! きゃりーは、『映画クレヨンしんちゃん』でアニメ作品の声優に本格的に挑戦する!

きゃりーぱみゅぱみゅは、2012年にTVアニメ放送のオープニングテーマ「キミに100パーセント」が起用され、歴代オープニングテーマの使用期間最長記録を保持。さらにTVアニメ版で、きゃりー自身が“本人役”として登場を果たし、さらには2014年『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』では自身初の映画主題歌を担当するなど、自他ともに認める『クレヨンしんちゃん』ファミリーだ。

なお、声優としてはNHK Eテレの番組『u&i』のキャラクター「メッチャカ」を務めており、制作サイドはそれを観て、「この声の持ち主は誰だろう?」と驚き、のちにきゃりーだと知り、今回の出演をオファー。

きゃりー自身、原作を読み込んでいたほどの熱烈なファンと語る『クレヨンしんちゃん』で。このたびついに、自身のキャリアとして本格的に声優業にチャレンジすることとなった。

今春に世界最大級の海外音楽フェスへの出演が決定するなど、オリジナリティ溢れる楽曲とファッションを掛け合わせた活動で、世界中を魅了し続けているきゃりーだが、『クレヨンしんちゃん』の世界に入って声優活動を始めることについて、「以前、テレビアニメシリーズで本人役で出させていただいたときは、素のままで出させていただきましたが、今回は普段言ったことがない声のバリエーションに挑戦して、違った一面を楽しんでできたらいいな」と意気込みを語る。

さらに、きゃりーが「愛すべき存在で私にとっての救いのヒーロー」と語るしんのすけからも、きゃりーとのミラクルゥ〜な再タッグに、興奮気味な様子のコメントが到着。

そしてこのたび、声優決定に留まらず、本作のテーマともなる“ラクガキ”にちなんだ「ラクガキ応援大使」への就任も決定! 気になる活動内容は追って発表される。

■きゃりーぱみゅぱみゅ コメント
以前、TVアニメシリーズで本人役として素のままで出させていただきましたが、今回はお姫様役で本格的に声優に挑戦するので、これまでとは違った一面を楽しんでできたらいいなと思います。
テストで100点を取るとお父さんが原作漫画を1巻ずつ買ってくれて、小学生のころから集めて読んでいたしんちゃん。苦手な勉強を頑張らせてくれたしんちゃんは、私にとってまさに“救いのヒーロー”です!
しかも本作では、漫画に登場しているエピソードをもとに今回映画化されるということで、しんちゃんのファンとしてうれしいですし、ずっとしんちゃんが好きな皆さんにも楽しんでいただけると思います!

■テレビ朝日プロデューサー コメント
これまで、テレビシリーズに映画にと、素敵な主題歌たちで作品に彩りを添えてくださった、きゃりーぱみゅぱみゅさんが、再びこの世界に帰ってきてくださいました! 今回、原点回帰の意味も込め、原作にあるエピソードから着想を得て企画を立ち上げたのですが、同じく原作から『クレヨンしんちゃん』の大ファンでいてくださるきゃりーさんに、声優という新しい形でご参加いただくことがかない、ますます深〜いおシリあいになれるかと思うと、これほど心強いことはありません!
今回演じていただくラクガキングダムのお姫様は、一見、幼く頼りなさそうに見えるものの、その実とても正義感に溢れ、行動力のある、芯の強い役どころです。
以前、他局の番組でキャラクターの声を務めているのを拝聴した際、かわいらしくてピュアな声色にも関わらず、わざとらしかったり子供っぽくなりすぎたりしない、年齢不詳なこの声の持ち主は誰だろう! と驚いたのですが、のちにそれがきゃりーさんだと知り、いつかご一緒できたらと夢見ていました。声優本格チャレンジとなる本作ですが、きゃりーさんにしか表現できない魅力的なヒロインがスクリーンに誕生するものと楽しみにしています!

■野原しんのすけ コメント
シュシュッポッポ! シュシュッポッポ!! ポッポー!!
きゃりーちゃん、また会えて、オラとってもうれしいゾ!
今度の映画では、ラクガキングダムのお宝「ミラクルクレヨン」をオラに託してくれるお姫様役なんだよね?
きゃりーちゃんからの愛のバトン、しっかり受け止めるゾ(ハート)
しかも、オラと一緒にラクガキ応援大使もしてくれるなんて、楽しいことがいっぱい過ぎて、ドキがムネムネ〜。
オラときゃりーちゃんのミラクルゥ〜なコンビネーション! 映画館で楽しめば〜。


映画情報

『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』
4月24日(金)全国東宝系公開! 観に来てクレヨ〜ン
原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:京極尚彦(『ラブライブ!』『宝石の国』)
脚本:高田亮(『婚前特急』『そこのみにて光輝く』)・京極尚彦
製作:シンエイ動画・テレビ朝日・ADKエモーションズ・双葉社
声の出演:小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ、神谷浩史
声の特別出演:山田裕貴、りんごちゃん
ラクガキ応援大使:きゃりーぱみゅぱみゅ
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020


『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』作品サイト
http://www.shinchan-movie.com/

きゃりーぱみゅぱみゅ OFFICIAL WEBSITE
http://kyary.asobisystem.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人