スカパラ、ゲストボーカルにaikoを迎えての新曲が完成!「自分たちは幸せすぎます」(谷中敦)

■「東京スカパラダイスオーケストラのゲストボーカルに任命していただき、本当に本当に夢みたいで、今もこれから先も私はずっと幸せです!!!」(aiko)

東京スカパラダイスオーケストラのデビュー30周年を記念したベストアルバム『TOKYO SKA TREASURES 〜ベスト・オブ・東京スカパラダイスオーケストラ〜』(3月18日リリース)に収録される新曲のゲストボーカルが、aikoであることが発表された。

これは、2月7日に放送されたテレビ朝日系『ミュージックステーション』の放送時間内に流れた、スカパラのベストアルバム告知CMのなかでの発表されたもの。

告知CMでは、谷中敦(Baritone sax)がナレーションをつとめ、「めくれたオレンジ feat. 田島貴男」「カナリヤ鳴く空 feat. チバユウスケ」「美しく燃える森 feat. 奥田民生」「星降る夜に feat. 甲本ヒロト」「Paradise Has No Border feat. さかなクン」「道なき道、反骨の。 feat. Ken Yokoyama」「明日以外すべて燃やせ feat. 宮本浩次」「リボン feat. 桜井和寿」……とミュージックビデオが順次流れるなか、谷中のバリトンボイスがあらたなゲストボーカルを“aiko”と発表すると同時に、英国調のカラーストライプスーツを身にまとったスカパラとaikoの10人が、太陽の下で優しく微笑んでいる最新ビジュアルも公開となった。

スカパラのゲストボーカルと言えば、メンバーによる作曲、谷中による作詞で、2001年から2002年にかけて田島貴男、チバユウスケ、奥田民生をゲストボーカルに迎えて挑んだ“歌モノ”シングル3部作を皮切りに、ベストアルバムにも収録されているハナレグミ、Chara、甲本ヒロト、伊藤ふみお、Crystal Kay、斉藤和義、中納良恵、アンジェロ・ムーア、細美武士、尾崎世界観、片平里菜、Ken Yokoyama、斎藤宏介、峯田和伸、TOSHI-LOW、宮本浩次、桜井和寿といった、数々の素晴らしいボーカリストが、スカパラの“歌モノ”の系譜を彩ってきており、さらに、10-FEET、MONGOL800、ASIAN KUNG-FU GENERATIONは、ゲストボーカルという枠を飛び越えて、バンドコラボ3部作としても話題を呼んだ。

デビュー30周年イヤーの締めくくりとなるこのタイミングで、スカパラが奏でる“トーキョースカ”サウンドに、aikoがいったいどんな歌声を乗せて、届けてくれるのか。気になるタイトルは「Good Morning~ブルー・デイジー feat. aiko」。作曲は沖祐市(Keyboards)、作詞は谷中が担当。続報を楽しみに待とう。

なお、本日オンエアされたCMに、谷中による別のナレーションがついたCMがYouTubeにて公開。その名も“谷中絶叫Ver.”。こちらもお見逃しなく!

■aiko コメント
初めて音合わせをしたときも、レコーディングしたときも、MV撮影のときも、全部最高に楽しくて仕方なかったです。
東京スカパラダイスオーケストラのゲストボーカルに任命していただき、本当に本当に夢みたいで、今もこれから先も私はずっと幸せです!!!

■谷中敦 コメント
いい思い出のなかで咲いた花は、生涯枯れないと思っています。
今回のコラボレーションで咲いた花も、ずっとずっと大切にします。
aikoちゃん! 心震える素晴らしい歌を、かけがえのない真心を、本当にどうもありがとう。
自分たちは幸せすぎます。


リリース情報

2020.03.18 ON SALE
ALBUM『TOKYO SKA TREASURES 〜ベスト・オブ・東京スカパラダイスオーケストラ〜』


aiko OFFICIAL WEBSITE
http://aiko.com

東京スカパラダイスオーケストラ OFFICIAL WEBSITE
https://www.tokyoska.net

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人