23年ぶりのライブ共演! 岸谷香、盟友・森高千里とおそろいのミニスカートで「17才」を披露

■元プリンセス プリンセスのリーダー兼ベーシスト・渡辺敦子と、岸谷香のユニット“おりあつ”も登場!

2月15日、東京・六本木EXシアター六本木にて『岸谷 香 感謝祭2020』が行われた。

このライブイベントは、岸谷 香が音楽人生に感謝し、ゲストとともにスペシャルコラボを行う企画として行われるもの。今回の公演は、記念すべき初回公演となった。この日、本人と30年来の盟友である森高千里と、元プリンセス プリンセスのリーダー兼ベーシストの渡辺敦子をゲストに迎え、華々しく幕が切られた。

森高千里とは、岸谷がプリンセス プリンセス時代の当時から共演をしてきた音楽仲間であり、お互いに親となってからはママ友でもあるという、公私ともに30年来の友人関係。テレビでは、2017年のCX『FNSうたの夏まつり ~アニバーサリーSP~』で工藤静香とともに共演。2019年には岡本真夜とともにCX『MUSIC FAIR』にて共演したことも記憶に新しい。TVで同じ舞台に立つことは多かったが、ライブでは1997年、武道館で行われた『Act Against AIDS ‘97』以来、23年ぶりの共演となる。

渡辺敦子とは“おりあつ”というユニットで、2013年から活動。このたび2015年以来5年ぶりとなるファン待望の共演となった。

およそ1,000人のファンが総立ちで応える中、本公演のゲストを紹介するように、自身の楽曲「Unlocked」から森高の「私がオバサンになっても」とプリンセス プリンセス時代の楽曲「スパイ イン ラブ」を含むメドレーを早くも披露。

幕開けしてすぐに会場のボルテージは最高潮となり、歓声が鳴りやまない中、森高のライブパートに突入。演奏は、引き続き岸谷のガールズバンド“Unlock the girls”が務め、1曲目の「気分爽快」から会場がひとつになって盛り上がった。

さらに森高が「次はこの曲!」と言うと、「17才」のイントロが鳴り響き、岸谷が森高の「17才」のキラキラミニスカートの衣装を着用して再登場。ふたり揃って「17才」のスカートで、タイトルどおりの若々しいユニットダンスと歌を披露し、会場はふたりを呼ぶ声と歓喜の声に包まれた。

岸谷と森高は「私たちは、この『17才』という曲の頃、TV番組で一緒になって出会ったんだよね。当時は89年だったね。あれから30年経って、こうしてまたコラボできるのはうれしいね!」とその喜びを分かち合った。

その後、当時のお互いの47都道府県全県ツアーの思い出を語り、「ロックンロール県庁所在地」を披露。ふたりは、共にギター&ボーカルでコラボし、大盛況となった。

最後は「Diamonds<ダイアモンド>」で、森高はドラム&ボーカル、岸谷はギター&ボーカルで、今宵限りのスペシャルガールズバンドとなり、華々しい演出でファンを魅了。渡辺敦子とのユニット“おりあつ”も、惜しみなく3曲を披露し、その後も岸谷の楽曲を“Unlock the girls”として演奏。まさに、岸谷の音楽に対する愛と情熱が存分に感じられる“感謝祭”となった。

2月17日に53歳を迎えた岸谷 香。5月からはガールズバンドによる全国ツアーも控えている。そのバイタリティはもちろん、音楽的にも進化を続ける岸谷 香の精力的な活動に注目だ。


岸谷 香 OFFICIAL WEBSITE
http://kaorikishitani.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人