「EXILEのMATSU(松本利夫)がEXILEに見えないのがいい」。泉谷しげる、井筒和幸監督最新作『無頼』を語る

■映画『無頼』、主題歌が泉谷しげるの「春夏秋冬〜無頼バージョン」に決定!「あんないい歌を本当に俺が作ったのか、疑問です(笑)」(泉谷しげる)

『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』など、デビュー以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を、冷徹かつ共感に満ちた視線で描き続けてきた井筒和幸監督。その8年ぶりとなる新作『無頼』が、5月16日より新宿 K’s cinemaほか、全国順次ロードショーにて公開される。

主人公は、誰もが“欲望の資本主義”を追いかけた戦後日本そのもの。激しく変転を続けた昭和という時代が、世間という“良識の監獄”の外側で生き抜いたヤクザ者たちの群像劇を通して逆照射される。

そしてこのたび、作品の主題歌が泉谷しげるの「春夏秋冬〜無頼バージョン」に決定。映画のためにあらたに収録され、CDアルバム『無頼全曲集~春夏秋冬~』の収録曲として5月に発売される。

また、今回、泉谷しげるが『無頼』予告編のナレーションを担当。泉谷が劇場用映画の予告編ナレーションを手がけるのは、自身初の試みとなる。

泉谷しげる コメント
今回、8年ぶりの井筒監督の作品で、主題歌と予告編ナレーションを担当しました泉谷しげるです。
予告編を観ただけで面白かったですね。何がいいかというと、昭和の色ですかね。
それを今やっているのがいい。EXILEのMATSUがEXILEに見えないのがいい。
予告編で期待しています。観に行っちゃいます。
(ナレーションの声は)我ながら、自分でいい声だなと思いました。
皆さん、気がついてくれるでしょうか?
(映画の)主題歌に「春夏秋冬」という50年以上も前の曲が選ばれたのですけど、歌というのはどの世代、どの環境にいる人たちにもテーマとして流れるものだとしたら、それは大変幸せなことで。それがサラリーマンだろうが、普通の主婦であろうが、どんなものでも映像のバックに使っていただけるとしたら、それは大変名誉なことではないかなと思います。あんないい歌を本当に俺が作ったのか、疑問ですが(笑)井筒監督の作品に合うように新しくアレンジし直したので、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。


映画情報

『無頼』
5月16日(土)より新宿 K’s cinema ほか全国順次ロードショー
監督:井筒和幸
出演:松本利夫(EXILE)柳ゆり菜 中村達也 ラサール石井 小木茂光 木下ほうか 升毅
配給:チッチオフィルム
(C)2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム


リリース情報

2020年5月発売予定
泉谷しげる
ALBUM『無頼全曲集~春夏秋冬~』


泉谷しげる OFFICIAL WEBSITE
http://www.wagasha.co.jp/

映画『無頼』作品サイト
www.buraimovie.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人