岡崎体育、『OKAZAKI ROCK FESTIVAL 2020』で注目の3アクトが豪華競演!(※ただし、すべて岡崎体育)

■英国バンド・CHECKMATE BROTHERS(※)の突然の出演キャンセルを乗り越え、地元・関西では初となるアリーナ単独公演を開催!(※これも岡崎体育)

昨年6月に、7年間自身の夢と公言してきた、さいたまスーパーアリーナ(以下SSA)でのワンマンコンサートを大成功裡に終えた岡崎体育が、今度は地元・関西では初となるアリーナ単独公演を、2月11日にエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)にて開催した。

チケットは一般発売と同時にソールドアウト(5,500人)。正式なワンマン公演としては、前述のSSA以来となる。

今回は、『OKAZAKI ROCK FESTIVAL 2020』と題し、メインアクトの岡崎体育をはじめ全4アクトの出演が発表されていたが、前日に急きょ<CHECKMATE BROTHERS>の出演キャンセルが発表され、<ポテト探検隊><DJツキユビ with 主治医>、そして<岡崎体育>の全3アクトの出演となった(結局、すべて岡崎体育)。

前回のSSAでは、

1. 花道が細い
2. センターステージの飾りがえのき
3. 警備員に藤木直人が紛れ込んでいる

などの演出が盛り込まれていたが、今回も、

1. 入場ゲート前に提灯の献灯
2. アリーナ列の名前が会場にちなんでスポーツ競技名
3. セットチェンジ時にステージ上の巨大モニターで観客をいじる

などきめ細かな趣向が用意された。

会場が暗転し、フェスさながらのアタック映像でトップバッターとして紹介されたのは<ポテト探検隊>。ボーカルの芋村(岡崎体育)擁する、全員苗字に“芋”が付く4ピースロックバンドだ。全員カラフルな色違いのトレーナーでステージに登場し、芋村の「ポテト探検隊、『OKAZAKI ROCK FESTIVAL 2020』!」の掛け声で演奏がスタート。1曲目は、昨年TikTokの年間楽曲ランキングで1位を獲得した「なにをやってもあかんわ」。TikTokでのヒット要因となった楽曲の見せ場(?)でもある“腹太鼓”を観客全員で行うなど、疾走感あるパンクサウンドで会場を一気に盛り上げた。

続く代表曲「鴨川等間隔」で早くも会場を一体感で包み込み、心地よいバンドアンサンブルを響かせる。MCでは、芋村(vo)からメンバー全員が“繊細”なキャラクターの持ち主であることを紹介。やたらと楽器の汚れを気にしたり、髪型を気にするメンバーをいじると、その流れから繊細なメロディーが耳に残る「チューリップ」、そしてバンドアレンジがエモーショナルなバラード「式」が披露された。この日のために用意されたという新曲「やさしくなりたい」では、バンド演奏が終わると見せかけて、演奏陣がなかなか演奏をやめてくれず困惑する芋村に会場からは笑いがおき、同時に芋ヶ辻(g)の流麗なギターソロや芋田(ds)のパワフルなドラミングに盛大な拍手がまきおこった。しかし最後はリーダーの芋東(b)のヘタすぎるベースソロが会場の失笑を招くというお粗末な展開に。芋村からのツッコミでようやく茶番劇に終止符をうつという演出に会場が和んだ。最後はSSAで感動的なパフォーマンスを魅せた「エクレア」を観客と合唱し、拍手渦巻く中ステージをあとにした。

続く2番手として登場したのは、DJツキユビとMC主治医からなる音楽ユニット<DJツキユビ with 主治医>。レコード会社の一社員に過ぎないDJツキユビがメインステージ対岸に据えられたサブステージに登場しパフォーマンスをスタート。そこに白衣をまとったMC主治医(岡崎体育)が威風堂々と登場。「皆さん健康ですか〜」と挨拶し、ストイックなビートにあわせて観客を煽っていく。彼らのメジャーデビューシングル「やめてまえ」では、MC主治医のフリにあわせてDJツキユビのスーパースクラッチプレイが始まるも、その名の通り“突き指”してしまうという醜態をさらして笑いを誘う。その後も楽曲は途切れることなく、「割る!」「弱者」「Instant Blade」「Stamp」のノンストップミックスで約20分に及びフロアをひとしきり沸かせ続けた。

舞台は再びメインステージに移り、いよいよ本日のメインアクト<岡崎体育>が登場。この日のために書き下ろされた新曲「Enter」にあわせて、お馴染みのBASIN TECHNOパーカーで登場。じゃんけんで踊れる人を限定する「R.S.P」や、「Open」などのダンスチューンで観客を踊らせる。「岡崎体育です! やっと名のれたわ(笑)」と挨拶。また、登場でイヤモニの受信機を入れた腰のベルトがとれてしまったことにふれ「太りすぎてるので腰のベルトが外れてしまいましたー」と苦笑い。そして「16時間で書き上げた」という、インターネット上の喧嘩を揶揄した新曲「Fight On The Web」をはさんで、「FRIENDS」や「Voice Of Heart 2」「感情のピクセル」など代表曲のオンパレードに、終始オーディエンスは満面の笑みでそのパフォーマンスを楽しんだ。最後は、初披露となる新曲「Eagle」の祝祭感溢れるメロディーとビートにオーディエンス全員が包まれた。

アンコールは、盛り上がり必至のEDMチューン「XXL」。楽曲の終わりに「岡崎体育、第2章始まります!!」と叫んで、約2時間15分に及ぶ単独自演フェス『ORF2020』を締めくくった。終演後、この日の出演者をステージに呼び込み、観客をバックに記念撮影を行うと、最後はステージウィングからスタンド席にかかる階段を駆け上り、「SSAのときはトロッコで皆さんの近くまで行ったんですけど、お金が無くなったんで今回キックボードで回りまーす!」と来場者に謝意を伝えながらスタンド席を一周するというサプライズで観客を喜ばせた。その後アリーナの外周をまわって再びステージに戻り、最後は「Voice Of Heart 2」の決め台詞「みんな、愛してるよ」と語り、鳴りやまない拍手の中ステージをゆっくりと去っていった。

<セットリスト>
【ポテト探検隊】
1. なにをやってもあかんわ
MC
2. 鴨川等間隔
MC
3. チューリップ
4. 式
MC
5. やさしくなりたい ※新曲(初披露)
MC
6. エクレア

【DJツキユビ with 主治医】
1. NON-STOP TSUKIYUBI MIX ※初披露

【岡崎体育】
1. Enter ※新曲(初披露)
2. R.S.P
3. Open
MC
4. Fight On The Web ※新曲(初披露)
MC
5. FRIENDS
MC
6. Voice Of Heart 2
MC
7. 感情のピクセル
8. Eagle ※新曲(初披露)
<En>
1. XXL


リリース情報

2019.010.30 ON SALE
DVD&Blu-ray『岡崎体育ワンマンコンサート「BASIN TECHNO」@さいたまスーパーアリーナ(2019.6.9)』


岡崎体育 OFFICIAL WEBSITE
http://okazakitaiiku.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人