“素足”でのパフォーマンスに大反響! BTS、米・人気トークショーで芸術的ステージを披露

2020.01.30

■番組では、司会のジェームズ・コーデン、俳優のアシュトン・カッチャーとかくれんぼをして楽しむなど、BTSメンバーのフレンドリーな魅力もアピール!

BTSが1月28日(以下現地時間)、アメリカCBSの人気深夜トークショー『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』(以下、『ジェームズ・コーデン・ショー』)に出演し、トークとステージを披露した。

BTSの『ジェームズ・コーデン・ショー』出演は、2017年11月、2018年6月に続き、今回3度目。放送に先だって、司会者のジェームズ・コーデンは、BTSを「数多くの記録を破り、全世界を繋いでいるグローバルスーパースター」と紹介した。

この日BTSは、2月発売される4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』の先行配信曲「Black Swan」のステージを初披露。全世界の視聴者の爆発的関心を集めた。

夢幻的なムードの森と湖を背景に、叙情的ながらも芸術的感性をいっそう引き上げたパフォーマンスは、先週17日に公開された「Black Swan」のアートフィルム(Art Film performed by MN Dance Company)を連想させるもの。メンバーは今までやったことのない新しいパフォーマンスを披露するために、素足でステージを披露し、注目を集めた。

ジェームズ・コーデンとのトークでは、最近『グラミー賞授賞式』で韓国アーティストとして初めてライブを行った感想を述べながら「ついにK-POPが全世界で注目されて、うれしかった。来年もBTSのステージを披露したい」とコメント。そして「ファンの皆さんが僕たちの音楽で幸せになってほしい。つねに愛をもって皆さんの近くで寄り添います」とファンクラブARMYへの愛情も表した。

ほかにも、一緒に出演した俳優のアシュトン・カッチャーやジェームズ・コーデンとかくれんぼをしながら愉快なエネルギーを伝えるなど、BTSメンバーが多彩な魅力を見せた。

「Black Swan」は、音楽の意味を本気で知ったアーティストとしての、BTSの率直な告白を取り入れた曲。音源と共に公開されたアートフィルムはスロベニアのコンテンポラリーダンスチーム、MN Dance Companyとのコラボによるもので、曲の情緒をコンテンポラリーダンスで再解釈した作品となっている。

BTSの4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』は2月21日にリリースされる。

写真提供:’Terence Patrick / @terencepatrick


リリース情報

20020.01.17 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Black Swan」

2020.02.21 ON SALE
ALBUM『MAP OF THE SOUL : 7』


「Black Swan」配信リンク
https://umj.lnk.to/bts_bsPR

BTS OFFICIAL WEBSITE
https://bts-official.jp/

BTS ユニバーサルミュージック公式ページ
http://www.universal-music.co.jp/bts/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人